仕事にやり甲斐を求めるのは間違っているか?【やりがいは大切です】

仕事のやり甲斐

今回は、「仕事にやり甲斐を求めるのは間違っているのか」というテーマでお話ししたいと思います。

 

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 仕事にやり甲斐を求めたいが、間違っているか不安な人
  • やり甲斐を求めて、良いことがあるのか疑問を持っている人

 

結論からいうと、やりがいを求めるべきです。

 

「今のご時世、給料と安定だよ!!」という方が多いと思いますが、大きな勘違いです。

 

そもそも、大企業が安定という時代は終わりに近づいていますし、給料が良くてもやり甲斐がなくては、精神的に消耗してしまいます。

 

そのため、今のご時世だからこそ、やり甲斐が重要なのです!!

 

しかし、やり甲斐を求めたところで何かメリットがあるのか?

 

次に、やり甲斐を求めるメリットについて説明します。

 

仕事にやり甲斐を求めたほうが良い理由

やり甲斐を求めた方が良い理由は3点あるので、それぞれ説明していきます。

 

モチベーションを維持できる

やり甲斐のある仕事に就くことで、仕事のモチベーションを簡単に維持できます。

 

仕事のモチベーションが上がらないと悩んでいる人は、やり甲斐のない仕事をしている人が多いでしょう。

 

もちろん、モチベーションがなくても、仕事に支障はないですが、人生を豊かにするためには、仕事のモチベーションは不可欠です。

 

そのため、やり甲斐を求めることは重要なことです。

 

精神的に削れることが少ない

やり甲斐のない仕事をしていると、精神的に消耗してしまうのです。

これは、私の体験談なのですが、単純作業や目的のない仕事をし続けていると、精神的に消耗してしまうのです。

 

周りには、休職を申し出る人まで現れるほどです。

それほど、見えないストレスがあるということなのでしょう。

 

そのため、精神的に消耗してしまうほどやり甲斐のない仕事であれば、離脱することをオススメします。

 

 

やり甲斐を求めるのは甘えではない

「やり甲斐を求めるのは、甘えだ!!」

このように言ってくる古い人間もいると思いますが、無視して大丈夫です。

なぜなら、やり甲斐は仕事する上で重要なことだからです。

 

人生1度きりなのに、やりがいを求めないのは損している

人生は1度きりです!!

やり甲斐のない仕事を我慢する時間はありません。

 

人生が5回くらいあれば、1回くらいは我慢します。

しかし、2度はない人生なので、やり甲斐のある仕事に就かなきゃ損です!!

 

そのため、やり甲斐を求めることは甘えではありません。

 

長く働くことを想定すると、やりがいは大切

今後、働き続ける期間は長くなると思います。

一昔前までは、定年が60歳でした。

しかし、今では、65歳までを働くことがスタンダードになってきました。

そして、今後も定年が長引く可能性があるでしょう。

 

また、平均寿命が延びることで、生涯にかかる生活費は増えていきます。

そのため、長く働く必要があります。

 

長く働く前提で考えると、やり甲斐のない仕事で消耗し続けるよりも、やり甲斐のある仕事をし続けた方が得です。

 

給料が上がりづらいからこそ、やり甲斐が大切なのです

会社員である以上、昇給が決められています。

頑張っても頑張らなくても、ほとんど給料は変わりません。

 

給料ではモチベーションを維持できても、上げることは難しいのです。

そのため、モチベーションを上げるためには、やり甲斐が必要不可欠になってくるのです。

 

今の仕事にやりがいを見出せない方へ

ここまでの話で、やり甲斐の重要性は理解できたでしょうか!

 

理解できた人は次にこんな問題が出てくると思います。

「しかし、やり甲斐を見出せない方がどうすれば良いのか?」

 

次に、やり甲斐の見出し方について説明していきます。

 

当事者意識を持とう

まずは、初めてに当事者意識を持つこと考えましょう。

 

当事者意識とは、「自分自身が直接関わっていることを自覚すること」を指します。

つまり、自分の仕事に責任を持つということです。

上司からの指示を待つだけでなく、自ら行動すると、仕事の面白さを実感して、やり甲斐を持つことが出来ます。

 

もちろん、全員に該当することではないですし、仕事内容自体にやり甲斐を見出せない場合は、効果が薄いでしょう。

 

仕事内容を変えてみよう

つまり、今の仕事に見切りをつけて、転職した方が良いということです。

転職は、仕事内容自体にやり甲斐を見出せない時には有効です。

 

しかし、転職先でも同じ失敗をしないために注意することをあります。

 

自分はどんなことでやり甲斐を感じるのかを把握する

これを知ることで、やり甲斐のある仕事を探すことができるでしょう。

やり甲斐を感じる要因は人によって、様々でしょう。

 

「人間関係が良好な職場」や「人のためになる仕事」などいろいろです。

 

自分がどんな要因でやり甲斐を感じるのかを考えてみましょう。

 

転職先の情報を入念にチェック

「実際にどんな人が働いているのか」や「自分が転職したら、どんな仕事を任されるのか」など、転職前と転職後のギャップをできる限り埋める努力をしましょう。

 

そのためには、このような努力をしてみると良いでしょう。

  • 社員さんとコミュニケーションをとってみる
  • 仕事内容をヒヤリングしてみる

 

この2つをやることで、ギャップを埋めることが出来ます。

 

まとめ

結論は、やり甲斐を求めることは重要だということです。

 

そのためには、「当事者意識を持つこと」と「転職すること」をすると、やり甲斐のある仕事をすることができると言いました。

 

会社をできる限り辞めたくない場合は、今行っている仕事に対して、「当事者意識を持つこと」を心がけましょう。

 

それでも、やり甲斐が見出せない場合は、「転職すること」をオススメします。

 

人生1度きりですので、思い立ったらすぐ行動に移しましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください