第二新卒からグラフィックデザイナーに転職する方法【未経験でも可能】

第二新卒グラフィックデザイナー

今回は、「第二新卒からグラフィックデザイナーに転職する方法」についてお話しします。

この記事はこのような人に読んで欲しいです。

・第二新卒からグラフィックデザイナーになりたいと思っている人

・未経験でもグラフィックデザイナーになれるか不安な人

グラフィックデザイナーになるための王道ルートは、美大やデザインの専門学校に通って、新卒で就職することです。

しかし、第二新卒でもグラフィックデザイナーになる方法はあります。

この記事では、グラフィックデザイナーに転職するためのノウハウをまとめてみたので、ご覧ください。

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容は、雑誌や新聞広告などの紙媒体のデザインが主な仕事です。

簡単に仕事の流れを紹介します。

[box05 title=”仕事の流れ”]

1.依頼を受ける
2.デザイン・修正
3.納品

[/box05]

まずは、依頼主である出版社や広告代理店などから依頼を受けます。その際に、デザインのコンセプトやターゲットなどを話し合います。

その後、自社に戻って、グラフィックデザイナーがデザインを行います。その際に、依頼主とまめに連絡をとり、修正点を修正することもあります。

そして、デザインが終わり次第、依頼主に成果物を納品して完了です。

グラフィックデザイナーの労働環境について

まずは、グラフィックデザイナーの労働環境について理解を深めていきましょう。

以下のことについてお話ししていきます。

[box05 title=”グラフィックデザイナーの労働環境”]

・有効求人倍率
・平均年収
・平均残業時間

[/box05]

有効求人倍率

まずは、グラフィックデザイナーの有効求人倍率を見ていきましょう。

以下の表は、厚生労働省が発表している「職業別一般職業紹介状況」を示した表です。

職業別
(専門的・技術的職業)
有効求人倍率
美術家・デザイナー0.47倍
開発技術者2.84倍
製造技術者0.80倍
医師・薬剤師5.84倍
保健師・助産師2.83倍
医療技術者3.33倍

他の職業に比べて、有効求人倍率が低いことがわかります。

ちなみに、有効求人倍率が低いほど転職しにくいため、グラフィックデザイナーは転職が難しいことがわかります。

平均年収

次に、グラフィックデザイナーの平均年収についてお話ししていきます。

以下の表はグラフィックデザイナーの平均年収を表した表です。(引用:平均年収ランキング 最新版【職種別】

年齢平均年収
20代296万円
30代356万円
40代389万円
男性377万円
女性314万円

クリエイティブ系職種の平均年収が「377万円」であることを考えると、やや水準より低い傾向にあります。

もちろん、職業を選ぶ基準として、年収が全てではありません。しかし、年収や待遇を重視する人にはオススメできません。

平均残業時間

dodaの残業の多い職業・少ない職業は?によると、グラフィックデザイナーの平均残業時間は、「43.1時間」です。

残業時間が多い職種では、7位にランクインしていることから、残業時間は多いことがわかります。

職種残業時間
映像関連53.7時間
編集、デスク52.8時間
施工管理51.3時間
コンサルタント50.0時間
ドライバー・配送スタッフ44.8時間
Webプロデューサー/ディレクター44.8時間
グラフィックデザイナー/イラストレーター43.1時間
投資銀行業務43.0時間
営業(広告・メディア)41.9時間
クリエイティブディレクター/アートディレクター41.7時間

ライフワークバランスを重視する人には、向いていないと言えます。

求められるスキル

グラフィックデザイナーに求められるスキルは、3つあります。

[box05 title=”求められるスキル”]

・デザインスキル
・編集ソフトを扱うスキル
・プレゼンテーションスキル

[/box05]

デザインスキル

デザインスキルとは、「ユーザーに見やすく、伝えたいことが伝わるようなデザインを作成できるスキル」を指します。

センスがあるかどうかで議論されがちですが、全くそんなことはないです。デザインスキルは、アートとは違い、マニュアルがあるので、勉強すれば能力が伸ばせるスキルです。

編集ソフトを扱うスキル

また、デザインを行うためには編集ソフトを扱うスキルが必須です。

主流は、「PhotoShop」や「Illustrator」などが挙げられます。

これらのスキルは、参考書を買って独学しても良いし、オンラインスクールなどで学ぶのも良いでしょう。

プレゼンテーションスキル

実は、デザインができるだけでは、立派なグラフィックデザイナーにはなれません。自分のデザインを伝えるプレゼンテーション能力も必要になります。

どんなに良いものを作成しても、良さを伝えられなければ、評価されませんよね。

会社に雇われているデザイナーであれば、尚更必須のスキルになってくるので、社外研修を受講したり、自宅で練習したりして、プレゼンテーション能力を向上させる必要があります。

未経験でグラフィックデザイナーに転職する方法

未経験からグラフィックデザイナーに転職する方法を紹介します。

実績を積んでから転職する

現状、全くの未経験でグラフィックデザイナーとして雇われることは難しいです。そのため、まずは実績を積む必要があります。

実績を積む方法は2つあります。

・専門学校やオンラインスクールに通う

・クラウドソーシングで仕事をとる

専門学校やオンラインスクールに通う

専門学校やオンラインスクールに通い、実力をつけることが一番早いです。業務に似たことをスクールで経験すれば、転職活動の時にアピールすることができます。

また、仕事が忙しい人でも、オンラインスクールを受講すれば、好きな時に学べるので、オススメです。

クラウドソーシングで仕事をとる

自分でクラウドソーシングを活用して、仕事をとることも可能です。しかし、この方法は、ハードルが高いのでオススメしません。

自力でデザインの勉強ができて、クラウドソーシングで仕事をとってこれる自信があれば、良いと思います。

この方法のメリットは、お金をかけずに、自分のペースで行えることです。

未経験OKの求人を探す

正社員では、難しいかもしれませんが、「業務委託契約」や「派遣社員」であれば、未経験OKの求人があるかもしれません。なので、未経験OKの会社で経験を積んでから、正社員として、転職する方法もアリだと思います。

もちろん、「正社員以外にはいやだ!」という人も多いと思います。しかし、この方法は、お金を貰って、デザインの勉強ができるので、割とオススメです。

第二新卒におすすめの転職エージェントは、以下の記事に詳しく記載しています。
>>第二新卒向け転職サイト・転職エージェントを紹介【他業種転職OK】

グラフィックデザイナーのキャリアパス

グラフィックデザイナーって、将来どんなキャリアパスがあるのか気になりますよね。

グラフィックデザイナーのキャリアパスとして、以下の3つが挙げられます。

[box05 title=”グラフィックデザイナーのキャリアパス”]

・チーフデザイナー
・アートディレクター
・フリーランス

[/box05]

それぞれ説明していきます。

チーフデザイナー

チーフディレクターは、デザイナーをまとめるリーダーのポジションです。

工数調整や部下の指導などを主に任せられるので、デザインスキルはもちろん、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどが求められます。

だいたい、デザイナーを経験して「5年〜6年」くらいでチーフデザイナーになる人が多いです。

アートディレクター

アートディレクターは、プロジェクト全体をまとめるポジションです。

デザイナーだけでなくコピーライターなど職種の垣根を超えて、マネジメントします。また、スケジュール調整や制作費の管理などを行うこともあります。

だいたい、デザイナーを経験して「7年〜10年」くらいでアートディレクターになる人が多いです。

フリーランス

そして、会社で特別優秀であったり、個人で仕事をとってこれる人は、フリーランスになります。

フリーランスになることで、年収は青天井に上がります。

しかし、デザインスキルだけでなく、営業スキルやコミュニケーションスキルも必須であるため、求められるスキルは幅広いです。

フリーランスになるためには、会社員時代に多くの取引先に名刺を配り、名前を覚えてもらう必要があります。その他にも、「この人に任せたい!」と思えるような信頼関係を構築することが必須になります。

まとめ

第二新卒からグラフィックデザイナーに転職する方法を紹介しました。

未経験からグラフィックデザイナーになることは難しいことですが、実績を積んだり、転職エージェントに相談することで、転職することは可能になります。

また、自信がついて自分で仕事をとってこれるようになれば、フリーランスとして働くこともできます。

頑張ったら頑張っただけ、キャリアアップできる職種であり、やりがいもあると思います。興味のある方は、ぜひグラフィックデザイナーを目指してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください