飽きっぽい人に向いている仕事7選【長続きするための仕事選び】

今回は、「飽きっぽい人に向いている仕事7選」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・飽きっぽい性格に合う仕事を知りたい

・飽き性を強みに活かす方法を教えて欲しい

飽きっぽいと言う性格は、「仕事が長続きしない」といったイメージがあり、どちらかといえばマイナスイメージに捉えてしまいます。

しかし、飽きっぽい性格にも強みがあります。

そのため、飽きっぽい性格に向いている仕事選びをすることがとても重要になります。

この記事では、「飽きっぽい人に向いている仕事」や「飽きっぽい人の強み・弱み」などを紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


飽きっぽい人に合う仕事の条件

まずは、飽きっぽい人に合う仕事の条件について紹介していきます。

飽きっぽい人に合う仕事の条件
  • ルーティンワークが少ない
  • 外回りが多く、オフィスワークが少ない
  • 業務内容に変化がある
  • ゴールや期間が決まっている
刺激のない仕事は、飽きっぽい人には向いていません。

そのため、ルーティンワークが多かったり、業務内容に変化がない職場では、すぐに飽きてしまう可能性が高いです。

私はめんどくさがりで飽きっぽいので、仕事のルーティンなどは最小限に最短になるように改変したがり。

だんけはーと(@dankehaato)

飽き性に向いてる仕事って何があるよ 人間関係も仕事も正直1年半が限界 2年は持たないよっぽどじゃないと 生きてくための仕事なのはわかるんだけどつまらなさすぎてやばい 刺激が足りないとつまらなくてやってけない性分なので

ゆきちゃん(@necrophilia_boy)

また、ゴールや期間が決まっていない仕事だと、いつしかやる気を失ってしまい、飽きてしまいます。

ある程度、ゴールや期間が決まっていれば、その間は集中力を持続させようと努力するので、飽きることはないでしょう。

飽き性の人は、同じ環境で仕事をすることでマンネリ化してしまいます。

そのため、「外回りが多い仕事」や「仕事をする相手が頻繁に変わる仕事」がおすすめです。

飽きっぽい人に向いている仕事7選

次に、飽きっぽい人に向いている仕事について紹介していきます。

飽きっぽい人に向いている仕事

第1位:営業職

第2位:システムエンジニア

第3位:接客業

第4位:マーケティング職

第5位:デザイナー

第6位:電気工事士

第7位:訪問介護士

それぞれ説明します。

第1位:営業職

飽きっぽい人に一番おすすめしている仕事が「営業職」です。

なぜなら、先ほど紹介した「飽きっぽい人に合う仕事の条件」に全て合致しているからです。

また、職種の給与水準も高く、今後もニーズが高まっていく仕事です。

外回りが多く、ルーティンワークも少なめなので、飽きることはないでしょう。

そして、「契約をとる」と言うゴールが明確になっているので、集中力を切らすことなく、仕事に没頭できるでしょう。

営業職に興味を持った方は、以下の記事も読んでみてください。
>>営業職に強いおすすめ転職エージェント【未経験でもOKです】

第2位:システムエンジニア

次に、飽きっぽい人におすすめする仕事が、「システムエンジニア」です。

なぜなら、日々新しい技術に触れる機会があり、仕事内容で飽きることがないからです。

また、営業職と同様に、業界の給与水準が高く、今後もニーズの高い仕事です。

しかし、IT業界はブラック企業が多いため、激務なのに低賃金で雇われてしまいます。

そのため、会社選びは慎重になった方が良いでしょう。

システムエンジニアに興味を持った方は、以下の記事も読んでみてください。
>>IT業界に強いおすすめ転職エージェント10選【未経験でもOKです】

第3位:接客業

飽きっぽい人に向いている仕事の第3位が「接客業」です。

接客業は、毎日会うお客さんが違うので、マンネリ化することはないでしょう。

また、お客さんの表情や人柄を瞬時に判断し、ベストな接客を導き出すことで、仕事に面白味も出てきます。

しかし、「給料が低いこと」や「立ち仕事が体力的にきついこと」がデメリットとして挙げられます。

そのため、長く続けることはおすすめしませんが、対人スキルが身につくので、経験を積むには良い環境かもしれませんね。

第4位:マーケティング職

第4位が「マーケティング職」です。

マーケティング職は、自社の商品・サービスをいかに顧客に売り込むかを考える仕事です。

そのため、ルーティンワークがなく、業務内容も日々新鮮なので、飽きることはないです。

また、Webマーケティング領域に関しては、これから絶大な需要があるため、とてもおすすめです。

第5位:デザイナー

第5位は「デザイナー」です。

デザイナーは「Webサイトのロゴやサイトデザインなどを作成する仕事」です。

顧客によって仕事の内容は異なるので、飽きっぽい人でもマンネリ化することはありません。

また、スキルや経験を積めば、高単価の仕事を引き受けることができるので、収入面でも余裕が出てきます。

もちろん、厳しい業界だと思いますが、1人でバリバリ動きたいと言う人にはおすすめできます。

もし、ウェブデザイナーに興味を持った方は、以下の記事も読んでみてください。
>>Webデザイナーに強いおすすめ転職エージェント【未経験OK】

第6位:電気工事士

第6位は、「電気工事士」です。

電気工事士は、国家資格を取得することでなることができます。

体力的にはハードな仕事ですが、外回りが頻繁にあり、同じ環境で働くことが苦痛な人には向いています。

また、スキルや技術を身につけることで、幅広い仕事に携わることができます。

第7位:訪問介護士

第7位は、「訪問介護士」です。

訪問介護士は、高齢者や障害を持った人の家に訪問し、入浴介助などの介護を行う仕事です。

様々なお宅に訪問する機会があるため、日々新鮮な気持ちで働くことができることが魅力です。

また、日本では高齢化が進んでおり、介護業界のニーズはこれから上がっていくことが予想されます。

介護業界に興味を持った方は、以下の記事も読んでみてください。
>>介護士に強いおすすめ転職エージェント【転職ノウハウを徹底解説】

飽きっぽい人の強みと弱み

飽きっぽい人の強みと弱みについて解説していきます。

自分の強みと弱みを理解することで、仕事選びが容易になります。

飽きっぽい人の強み

まずは、強みから解説していきます。

【飽きっぽい人の強み】

  • 臨機応変に対応できる
  • フットワークが軽い
  • 好奇心旺盛であり、挑戦を恐れない
  • 業務内容が変化しても問題ない
  • 気持ちの切り替えが早い
 飽きっぽい人は、「気持ちの切り替えが早く、挑戦を恐れない」ところが強みです。日々状況が変化しており、その変化に対応することは、社会人にとても重要な能力です。

また、フットワークが軽いため、新しい仕事を頼みやすく、会社では重宝される存在になります。

業務内容が変化しても、対応できることは大きな強みです。大企業では、部署異動や転勤が頻繁にあります。そのため、変化を楽しめる人材は、大企業と相性が良いのです。

飽きっぽい人の弱み

次に、飽きっぽい人の弱みを解説していきます。

【飽きっぽい人の弱み】

  • 仕事が長続きしない
  • 信頼関係を築きにくい
  • 地道に努力するのが苦手
  • スキルが身につきにくい
飽きっぽい人の最大の弱みは、仕事が長続きしないことです。

突然、仕事が飽きてしまうことが多くあり、転職を繰り返す人がいるのは事実です。

それによって、スキルや経験を積むことができずに、市場価値が上がらないと言う弊害があります。

また、すぐに飽きてしまうので、顧客や同僚から信頼を得ることがとても難しいです。

しかし、弱みを理解することで、仕事選びに失敗するリスクを減らすことができます。

次に、飽きっぽい人が転職に成功する方法について紹介します!

飽きっぽい人が転職に成功する方法

最後に、飽きっぽい人が転職に成功する方法について解説していきます。

飽きっぽい人が転職に成功する方法

・自己分析をしっかり行う

・業界研究や企業研究を行う

・転職エージェントに相談する

それぞれ説明していきます。

方法①:自己分析をしっかり行う

まずは、自分のことをしっかり把握することが重要です。

自己分析をすることで以下のようなメリットがあります。

自己分析のメリット
  • 自分の特性や性格を再認識できる
  • 転職する条件が明確になる
  • 書類作成や面接対策でも役に立つ

また、自己分析のやり方については、以下の記事に記載しています。
>>転職活動で役に立つ自己分析4ステップ【転職のプロが徹底解説】

方法②:業界研究や企業研究を行う

自己分析で、自分が気になっている業界・企業が洗い出した後に、業界研究や企業研究を行ってください。

業界研究や企業研究を行うことで、以下のようなメリットがあります。

業界研究・企業研究のメリット
  • 転職後のギャップを減らせる
  • 内定率が上がる
  • 自分に合う企業が探せる

業界研究や企業研究を行う際は、信頼できるメディアや書籍を参考にしてください。

方法③:転職エージェントに相談する

3つ目の方法は「転職エージェントに相談する」と言うことです。

多くの人が、在職中に転職活動をするかと思います。しかし、働きながら、自己分析や企業研究を行うのは、時間的にも大変ですよね。

転職エージェントに相談すれば、自己分析や企業研究の手助けをしてくれます。

転職エージェントのサポート内容は以下のとおりです。

転職エージェントのサポート内容
  • キャリア面談
  • 書類添削や面接対策
  • 求人紹介
  • スケジュール調整
  • 給与交渉
多くの転職サポートを受けることができます。

ちなみに、自己分析や企業研究は、キャリア面談で相談すると良いでしょう。

最後に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください