薬剤師が第二新卒で転職に成功する方法【不利になるのか?】

第二新卒薬剤師

今回は、「薬剤師が第二新卒で転職に成功する方法」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・薬剤師が第二新卒として転職できるか不安な人
・第二新卒が不利になるのか知りたい人

薬剤師業界は、常に人手不足であり、転職は容易です。しかし、第二新卒は、経験が浅いことから転職に不安を感じる人が多いと思います。

ですが、第二新卒でも変わらず、若手薬剤師の需要は高いです。

この記事では、薬剤師が第二新卒でも転職できる方法を解説していきます。

第二新卒を雇うメリット

薬剤師が第二新卒でも転職することは可能です。その理由は4つ挙げられます。

[box05 title=”第二新卒を雇うメリット”] ・環境適応能力がある
・新卒よりも離職率が低い
・ビジネスマナーが身についている
[/box05]

環境適応能力がある

若い職員の場合、仕事のやり方が確立していないため、新たな環境に適応する能力が高いです。

ベテランの場合は、スキルは高いですが、新しい環境に順応することが難しいので、若い薬剤師の方が雇いやすいのは事実です。

無駄なプライドを捨てて、謙虚な姿勢でいることができれば、第二新卒でも転職することは可能です。

新卒よりも離職率が低い

新卒よりも離職率が低いことがメリットだと言えます。前職で挫折経験をされているので、離職するリスクは低いでしょう。

また、自分がどの理由で離職するのかを理解しているので、すぐに離職する人は少ないと考えます。

また、新卒とあまり給料が変わらないことから、新卒を雇うよりも第二新卒を雇った方が、コスパが良いと考える人もいます。

ビジネスマナーが身についている

社会人経験をしているため、ビジネスマナーが身についているところもメリットの1つです。

新卒の場合、ビジネスマナー研修などで費用がかかるというデメリットもあるので、第二新卒は需要が高いです。

あまり、第二新卒だからと言って気に病む必要はありません。

離職を考える理由

離職してしまう理由を理解する必要があるでしょう。少しでも転職後のギャップを埋めることが大切です。

[box05 title=”転職を考える理由”] ・精神的負担
・身体的負担
・人間関係の悪化
[/box05]

精神的負担

人の健康に関わる職業であり、当然プレッシャーがかかります。それに耐えきれずに辞めてしまう人が多いです。

真面目な人ほど精神的負担で自分を追い詰めてしまうことが多いです。「気軽に仕事をしよう!」とは言いませんが、あまり1人で抱えすぎず、周りに相談してみましょう。

仕事ができないと悩んでいる人には、以下の記事を読んで欲しいです。少しでも気が晴れたら嬉しいです。
>>社会人2年目なのに仕事ができない人へ。【第二新卒の強みを活かす】

身体的負担

特に新人のうちは、「不規則なシフト」を組まれることが多いので、身体的負担が大きくなりがちです。そのため、離職してしまうパターンがあります。

また、思ったよりも重労働であるため、耐えきれずに離職してしまう人もいるでしょう。

人間関係の悪化

人間関係が悪化して、職場にいづらくなり離職してしまう人もいるでしょう。

人間関係は自分だけでは解決できない問題なので、会社を辞めてしまう人の気持ちもわかります。

第二新卒にオススメの職場

第二新卒にオススメの職場を紹介します。

[box05 title=”第二新卒にオススメの職場”] ・第二新卒歓迎
・調剤経験が積める職場
[/box05]

第二新卒歓迎

第二新卒を歓迎している職場はオススメです。新人への研修制度が充実している傾向があるからです。

面倒見も良いところが多いので、いきなりハードな部署に配属させずに、安定している部署で経験を積ませてくれます。

調剤経験が積める職場

薬剤師として、長く勤め上げるためには、「調剤経験は必須」です。そのため、若いうちに調剤経験を積みましょう。

調剤未経験のベテラン薬剤師は転職できる職場が限られてきます。今では、調剤併設のドラッグストアも増えているため、調剤経験が求められます。

もちろん、大手の製薬会社やMRに転職するのであればあまり関係がないですが、定年を過ぎてから苦労する可能性があります。

若いうちに調剤経験を積める職場に転職した方が後々楽になるので、オススメです。

薬剤師が第二新卒で転職する方法

薬剤師が第二新卒で転職する方法として、以下のような方法があります。

[box05 title=”薬剤師が第二新卒で転職する方法”] ・求められる人物像になる
・履歴書をちゃんと書く
・面接対策を徹底する
・転職エージェントに相談する
[/box05]

求められる人物像になる

「第二新卒に求められる特徴」として、以下の要素があげられました。

[box05 title=”第二新卒に求められる特徴”] ・誠実であること
・学習意欲が高いこと
[/box05]

もちろん、すぐにこの2つを能力を身につけることは難しいと思います。しかし、履歴書や面接では、これらをアピールすると効果的です。

履歴書をちゃんと書く

面接をするためには、履歴書の書類審査を突破するしかありません。そのため、しっかり書く必要があるでしょう。

以下のことを意識して履歴書を書きましょう。

[box05 title=”履歴書の書き方”] ・履歴書を使い回さない。
・履歴書の見栄えも気にしよう。
[/box05]

以上のことを抑えて、採用担当者に良い印象を与える履歴書を作成しましょう。

面接対策を徹底する

書類審査に突破した後は、面接対策を行う必要があります。

第二新卒の面接の場合、あまり技術的なことは聞かれないでしょう。むしろ、これからどれだけ薬剤師として伸びるかという「ポテンシャル」を重視されます。

そのため、薬剤師としての素質をアピールしましょう。

[box05 title=”面接対策について”] ・謙虚な姿勢で受け答えをする。
・志望度が高いことをアピールする。
・ポジティブな志望動機を言う。
・前職の悪口を言わない。
[/box05]

以上、4つを持っていることをアピールできれば、転職成功率は上がるでしょう。

転職エージェントに相談する

そして、転職エージェントに相談することが大切です。

転職エージェントは、転職のプロであり、転職について熟知しています。そのため、強い味方になってくれます。

転職エージェントには以下のようなことを相談すると良いでしょう。

[box05 title=”相談すること”] ・薬剤師業界の転職事情を教えて欲しい。
・第二新卒で薬剤師業界に転職するために、自分に足りない能力を教えて欲しい。
[/box05]

また、転職エージェントは何を使えば良いかと聞かれますが、基本は「複数登録すること」が良いでしょう。また、その中でもメインで使うのは、薬剤師業界に精通しているエージェントがいるところにしましょう。

第二新卒から給料UPも可能です

第二新卒だからといって、負い目を感じる必要はありません。むしろ、第二新卒から給料がUPできる方法があります。

特に、薬剤師は若い人材が不足しているので、給与交渉をすれば、新卒の給料よりあげられる可能性は十分にあります。

給料を上げるためには、以下のことを意識しましょう。

[box05 title=”給料をUPさせる方法”] ・給料UPしやすい職場に転職する。
・給与交渉をする。
[/box05]

給料UPしやすい職場に転職する

まずは、給料の上がりやすい職場に転職することをオススメします。

具体的には、以下の転職先が給料をUPさせやすいです。

[box05 title=”給料UPしやすい転職先”] ・中小チェーン薬局
・個人薬局
[/box05]

逆に、大手調剤薬局の場合は、新卒と同じ給料で決められていることが多いので、給料は上げにくいです。

給与交渉をする

転職先と給与交渉することで、給料UPが見込めます。

しかし、注意点があります。必ず、転職エージェントに協力してもらいましょう。

本人が直接、転職先の採用担当者と給与交渉をすることは、かなりリスクのあることです。最悪、印象を悪くしてしまい、不採用になってしまいます。

そのため、転職エージェントに相談して、自分の適切な市場価値を算出してもらい、適切な給料を提示しましょう。

給与交渉について詳しく書いてある記事があるので、ご参照ください。
>>第二新卒の転職で給与交渉はできるの?【転職エージェントを頼ろう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください