第二新卒の期間はいつまで?【定義を正しく解説】

第二新卒期間

今回は、「第二新卒の期間はいつまで?」と言うテーマでお話しします。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・第二新卒の定義がよくわからない人

・第二新卒として転職しようと思っている人

「第二新卒の転職がアツい」などを目にすることがあると思います。しかし、第二新卒ってなんだ?と言う疑問が残りますよね。

この記事では、第二新卒の正しい定義についてお話ししていきます。

第二新卒はいつからいつまで?

そもそも第二新卒はどんな人が該当するのか?

その疑問を解決していきます。

第二新卒の定義

一般的な第二新卒の定義は以下のとおりです。

[box05 title=”第二新卒の定義”] ・新卒1年目〜3年目
・30歳を過ぎていない
[/box05]

一般的には、「新卒3年以内」&「30歳未満」の転職を志す人を「第二新卒」と定義しています。

そのため、博士卒の人は30歳以上である場合が多いので、「第二新卒」に含まれないことがあります。

会社によって定義が違う

会社によっては、30歳を過ぎていても、「第二新卒」として定義しているところもあります。逆に、新卒半年未満は、「新卒」として扱う会社もあります。

会社によって定義が違うため、志望する会社ごとに「募集要項」をチェックする必要があります。

第二新卒に求められること

次に、第二新卒として求められることをお話しします。

[box05 title=”第二新卒に求められること”] ・素直・謙虚な姿勢
・学習意欲・就業意欲が高いこと
・環境適応能力が高いこと
[/box05]

この根拠は、Re就活「全国50社に聞きました!第二新卒・既卒に関するアンケート」の結果です。

内容は以下の表の通りです。

1位素直さ(76%)
2位意欲の高さ(54%)
3位適応力の高さ(36%)
4位コミュニケーション力(30%)
5位柔軟性(22%)

この結果からも「能力」よりも「素直さ」や「意欲の高さ」、「適応力の高さ」が評価されていることが分かります。

上位3つの項目がランキング入りした理由を考察していきます。

素直さ

第二新卒が評価される点として、素直さが1位にランクインしています。

その理由としては、素直さがあることで、上司のアドバイスをよく聞くため、成長スピードが早くなるからだと考えられます。

素直さがなければ、最悪の場合上司が仕事を教えたくなくなるため、注意しましょう。

学習意欲・就業意欲が高いこと

第二新卒が企業に求められる能力として、「学習意欲・就業意欲が高いこと」が挙げられます。

実際に、第二新卒の採用では、能力よりポテンシャルが評価されます。

また、意欲の高さがあれば、様々なことに挑戦するので、成長する機会が増えます。また、上司からの印象が良くなるので、評価されやすくなるでしょう。

環境適応能力が高いこと

そして、環境適応能力が高いことも評価されます。

適応力の高さがあれば、どんな困難な状況でも挫けることがないので、難易度の高い案件でも耐えることができます。もちろん、難易度の高い案件を経験すれば、成長スピードも早くなります。

また、新しい環境に馴染めることも、社会人としてはとても大切なので、環境適応能力は必須になります。

第二新卒の転職するメリット・デメリット

次に、第二新卒で転職するメリット・デメリットについて理解しましょう。

第二新卒で転職するメリット

第二新卒で転職するメリットは、以下の通りです。

[box05 title=”第二新卒で転職するメリット”] ・第二新卒の需要が高い
・能力よりポテンシャルが評価される
[/box05]

第二新卒の需要が高い

最近では、第二新卒の需要が高くなっていますので、転職に成功する可能性は高いです。業界によっては、新卒で入社するよりも簡単に転職できる会社もあるくらいです。

なぜ会社が第二新卒を欲しているかと言うと、以下のようなメリットがあるからです。

【会社側のメリット】
・ビジネスマナーが身についているため、研修コストがかからなくて済む。
・社会人経験があるため、転職後のギャップが少ない。

会社側としても多くのメリットがあるため、第二新卒の需要が高いのです。

能力よりポテンシャルが評価される

第二新卒での転職は、能力よりもポテンシャルが評価されます。そのため、未経験でも転職が可能です。

「新卒で入った業界が向いていなかった」と言う悩みも解決できますよ。

【会社側が求める第二新卒のポテンシャル】
・謙虚な姿勢で働くことができる。
・学習意欲・就業意欲がある。
・環境適応能力がある

以上、3つの能力があれば、会社から評価されやすくなります。

第二新卒で転職するデメリット

第二新卒で転職するデメリットは、以下の通りです。

[box05 title=”第二新卒で転職するデメリット”] ・忍耐力がないと思われる
・業務経験をアピールできない
[/box05]

忍耐力がないと思われる

新卒で入った会社を1年以内で辞めたわけですから、「忍耐力がない」と思われるのは、しょうがないことです。

しかし、ポジティブな退職理由を説明することで、その誤解は解消することができます。

【ポジティブな退職理由】
・前職の仕事よりもやりたい仕事が見つかったため
・前職のスキルを活かして、仕事の幅を広げたかったから

逆に、「辛い」や「給料が低かった」などのネガティブな退職理由は控えましょう。

業務経験をアピールできない

業務経験が1年未満なので、専門スキルなどでアピールすることは難しいでしょう。

しかし、会社側も第二新卒に専門スキルを求めておらず、どちらかと言うと「ポテンシャル」を重視する傾向にあるので、心配しなくても大丈夫です。

第二新卒が転職を成功させる方法

第二新卒が転職を成功させる方法を紹介します。

[box05 title=”転職を成功させる方法”] ・業界・業種に合わせた転職ノウハウを取り入れる
・業界に特化した転職エージェントを活用する
[/box05]

業界・業種に合わせた転職ノウハウを取り入れる

業界・業種によって、転職ノウハウは異なります。そのため、それぞれに最適な転職方法を取り入れる必要があります。

業界・業種別に転職ノウハウをまとめたので、参考にしてみてください。

業界・業種業界・業種別転職ノウハウ
コンサル第二新卒からコンサル業界に転職する方法を解説【年収アップも可能】
広告代理店第二新卒から広告代理店に転職する方法【他業種でもOK】
商社第二新卒が商社に転職する方法【第二新卒の枠は少ない】
営業職第二新卒で営業職に転職する方法を紹介【未経験OK】
銀行第二新卒で銀行に転職する方法を紹介【未経験でもOK】
Webマーケティング第二新卒が未経験でもWebマーケティング職に転職できる方法
ゲーム第二新卒でゲーム業界に転職する方法【未経験でも転職可能】
グラフィックデザイナー第二新卒からグラフィックデザイナーに転職する方法【未経験でも可能】
データサイエンティスト第二新卒でデータサイエンティストに転職する方法【未経験OK】
経理第二新卒が経理への転職を成功させる方法【未経験でもOKです】
看護師第二新卒でも看護師の転職は可能なのか?【全然問題なし!】
薬剤師薬剤師が第二新卒で転職に成功する方法【不利になるのか?】
保育士第二新卒の保育士は転職で有利?【転職を成功させるコツを紹介】
介護士第二新卒でも介護業界へ転職する方法を紹介【未経験でもOK】
公務員第二新卒から公務員に転職する方法【市役所職員にヒアリング済】

正しい転職方法を行うことで、ライバルよりも有利に転職を進めることができるので、是非取り入れてみてください。

業界に特化した転職エージェントを活用する

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2つがあります。

多くの人は、圧倒的な求人数を誇る「総合型」を選びがちですが、「特化型」も活用すると、転職成功率がグッと上がります。

もっと言うと、「総合型」と「特化型」を使い分けることがおすすめです。

総合型:求人数が多いので、条件に合った求人を探すために活用する。

特化型:転職エージェントが業界に精通しているので、転職アドバイスをもらうために活用する。

どちらにもメリットがあるため、うまく使い分けましょう!

まとめ

今回は、「第二新卒の期間はいつまで?」と言うテーマでお話ししました。

要点をまとめると、以下の通りです。

・一般的な第二新卒の定義は「新卒3年以内」&「30歳未満」

・会社によって、第二新卒の定義は異なる

・転職エージェントを活用して、有利に転職活動を進めよう

以上のことを抑えて、転職を成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください