仕事ができない人へ生き方を考案します【今の仕事が向いてないだけ】

仕事ができない人へ

今回は、「仕事ができない人への生き方を考案する」と言うテーマでお話ししたいと思います。

この記事はこのような人に読んでほしいです。

  • 自分のことを仕事できないと思っている人
  • 同僚に仕事ができないと言われている人

私も社会人時代の頃は、上司に怒られてばかりでした。いわゆる「仕事ができない社員」でしたね・・・

そんな私だからこそ、現在「仕事ができなくて悩んでいる人」に向けて、生き方を考案したいと思います。

結論から言うと、「今の仕事に向いていないだけ」です。なので、いち早く自分に向いている仕事を探すべきなのです。

しかし、そんなことを言われても、納得できませんよね。

この記事では、仕事ができない人について説明し、その後に、具体的な生き方の方向性を考案したいと思います。

仕事ができない人の特徴

まずは、仕事ができない人の特徴についてお話ししたいと思います。

具体的な特徴は以下の通りです。

  • 上司からの評判が悪い
  • 段取りが悪い
  • 周りとのコミュニケーションが取れない

上司からの評判が悪い

仕事はしっかりやっているのに、上司に嫌われているため、「仕事ができない」と言うレッテルを貼られている場合があります。

正直、個人的な感情で、「仕事ができない」と決めつけるのは、よくないことです。しかし、上司の評判は、影響力が大きいため、バカにはできません。

運が悪いとしか言いようがありませんね。

段取りが悪い

段取りが悪いために、「仕事ができない」と言われている場合もあります。

これに関しては、自分自身の努力次第で、解決できます。

とはいえ、仕事のモチベーションが上がらなかったり、向いていなかったりすると、努力する気もおきませんよね・・・

周りとのコミュニケーションが取れない

そして、1人で行える仕事はちゃんとしているが、周りとのコミュニケーションがうまく取れないため、「仕事ができない」と言われてしまう場合もあります。

これに関しては、人見知りが原因であることが多いです。また、人見知りではないが、周りの社員とテンションが合わずに、うまくコミュニケーションが取れない場合もあります。

人間関係の問題は思っているよりも深刻であり、解決することは困難な場合が多いです。

その仕事が向いていないだけ

私が思うに、あなたは「仕事ができない」ではなく、「今の仕事に向いていないだけ」だと思っています。

その理由を次に説明したいと思います。

モチベーションが上がらない

仕事ができないと言われると、「能力がない」と思われがちですが、「モチベーションが低いだけ」の場合があります。

モチベーションが低いと、仕事のパフォーマンスも落ちますし、注意も散漫になるため、一見「仕事ができない」と思われてしまいます。

モチベーションが上がらない原因は、「仕事内容」、「給料」、「人間関係」など様々ですが、その原因さえ除ければ、「仕事がデキる人」になれる可能性もあります。

仕事が自分に合わない

また、仕事内容が合っていない場合があります。

それは、モチベーションだけの問題だけではありません。

そもそも自分の適性と仕事が合っていないだけかもしれません。

例えば、このような感じです。

・文系脳の人が、数学をどんなに勉強しても、良い点数が取れない。

・国語や英語は少し勉強しただけで、良い点数を取れてしまう。

向いていないことを頑張るより、向いていることを頑張る方が、報われる可能性は高いですよね。

周りの人と合わない

人間関係が原因かもしれません。

あなたの人間性が悪いと言っているわけではありません。

誰しも合わない相手は必ずいます。

1.静かな人をクールと感じる人もいる

2.静かな人を陰気な人と感じる人もいる

結局は人間関係にも相性が合って、たまたま同僚と合わなかった場合、うまくコミュニケーションが取れず、「仕事ができない」と言われてしまうこともあります。

仕事ができない人間なんていない

極論ですが、「仕事ができない人間」なんていません

ただ、その仕事・職場がその人に合わなかっただけのことです。

しかし、運が悪く、合わない職場に配属して、自信を無くしてしまうのです・・・

そんなのもったいないです。

苦手なことは誰しもある

苦手なことを自覚している人は意外と少ないと思います。

なぜかと言うと、人は実際に挑戦しなければ、得意か苦手か判断することができないからです。

もちろん、ヤらず嫌いの人もいますが、実際やってみたら、得意だったパターンも多く存在します。

そのため、新卒社員が、自己分析を誤り、苦手な業種に就職してしまうケースは多いです。

別に、職業選択に間違えたことが悪いわけではありません。

その後に、どのように行動するかが大切なのです。

自信を持つことが大切です

まず、自分に自信を持ちましょう。

まあ難しいですよね。

しかし、何度も言いますが、「仕事ができないのではなく、向いていなかっただけ」なので、何も気にする必要はありません。

「次はうまくいく!」と言う根拠のない自信を持つくらいが丁度良いのです!!

合わないと思ったら、すぐに転職しよう

そして、職場が自分に合わないと感じたら、すぐに転職をしましょう。

なぜかと言うと、「我慢することに意味はない」からです。

我慢することで、「能力が上がる」と言うことはありません。

自分のメンタルが削れるだけなので、我慢することはあまりお勧めしません。

それよりも、向いてないと思ったら、すぐに行動に起こす方が自分のためになるのです。

自分にあった仕事を探した方が良い

そして、次に転職するときは、自己分析を徹底して、自分に合った仕事を探すようにしましょう。

自分にあった仕事がある

今の時代、仕事が多様化しているので、自分に合う仕事が必ずあります。

また、仕事を一度やめたら、転職が難しくなるのではないかと不安に思う人もいますが、安心して下さい。

世の中は、人材不足が深刻化していて、売り手市場のため、選り好みしなければ、絶対に転職できます。

視野を広げよう

また、同じ業種を考えているのも良いですが、もっと視野を広げてみましょう。

他業種で、全く知らなかった仕事が向いていることもあります。

他業種の社員と交流して、実際の仕事内容を聞いてみるのも良いかもしれませんね。

いますぐに行動しよう

何と言っても、「行動しましょう!!」

行動しなければ、何も変わりません。

「また失敗したらどうしよう・・・」と思ってしまいますが、気にする必要はありません。

一度失敗していると、失敗を学んで失敗しにくくなります。

仮に、失敗したとしても、その時は、また新しいことにチャレンジすれば良いのです。

人生は長そうで短いものです。

迷う時間があるなら、行動することをオススメします。

おすすめ転職エージェント4選

今の仕事に違和感があり、「正直、向いていない」と感じている方は、転職することをおすすめします。

しかし、転職活動を1人で乗り切るのは、なかなkハードです。

そのため、転職エージェントに協力してもらい、効率よく転職活動を進めましょう。

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

リクルートエージェント

[box05 title=”リクルートエージェントの特徴”]

:求人数が国内トップクラス
20万件以上の求人数を保有している。

:圧倒的な転職実績
累計40万件以上の転職実績を誇っており、転職ノウハウが豊富である。

[/box05]

業界トップの求人数と転職実績を持っています。そのため、求人探しにはおすすめの転職エージェントになります。

doda

[box05 title=”dodaの特徴”]

:転職満足度No.1
年収500万〜年収1000万の求人多数

:地方転職・Uターン転職でもOK
幅広い求人が揃っている。

[/box05]

転職満足度No.1を誇り、多くの利用者に評価されています。

また、幅広い求人が揃っているので、地方転職・Uターン転職にはオススメです。

パソナキャリア

[box05 title=”パソナキャリアの特徴”]

:幅広い年代におすすめ
求人数が多いので、幅広い年代にオススメできます。

:転職サポートが充実
キャリア面談〜面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

[/box05]

パソナキャリアは業界トップクラスの求人数なので、幅広い年代にオススメできます。

また、転職サポートも充実しており、キャリア面談や履歴書添削、面接対策など手厚いサポートが受けられます。

マイナビエージェント

[box05 title=”マイナビエージェントの特徴”]

:20代・第二新卒にオススメ
20代・第二新卒向けの求人が多数

:転職サポートの質が高い
若手に向けた転職サポートは業界トップクラスです。

[/box05]

20代の若者にオススメできる転職エージェントです。第二新卒などの業務経験が浅い人でも問題ありません。

転職サポートの質が高いので、未経験業界や転職初心者でも安心して利用できます。

まとめ

今回は、「仕事ができない人へ生き方を考案する」と言うテーマでお話ししました。

まとめると、「仕事できない」のではなく、「向いていない」だけです。

そのため、自信を持って、自分に合った仕事を探すことが最良の選択なのです。

みなさんが自分に向いている仕事につけることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください