SEに必要な資格を独学で取得する方法を紹介【未経験でもOK】

システムエンジニア独学勉強法

今回は、「SEに必要な資格を独学で取得する方法」についてお話しします。

 

この記事はこのような人に読んで欲しいです。

  • SEの資格に興味ある人
  • どの資格を受験すれば良いかわからない人

 

私は、社会人時代に大手IT企業でSEとして働いていました。

SEに必要な資格についても詳しいので、この記事にお伝えいたします。

 

SEの資格を独学で取得したい人は、こんな悩みを抱いていると思います。

・いろんな資格があり、自分に合っている資格がわからない

・できる限りお金がかからない方法が良い

この要望にあった勉強法をご紹介いたします。

 

SEに必要な資格を理解しよう

一概に資格と言いますが、SEに関する資格は様々です。

もちろん全てを取る必要はないですが、全量を把握しておくことは大切です。

どんな資格があるかを把握した上で、自分が取るべき資格を見つけてみましょう。

 

どんな資格があるの?

まずは、SEに関する資格はどんなものがあるかを整理しましょう。

大きく分けて、2つに分類できます。

  • 国家資格(国で認められた資格)
  • 民間資格(民間企業が独自で作成した資格)

 

国家資格

SEに関する国家資格は大きく分けて4つあります。
具体的な名称と説明は以下の通りです。

 

資格名説明文
ITパスポートITに関する共通的な知識を証明する試験である。
とても簡単な試験であり、情報系出身の大学生なら、受けなくても良い。
基本情報技術者試験ITに関する基礎的な知識を証明する試験である。
IT企業に就職するなら、入社前に取得しておきたい。
応用情報技術者試験ITに関する応用的な知識を証明する試験である。
基本情報技術者試験を合格した人が次に取得する資格である。
高度情報処理技術者試験ITに関する高度な知識を証明する試験である。
専門知識をより深めるための資格であり、専門別に資格が異なる。
例)ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験など

 

レベル順に並べており、基本的には順番に受験していく流れになります。

しかし、理系学生やITに精通した人は、ITパスポートを受験せずに、いきなり基本情報技術者試験を受けても良いでしょう。

 

民間資格

次に、SEに関する民間資格を紹介します。

民間資格は、数が多すぎるため、代表的な資格を挙げていきます。

資格名説明文
Oracle Java認定資格プログラミング言語「Java」の資格である。
難易度が三段階に分かれている。
マイクロソフト認定資格マイクロソフトが提供しているソフトに関する資格である。
主に、「Word」、「Excel」、「Power Point」などが有名である。
Linux技術者認定資格Linuxの構築・運用などの能力を測るための資格である。
業務でLinuxを使う人は取得しておいた方が良い。
CISCO技術者認定資格CISCOの商品に関する技術の証明をすることができる資格である。
ネットワークの知識が身につけられる。

 

民間資格は、幅広い知識を問うのではなく、専門的な知識を問うため、とても業務の役に立ちます。

また、仕事で使う以外にも、興味のある資格を取得していると、仕事の幅が広がるでしょう!!

 

未経験はITパスポートor基本情報処理試験がオススメ

まだSEになっていない学生さんなどは、ITパスポートや基本情報技術者試験をオススメします。

また、情報系の学部に属している学生さんはITパスポートを飛ばして、基本情報技術者試験から受験しても良いでしょう。

学生のうちに、基本情報技術者試験を合格していると、就活の際に大きなアドバンテージになるので、早めの受験をオススメします。

 

民間資格の注意点

また、民間資格には注意点があり、知らずにいると損してしまう場合があります。

 

受験費用が高い

国家試験に比べて、受験料が高額ということです。

  • 国家資格・・・5700円
  • Oracle認定Java Bronze・・・13600円
  • CISCO認定資格・・・39600円

 

このように民間資格の方が、受験料が何倍も高いのです。

そのため、合格する目処がたってから、受験するようにしましょう。

 

どんな勉強方法がオススメ?

ここまでで、SEに関する資格について理解できたかと思います。

次に、効率の良い独学の勉強法を紹介します。

 

書籍で勉強する

書籍にも、「参考書」と「過去問」の2つがあります。

どちらも有効活用しましょう!!

 

勉強方法は以下の通りです。

  1. 参考書で基礎知識を身につける(ざっと1周する)
  2. 過去問を解いて、問題の傾向を知る
  3. 過去問でわからないことがあったら、参考書を読んで解決する

 

試験日まで時間がない人は、過去問だけ解くのもアリです。

過去問から同じ問題が出題されることもありますので、過去問の勉強しておいた方が良いでしょう。

むしろ、参考書は分量が多い割に、あまり効果がないので、時間がない人にはオススメしません。

 

学習サイトで勉強する

学習サイトもオススメです。

学習サイトとは、動画を見るだけでプログラミングなどを学べるサービスである。

私の場合は、入社前に内定先から勉強するように、学習サイトを勧められました。

使ってみるとわかりますが、とてもわかりやすく、試験に出そうなところを的確に解説してくれるので、オススメです。

 

過去問アプリで勉強する

また、過去問アプリで勉強するのも良いと思います。

お出かけ中や電車の中でも、勉強できてしまうので、社会人にオススメの勉強法です。

解説もついているので、とても使い勝手の良いアプリです。

また、無料で提供しているので、学生さんにも使って欲しいアプリになっています。

 

独学に限界を感じたら・・・

独学では、試験に受かりそうに無いなら、以下の方法を試してみてください。

 

プログラミングスクールに通う

今流行のプログラミングスクールに通うのも良いと思います。

やはり、詳しい人に教えてもらうのが、いちばんの近道です。

グループ講義からプライベートレッスンまで、様々な形式があるので、自分にあったスクールを探してみてください。

 

しかし、それなりに受講料がかかりますので、学生さんには痛い出費かもしれません。

 

ITに精通している友達に教えてもらう

お金はないが、早くわからないところを解消したい人には、友達に教えてもらうようにしましょう。

総合大学の学生やIT企業勤めの会社員なら、ITに詳しい友達は何人かいるでしょう。

知り合いに教えてもらうのは、プライドが邪魔をしてなかなかできないかもしれませんが、素直に聞くことがいちばんの近道となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください