真面目な人に向いている仕事4選【就職・転職を成功させるコツも紹介】

今回は、「真面目な人に向いている仕事」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・真面目な人に向いている仕事を教えてほしい

・真面目な人の特徴を把握したい

真面目な人というと、みなさんはどんな印象を受けますか?

一般的には、好印象を受ける人が多いと思います。よって、企業からの需要も高く、転職に有利な人柄だと言えます。

しかし、真面目な性格をしっかり理解していないと、仕事選びでミスマッチを起こす危険性があるので、注意してください。

この記事では、「真面目な人に向いている仕事」や「真面目な人の特徴」を紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


真面目な人の強みとは?

まずは、真面目な人の強みについて紹介します。

真面目な人の強み

・ミスが少ない

・ルールを守る

・責任感がある

・協調性がある

それぞれ説明します。

ミスが少ない

まずは、「ミスが少ない」ということです。

真面目な人は、成果物を丁寧に作成して、その後にセルフレビュー(自分で確認)をするので、ミスが少ないです。

一見誰にでもできることですが、作業に慣れてしまうと、丁寧さや確認作業を忘れてしまい、ミスをしがちになります。

愚直に努力できるところが真面目な人の強みだと考えます。

ルールを守る

2つ目の強みは、「ルールを守る」ということです。

規律を守ることに長けており、組織で働く上で重要な能力を持っています。また、規律を守ることは誰にでもできることではありません。

なぜなら、誰しも自由に行動したいという衝動に駆られることがあり、その感情を抑制することはとても難しいからです。

会社で働く以上、最低限のルールを守れる人でないと、仕事はつとまりません。

責任感がある

3つ目の強みは、責任感があるということです。

どんなに辛い仕事でも投げ出さずに、粘り強く作業できます。

また、当事者意識も強く、自分ごとのように仕事をしてくれるので、内発的に動機付けられていることが多いです。

そして、給与以外でモチベーションを保てることも魅力かもしれません。

協調性がある

4つ目の強みは、「協調性がある」ということです。

会社で働く以上、チームで働くことが多く、協調性が求められます。

真面目な人は、協調性があり、チームを重んじる方が多いため、チームで働くことに向いています。

自分の意見ばかりを言うのではなく、ちゃんと他人の意見を尊重することができます。

真面目な人に向いている仕事

次に、真面目な人に向いている仕事について説明します。

先ほども説明したとおり、真面目な人は、「ミスが少ない」「責任感がある」「協調性がある」と言う強みがあるため、それらの強みが活かせる仕事をおすすめしています。

真面目な人に向いている仕事

・システムエンジニア

・事務職(総務や経理)

・公務員

・税理士や公認会計士

それぞれ説明します。

【向いている仕事1】システムエンジニア

1つ目は、「システムエンジニア」です。

システムエンジニアは、チームで働くことが多く、協調性がある真面目な人には向いている仕事です。

また、仕事の進め方もマニュアル化されている職場が多く、あまり独創性を求められることはないです。

IT業界は今後も伸び続ける業界であり、人手不足が深刻なので、未経験からでも挑戦は可能です。

【向いている仕事2】事務職(総務や経理)

2つ目は、「事務職(総務や経理)」です。

事務職では、売上や経費の計算があるため、ミスが許されない仕事です。また、社内コミュニケーションが頻繁にあり、協調性が求められます。

そのため、真面目な人に向いている仕事だと言えます。

事務職で働くメリット以下のとおりです。

事務職で働くメリット
  • ノルマがない
  • 定時退社が実現できる
  • ストレスをあまり感じない
  • 外回りがない
ゆったりオフィスで働きたい人にはおすすめの仕事です。

【向いている仕事3】公務員

3つ目は、公務員です。

公務員は、規律を重んじる風潮があり、ルールを守ることに長けている人に向いています。

また、国民の個人情報を扱っている仕事なので、責任感があって、ミスが少ないことも求められます。

公務員として働くメリットは、以下のとおりです。

公務員として働くメリット
  • 収入が安定している
  • 社会的信頼がある
  • 異性にモテる
公務員は、市民からの監視の目に晒せれることもありますが、規律を守っていれば、問題はありません。

【向いている仕事4】税理士や公認会計士

4つ目は、税理士や公認会計士です。

会社の税務を扱う仕事であり、ミスが許されない仕事であることは間違い無いです。

繁忙期になると、投げ出したくなるほどの業務量をこなさなければいけません。そのため、責任感の強さも求められます。

もちろん、難関国家資格に合格しなければいけないですが、メリットもたくさんあります。

税理士・公認会計士として働くメリット
  • 給与水準が高い
  • 資格さえあれば、企業や事務所から引く手あまた
  • 独立することで、年収3000万円以上も実現可能
20代・30代からの転職者も多いので、興味ある人は、難関国家資格に挑戦してみてはいかがでしょうか!

真面目な人の弱み

次に、真面目な人の弱みについて紹介していきます。

真面目な人の弱み
  • 融通が効かない
  • 臨機応変に対応することが苦手
  • 会社や上司に利用されることも・・・
それぞれ説明します。

融通が効かない

1つ目の弱みは融通が効かないことです。

真面目な人は、「マニュアルに沿って働くこと」や「ルールを守ること」には長けています。

しかし、マニュアル通り動かない人やルールを守らない人には、とても厳しい態度をとることもあります。

そのため、人間関係のトラブルを起こしてしまうこともあります。

もちろん、マニュアル通り動き、ルールを守ることは大切ですが、場合によっては型破りな行動を取らざるをえない状況もあります。

臨機応変に対応することが苦手

決まった作業をミスなくこなすことは得意でも、瞬時に対応することが苦手な人が多いです。

そのため、接客業など状況が瞬時に変わる職場では、真面目な性格が仇になってしまう可能性があります。

会社や上司に利用されることも・・・

真面目な人は、嫌な仕事であっても「No!」と言えないことが多いです。

そのため、会社や上司から利用されてしまうこともあります。

1人だけ多くの作業量を任せられたり、難しい仕事を振られてしまうこともあるので、注意しましょう。

また、本当に辛かったり、嫌だった場合は、「NO!」と言うようにしましょう。

真面目な人に向いていない仕事

真面目な人に向いていない仕事を紹介します。

真面目な人に向いていない仕事
  • 営業職
  • クリエイティブ職(ウェブデザイナーなど)

【向いていない仕事1】営業職

営業職は、臨機応変な対応や親しみやすさが求められます。

また、営業職では、商品サービスを売り上げた人が評価されるため、ミスが少ないことが評価されることは少ないです。

そのため、真面目な人には、向いていないと言えます。

クリエイティブ職(ウェブデザイナーなど)

クリエイティブ職は、基本マニュアルはなく、独特な想像性を武器に仕事をします。

また、ルールやしがらみが少なく、真面目な人の強みを活かすことができません。

そのため、真面目な人には向いていないと判断しました。

真面目な人が就職や転職を成功させるコツ

就職や転職を成功させるコツは、以下のとおりです。

就職や転職を成功させるコツ
  • 企業研究や業界研究を徹底する
  • 自己分析をしっかり行う
  • 転職エージェントに相談する
それぞれ解説します。

企業研究や業界研究を徹底する

企業研究や業界研究は、「仕事内容」や「業界の動向」を知ることができるので、とても大切な工程です。

これらをしっかり行なっていないと、企業面接でつまづいてしまう恐れがあります。

企業研究や業界研究を効率的に行う方法は以下のとおりです。

企業研究や業界研究を効率的に行う方法
  • 四季報や新聞を読む
  • 現役社員やOBOGにヒヤリングする
  • 企業ホームページを熟読する
これらを行なっておくと、志望動機について掘り下げられても対応することができます。

自己分析をしっかり行う

自己分析は、「自分の特性」や「転職する上での条件」などを明確にする作業です。

そのため、自己分析をしっかり行わないと、自分にあった求人を探すことができません。

自己分析を正しく行う方法は以下のとおりです。

自己分析を正しく行う方法
  • 自分の業務経験を振り返り、「得意分野・不得意分野」を明確にする
  • 自分はどんな時にモチベーションが増減したのかを振り返る
  • 転職する上で、「譲れない条件」と「妥協できる条件」を洗い出す
これらを行うことで、「自分の特性」や「転職する上での条件」に気づけるはずです。

転職エージェントに相談する

最後に、転職エージェントに相談することで、プロのアドバイスを聞くことができるので、効率的に転職活動を進めることができます。

転職エージェントに相談できることは以下のとおりです。

転職エージェントに相談できること
  • キャリア面談(自己分析を手伝ってくれる)
  • 自分にあった求人を紹介
  • 履歴書添削や面接対策
  • 退職相談や給与交渉
転職経験が浅い方であれば、転職エージェントを利用することで、不安を払拭することができます。

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください