なぜ仕事が苦痛に感じるのか?【8つの理由と5つの対処法を解説】

なぜ仕事が苦痛に感じるのか

今回は、「なぜ仕事が苦痛に感じるのか?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 毎日、仕事が苦痛で仕方がない!!
  • 苦痛に感じる理由とその対処法を教えて欲しい。

「仕事=苦痛」と感じている方は意外と多いでしょう。

もちろん、「仕事なのだから苦痛に感じることもあるし、我慢するのは当たり前!」という意見もありますが、それでは根本的な解決になっていません。

また、人生100年時代と言われており、働く期間もどんどん長くなっていきます。そのため、仕事に苦痛を感じながら働くよりも、楽しく働くことをおすすめします。

この記事では、「仕事を苦痛に感じる理由」や「現状を改善する方法」を解説していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


仕事が苦痛に感じる理由8選

まずは、仕事が苦痛に感じる理由を8つ紹介します。

仕事が苦痛に感じる理由
  1. 職場の人間関係が最悪
  2. 仕事が暇すぎる
  3. 会社の経営理念や社風が合わない
  4. 業務量と給料が見合わない
  5. 仕事の成果が評価されない
  6. 休みが取れない
  7. 仕事内容が嫌い
  8. 仕事のレベルが高すぎる

それぞれ説明していきます!

【理由①】職場の人間関係が最悪

人間関係が悪いことで、仕事が苦痛に感じる人は多いです。

実際、退職理由の大半が、「人間関係」が原因だということがわかっています。

劣悪な人間関係の具体例
  • メンバーの前で1人の社員を叱る
  • 給湯室で陰口を言う
  • 上司が相談に乗ってくれない

人間関係の厄介なところは、「自分1人の努力ではどうにもならない」ことです。

そのため、改善を試みることは大切ですが、深入りしない方が賢明だったりします。

【理由②】仕事が暇すぎる

一見、「仕事が暇すぎるのは楽でいいじゃん!」と思われますが、そんなことはありません。

チームの役に立ってないと自分を責めてしまったり、スキルアップしないことへの焦りが生まれたり、様々なことを考えてしまうからです。

かといって、仕事中に「資格の勉強」や「仕事とは関係のない調べ物」をすることはできないので、本当に苦痛です。

【理由③】会社の経営理念や社風が合わない

会社によっては、「利益優先!顧客のことはあまり考えるな!」と言うところもあるでしょう。しかし、その経営理念に疑問を持つ方も多くいるでしょう。

また、入社してみたら、体育会系の雰囲気があり、自分に合わないと感じてしまう人もいます。

もちろん、会社の理念や社風に合わせることも大切です。しかし、それでも苦痛を我慢し続けるのはしんどいですよね。

【理由④】業務量と給料が見合わない

長時間労働をしているにも関わらず、手取りが14万ほどしかもらえないのは、苦痛ですよね。

サービス残業が常態化しているサービス業に多く見られます。

もちろん、仕事内容が好きで仕方がない方には関係ないかもしれませんが、「仕事=生活のため」と思っている方には苦痛でしかないでしょう。

【理由⑤】仕事の成果が評価されない

自分の成果を会社に評価されないのは、モチベーションが下がりますし、苦痛に感じるのは当然でしょう。

主に、チームワークを重んじる会社に多く見られます。個人の成果がわかりづらい場合、評価が曖昧になる傾向があります。

「自分の仕事を評価されたい」と言う願望が強い人は、営業職のような成果が見えやすい仕事に就くことをおすすめします。

【理由⑥】休みが取れない

なかなか休みが取れず、気持ちがリフレッシュできないことで、苦痛を感じることがあります。

仕事ばかりで自宅と会社の往復だけでは、人生が充実しません。また、体力的にも大変ですので、定年まで勤め上げるのは難しいでしょう。

そして、たまに休みが取れても、体力を回復させることに使ってしまうので、友達や恋人と遊ぶ機会がなくなります。

プライベートを充実させたい方には、とても苦痛に感じるでしょう。

【理由⑦】仕事内容が嫌い

希望していた部署や職種に就けず、苦手な仕事を任されることは多々あります。

最初は苦手な仕事でも、やっていくうちにやりがいを見出し好きになるパターンもあります。しかし、1年以上続けていても好きになれない場合は、転職や異動を考えた方が良いでしょう。

一度、上司に相談することをおすすめします。

【理由⑧】仕事のレベルが高すぎる

仕事の業務内容や同僚のレベルが高すぎることで、苦痛を感じる人もいます。

周りのレベルが高すぎる具体例
  • 仕事が難しすぎて、残業時間が長くなってしまう
  • 同僚に劣等感を感じる
  • 仕事で褒められることがない

自分のスキルや経験に見合わない職場で働くことで、自己肯定感が下がってしまい、苦痛に感じることが多いそうです。

苦痛を感じる仕事を続けていると?

次に、苦痛を感じる仕事を続けているとどうなるのかを紹介します。

苦痛を感じる仕事を続けているとどうなるのか
  • 自己肯定感が下がる
  • 周りの人間に強く当たってしまう
  • うつ病になる可能性がある

それぞれ説明します。

自己肯定感が下がる

同僚への劣等感や無力感を感じてしまうことで、自己肯定感が下がってしまいます。特に、謙虚な人は自己肯定感が下がりやすいです。

そして、自己肯定感が下がってしまうことで、多くのデメリットが生じます。

自己肯定感が下がることのデメリット
  • ポテンシャルを最大限発揮できなくなる
  • 自信がなくなってしまう
  • 精神的に不安定になる

自信がなくなってしまったり、ポテンシャルを発揮できないことは、仕事をする上で弊害になります。

また、精神的に不安定な状態が続くと、仕事のパフォーマンスを保てなくなるので、仕事に支障が出てきます。

周りの人間に強く当たってしまう

仕事が苦痛に感じてしまい、人生が充実していないことで、周りの人間に強く当たってしまうことがあります。

周りの人間に当たり散らすことは悪いことですが、それだけ追い詰められていることを意味します。

プライベートの人間関係まで悪化する前に、何か対策をとる必要があるでしょう。

うつ病になる可能性がある

仕事に苦痛を感じることでストレスを溜め込んでしまい、その状況が長い間続くことでうつ病になる可能性があります。

特に、「責任感が強い人」や「他人の目を気にしてしまう人」が発症しやすいため、注意が必要です。

うつ病になってしまうと、また仕事に復帰するまでに時間がかかってしまいます。また、完治することはとても難しいそうなので、できる限りうつ病にならないように心がけましょう。

仕事で苦痛を感じる時の対処法5選

最後に、仕事で苦痛を感じる時の対処法を5つ紹介します。

仕事で苦痛を感じる時の対処法
  • 部署異動を申し出る
  • 信頼できる人に相談する
  • 社内の交友関係を広げる
  • 仕事ができる人の真似をする
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ説明します。

【対処法①】部署異動を申し出る

「仕事内容が嫌い」や「仕事が暇すぎる」と感じる人は、「部署異動を申し出る」ことをおすすめします。

それらの理由は、現在行っている仕事自体に不満を持っているパターンなので、部署異動を行うことで、解決できる可能性が高いです。

しかし、部署異動を承認してくれなかった場合は、転職を検討してみましょう!!

【対処法②】信頼できる人に相談する

「仕事に苦痛を感じているから、転職しよう」を思うのではなく、まずは信頼できる人に相談してみましょう。

人に話してみると、悩みが整理されて、良い解決策が思い浮かぶこともあるかもしれません。

また、同じ悩みを抱えている人に相談することで、悩みを共有できて、気持ちがだいぶ楽になります。

いずれにしても、すぐに転職しようと考えるのではなく、まずは信頼できる人に相談してみてください。

【対処法③】社内の友好関係を広げる

社内の友好関係を広げることも有効だったりします。

人間関係が原因で仕事に苦痛を感じている人は、固定のメンバーとしかコミュニケーションをとっていないことが多いです。

話すメンバーが固定されてしまうと、窮屈な気持ちになりストレスが溜まります。

他のチームや他部署の社員と交流することで、リフレッシュにもなりますし、苦痛も和らいでいきます。

【対処法④】仕事ができる人の真似をする

仕事が難しすぎると悩んでいる方は、仕事ができる上司の真似をすることをおすすめします。

仕事がうまく回らない人は、自己流で仕事を進めている人が多いです。そのため、仕事ができる人の進め方を真似してみると良いです。

もちろん、上司も忙しく、直接教えてくれないことがあります。その場合は、普段の仕事ぶりを観察することから始めてみましょう。

仕事を進めていく上で、良いヒントが得られるかもしれません。

【対処法⑤】転職エージェントに相談する

自分ではどうしようもない時には、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは、転職のアドバイスだけでなく、自分の市場価値を教えてくれたり、退職のお手伝いなども行ってくれます。

自分の市場価値を客観的に知ることで、今の会社が妥当かどうかを判断できます。

もし、能力と給料が見合っていない場合は、転職も視野に入れましょう。

仕事に苦痛を感じたら、転職も視野に入れよう!

先ほども言いましたが、自分の力だけでは、仕事の悩みを解決することが難しいときは、転職活動をしましょう!

転職をすることで、環境を変えることができるので、今までの人間関係や評価がほぼリセットされます。

転職活動をする場合は、以下の転職エージェントに登録することをおすすめします。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください