仕事によるストレスの限界を知らせる9つのサインとは?【限界に達した時の対処法も解説】

仕事によるストレスの限界を知らせるサイン

今回は、「仕事の限界を知らせる9つのサインとは?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 仕事のストレスが限界に近い・・・
  • 仕事に行きたくない!!

最近、仕事のストレスで悩んでいませんか?

一部では、「ストレスが原因で悩んでいるのは甘えだ!!」と言う意見がありますが、決してそんなことはありません。

現代社会では、仕事のストレスで体調を崩してしまったり、気持ちが沈んでしまったりする人は多いです。

仕事のストレスで体調や気持ちに不具合が生じる前に、ストレスサインに気づいて、正しい対処法を行う必要があります。

この記事では、「限界に近い時のサイン」や「限界に達した時の対処法」を解説していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


仕事の限界を知らせるストレスサイン9選

そもそも人間は体調が崩れる前に、限界を知らせるストレスサインを出すことがあります。

そのストレスサインに気づかないままだと、取り返しのつかない事態に発展してしまいます。

そのため、ストレスサインを把握し、自分に当てはまっているかを確認する必要があります。

ストレスサイン9選
  • 疲れが残っており、常にだるい
  • なかなか眠れない
  • 頭痛がする
  • 吐き気や胃もたれがする
  • 体重が急激に増減する
  • 少しのことでイライラしてしまう
  • 気持ちが晴れず、モヤモヤする
  • 集中力や記憶力が低下している
  • 何事にも無関心である

それぞれ説明していきます!

【ストレスサイン①】疲れが残っており、常にだるい

疲れが残っている状態が続いており、常にだるいと感じる人は、限界に近づいている可能性が高いです。

仕事中、長時間の緊張状態が続くことで、脳の調整機能が正常に働かず、疲労を感じてしまいます。

以下のような症状が出ている方は、要注意です!

  • 6時間以上寝ているのに、疲れが取れない
  • 疲労感や倦怠感が2週間以上続いている

【ストレスサイン②】なかなか眠れない

精神的なストレスが原因で、目を閉じてもなかなか眠れないことがあります。

元々自律神経には、「興奮状態になる交感神経」と「リラックスさせる副交感神経」が分かれており、眠る時には副交感神経が優位に働きます。

しかし、仕事のストレスやプレッシャーによって興奮状態やイライラ状態が続いてしまい、副交感神経が働かずに眠れない状態が続いてしまいます。

また、睡眠の質が低下することで、疲れが残ってしまうので、次の日の仕事にも支障が出てしまいます。

【ストレスサイン③】頭痛がする

仕事のストレスが原因で頭痛になってしまうこともあります。

多くの場合は、緊張型頭痛によるものだと言われています。

緊張型頭痛の特徴
  • 我慢できるくらいの鈍痛
  • 数日間続くこともある
  • 頭の両側が締め付けられるような痛み

以上の特徴が当てはまったら、ストレスサインの可能性が高いですよ!

【ストレスサイン④】吐き気や胃もたれがする

吐き気や胃もたれも仕事のストレスによって引き起こされる症状です。

胃の消化機能は、自律神経を介して脳がコントロールしています。そのため、脳がストレスを感じると、吐き気や胃もたれの症状が出てしまうのです。

胃の調子が悪い場合、仕事の限界を知らせるサインである可能性が高いです。

【ストレスサイン⑤】体重が急激に増減する

食事制限や運動をしていないのに、体重が急激に増減する場合、ストレスの限界であることが多いです。

理由としては、仕事のストレスにより食欲がなくなり、体重が減少したと考えられます。また、睡眠不足や血糖値の異常により、体重が増加することもあります。

以下の条件に当てはまる場合は、ストレスの限界に近いので、注意してください。

ストレスによる体重の増減
  • 半年で5%以上 or 1年で10%以上の体重が増減した
  • 標準体重より20%以上も離れている

【ストレスサイン⑥】少しのことでイライラしてしまう

仕事をしていると、イライラしてしまうイベントはたくさんあります。精神状態が正常であれば、我慢できる社会人は多いでしょう。

しかし、仕事のストレスが限界に近づいていると、精神状態が不安定になってしまい、少しのことでイライラしてしまいます。

イライラしやすくなることは、うつ病にもみられる症状です。そのため、些細なことでもイライラしてしまう場合は、診察にいくことをおすすめします。

【ストレスサイン⑦】気持ちが晴れず、モヤモヤする

気持ちが晴れない状態が続いている場合、ストレスが限界に近づいているサインです。

気持ちが晴れない状態
  • 前向きにならない
  • 好きなことをしていても楽しくない
  • 仕事がサボり気味になる

以上の状態が続くようであれば、精神的に不安定な状態になっている可能性が高いので、精神科への診療をお勧めします。

【ストレスサイン⑧】集中力や記憶力が低下している

学生時代のように、頭が回らず、集中力や記憶力が低下しているのは、ストレスサインの現れです。

仕事の疲れで、一時的に集中力や記憶力が低下することは普通だと思います。しかし、特に忙しいわけではないのに、その状態が続くのはとても危険です。

具体的には、以下のようなことが挙げられます。

集中力や記憶力が低下
  • 考えがまとまらない
  • 仕事中、余計なことを考えてしまう
  • 資料を読んでいても、頭に入ってこない

以上のことが該当する場合は、休息したり、精神科への診察をおすすめします。

【ストレスサイン⑨】何事にも無関心である

何事にも無関心になってしまうのは、仕事のストレスが原因である可能性が高いです。

以下のことが当てはまる場合は、危険信号です。

無関心の症状
  • 新しいことに挑戦しなくなる
  • 好きだったことに関心がなくなる

無関心な状態は、うつ病の症状と似ています。もし、うつ病の前兆である場合が考えられるので、精神科への診察を強くお勧めします。

ストレスサインを無視し続けるとどうなる?

次に、ストレスサインを無視し続けたらどうなるのかを解説していきます。

ストレスサインを無視し続けたらどうなる?
  • 太りやすくなる
  • 自律神経が乱れる
  • うつ病や精神疾患が発症

それぞれ説明していきます。

太りやすくなる

仕事のストレスが長く続くことで、「コルチゾール」と言うホルモンが多く分泌されます。そのホルモンが分泌されることで太りやすくなる体質になってしまうのです。

そのため、運動や食事制限をしても痩せない原因として、仕事のストレスが考えられています。

自律神経が乱れる

ストレスフルな状態が続くことで、自律神経の乱れにもつながります。

自律神経が乱れることで、「吐き気」・「めまい」・「倦怠感」などの症状が出てきます。また、体温調整も上手くできなくなり、夏なのに長袖を着ていても平気な状態になってしまいます。

そして、最悪の結果、自律神経失調症を患い、給食せざるを得ない状況にまで発展してしまいます。

少しでも違和感を感じたら、すぐに休息をとることをお勧めします。

うつ病や精神疾患が発症

仕事のストレスが限界に達してしまうことで、うつ病や精神疾患が発症する可能性が高いです。

実際に、私は、仕事のストレスにより休職してしまった同僚を何人も見ています。

そして、うつ病や精神疾患を患ってしまうと、回復するまでに多くの時間を費やすことになります。

また、ブランク期間が空いてしまうと、再就職することが難しくなってしまいます。

限界まで頑張るのではなく、ストレスサインに気付いたら、転職や休職することを検討する必要があります。

仕事のストレスが限界に達した時の対処法5選

仕事のストレスが限界に達した時の対処法を5つ紹介します。

仕事のストレスが限界に達した時の対処法
  • ストレスの原因を探る
  • 有給休暇や休職を申し出る
  • 親や親友に相談する
  • 病院に行く
  • 転職を検討する

それぞれ説明します。

【対処法①】ストレスの原因を探る

まずは、ストレスの原因を探ることから始めましょう。

仕事によるストレスの原因は、様々です。

仕事によるストレスの原因
  • 仕事内容や作業量
  • 責任やプレッシャー
  • 人間関係
  • 給与やポジション

ストレスの原因を明確にすることで、適切な対処法が見つかるかもしれません。

【対処法②】有給休暇や休職を申し出る

次に、とにかく休むと言うことです。

仕事のストレスが原因である場合、職場から離れることが先決です。もちろん、ストレスの溜まり具合で、休む期間や緊急度が変わります。

本当に限界であるならば、有給休暇の取得ではなく、休職を申し出ることも大切です。

同僚に迷惑がかかると言う理由で、休職を申し出ない人が多いです。しかし、状態が悪化して、会社をやめざるを得ない状況になる方が会社の損失になるので、勇気を持って休職をしましょう。

【対処法③】親や親友に相談する

仕事が辛すぎてストレスが溜まった場合、親や親友に相談することも有効です。

もちろん、専門知識や科学的根拠のあるアドバイスは期待できませんが、信頼できる人に相談するだけで気持ちが落ち着くことがあります。

職場で孤独感を感じる人は、特に親や親友に相談することをおすすめします。

【対処法④】病院に行く

仕事のストレスが、体調に影響するほど悪化している場合は、病院に行くことをお勧めします。

精神疾患は、見た目では分かりづらく、素人では判断がつきにくいです。そのため、医師に診断してもらい、正しい治療を受けることが大切なのです。

また、精神疾患は、そのままにしておくと重症化してしまい、回復までに相当な時間を要してしまいます。

少しでも不安に感じるなら、病院に行くことがベストでしょう。

【対処法⑤】転職を検討する

職場の人間関係や仕事内容が原因でストレスを溜めている人は、転職を検討してみるのも良いでしょう。

特に、人間関係の問題は、自分1人で解決することは困難であるため、職場を変えることが一番確実な方法だと言えます。

また、転職を検討することで、1つの職場にこだわる必要はないことがわかり、今よりも気楽に働くことができます。

自分の努力だけでは、どうにもならない時は、転職を視野に入れてみましょう。

転職を検討している人へ!おすすめ転職エージェント4選

この記事では、「限界に近づいているときのストレスサイン」や「仕事のストレスが限界に達した時の対処法」を紹介してきました。

もし、転職を検討してみようと考えた方は、以下の転職エージェントに登録することをお勧めします。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください