転職の内定保留をうまく伝える方法【失礼にならない言い方を解説】

転職の内定保留をうまく伝える方法

今回は、「転職の内定保留をうまく伝える方法」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 内定の保留ってできるの?
  • 内定を保留にした時のリスクを教えて欲しい
「内定は出たけど、この会社で良いのだろうか・・・」と不安になったりしますよね。

他の会社の結果が出てからじっくり考えたい場合は、内定の保留をする必要があります。

しかし、内定保留はやり方を間違えれば、内定先のからの印象が悪くなってしまいます。

この記事では、「内定保留の際に抑えておくべきポイント」や「内定保留のリスク」を紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


内定を保留にすることは可能なの?

結論から言うと、内定を保留にすることは可能です。また、1週間ほど保留にできます。

もちろん、内定の受諾は早い方が良いですが、すぐに返事をする必要はありません。

今の転職市場は、売り手市場であるため、応募者が複数の内定をもらっていることを想定しています。そのため、内定を保留にされることは、割と珍しいことではありません。

また1週間以上待ってもらいたい場合は、正直に「他の選考結果がわからないため、待ってください!」と相談してみましょう。

今の時代、内定保留に理解のある企業は多いため、受け入れてくれることが多いです。

内定保留すると、転職後に働きにくくなる?

内定保留してから、その会社に転職したら、働きにくくなるのか不安ですよね。

しかし、働きにくくなることはありません。

そもそも、転職活動で1社しか受けない応募者はほとんどいませんし、複数の会社を比べることは普通です。

そのため、どの会社の採用担当者も保留されることも考えています。

なので、内定を複数獲得した場合、皆さんにはじっくりと検討することをお勧めします。

内定保留を伝える際に、抑えておくべきポイント

次に、内定保留を伝える際に、抑えておくべきポイントについて紹介します。

内定保留を伝える際に、抑えておくべきポイント
  • できる限り早く伝える
  • 電話で内定保留を伝える
  • 理由は正直に伝える
それぞれ説明します。

できる限り早く伝える

内定を保留にしようと検討した場合、すぐ企業に伝えましょう。

企業側は、あなたの入社に向けた準備をしてしまいます。そのため、もし他の企業に転職する場合、準備してくれた企業に迷惑をかけてしまいます。

また、採用人員が決まっているため、他の応募者を不採用にしてしまう恐れがあります。

内定保留を伝え忘れることで、企業側や他の応募者の迷惑になってしまうので、注意しましょう。

・企業側が受け入れ態勢をしてしまうので、早めに保留を伝えましょう。

・内定保留を遅く伝えることで、他の応募者が不採用になってしまうかも・・・

電話で内定保留を伝える

内定の保留は電話で伝えるようにしましょう。

内定の保留を直接言うのは、気が引けると思う方は多いでしょう。

しかし、内定保留と言った大切な連絡は、電話で伝えることがベストです。

また、心証的にもメールよりも電話で伝えた方が、誠意を持っていると思われます。

最悪なケースでは、メールで内定保留したことにより、内定を取り消された事例も多くあがっています。

そのため、電話で内定保留を伝えましょう。

・メールより電話の方が心証が良い

・心証が悪すぎると、内定取り消しされる可能性がある

理由は正直に伝える

内定保留の理由は、様々だと思いますが、正直に伝えることが良いでしょう。

「他社の選考が残っており、じっくり検討したいため、内定を保留させて頂きます。」といったことを言えば問題ないでしょう。

内定を保留を伝える際には、滑り止め感が出ないように注意しましょう。そのため、「第一希望の選考がまだ終わっていないため」といったことを伝えてしまうと、採用担当者からの印象は悪くなります。

もし、正直に伝えることが難しい方は、「家族に相談して決めたいので、内定を保留させてください」と言いましょう。

・基本的に、正直に伝えて問題なし

・滑り止め感を出さないように注意してください

・もし理由が言いづらい時は、「家族に相談したい」と言いましょう。

内定保留のリスクを解説

次に、内定保留のリスクを解説いたします。

内定保留によって、内定が取り消される場合もある

採用企業としては、入社意欲の高い人を希望しています。そのため、内定保留することで、印象が悪くなってしまうことがあります。

そして、最悪の場合、内定が取り消しされることがあるので注意しましょう。

むやみに、内定保留をすることはおすすめできません。

保留する場合には、伝え方に配慮しましょう

内定保留を伝える場合、保留する理由をしっかり伝えるだけでなく、伝え方にも気を配る必要があります。

・伝える時は丁寧に伝える

・早めに内定保留の連絡をする

・少なからず、企業側に迷惑がかかっていることを忘れずに 

内定を貰ったからと言って偉そうにせず、保留を伝える場合は誠意を持って連絡しましょう。

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください