第二新卒の保育士は転職で有利?【転職を成功させるコツを紹介】

第二新卒保育士転職

今回は、「第二新卒の保育士は転職で有利?」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・第二新卒でも保育士として転職できるか不安な人
・経験が少ない保育士でも転職できるのか知りたい人

保育士は児童を扱う仕事であり、大変やりがいがあります。ですが、保育士の職場は女性社会であり、人間関係が原因で転職したいという人も多いでしょう。

しかし、未経験が浅いうちに辞めてしまうと、第二新卒で転職できるか不安ですよね。

安心してください!第二新卒(社会人3年目以内)でも転職できます

この記事では、第二新卒でも保育士として転職する方法を紹介します。

転職を考える理由

実際に、多くの新人保育士が3年以内に辞めてしまうことは事実です。まずは、転職する理由について考えてみましょう。

[box05 title=”転職を考える理由”] ・就職後のギャップ
・精神的負担
・身体的負担
・人間関係の悪化
[/box05]

就職後のギャップ

保育士として学んできたことを活かせずに、やりがいを感じられない人が多いと聞きます。また、思っていたよりも泥臭い作業ばかりだったなどと言った意見もあります。

保育士としての理想像が明確な人ほど、就職後のギャップで離職してしまう傾向にあるのだそうです。

しっかり、保育士のリアルをリサーチして、職場見学も積極的に行きましょう。

精神的負担

保育士は小さな子どもを預かる大変重要な仕事であり、その重圧に耐えきれずに離職してしまう人がいます。

真面目な人ほど精神的負担で自分を追い詰めてしまうことが多いです。「気軽に仕事をしよう!」とは言いませんが、あまり1人で抱えすぎず、周りに相談してみましょう。

仕事ができないと悩んでいる人には、以下の記事を読んで欲しいです。少しでも気が晴れたら嬉しいです。
>>社会人2年目なのに仕事ができない人へ。【第二新卒の強みを活かす】

身体的負担

特に新人のうちは、「不規則なシフト」を組まれることが多いので、身体的負担が大きくなりがちです。そのため、離職してしまうパターンがあります。

また、保育士の仕事は、思ったよりも重労働であるため、耐えきれずに離職してしまう人もいるでしょう。

人間関係の悪化

保育士の職場は多くの場合が女性社会であるため、人間関係が複雑になりがちです。そのため、人間関係が悪化して、職場にいづらくなり離職してしまう人もいるでしょう。

また、人間関係は保育士同士だけでなく、保護者との人間関係をうまく構築できずに辞めてしまう人もいます。

人間関係は自分だけでは解決できない問題なので、会社を辞めてしまう人の気持ちもわかります。

第二新卒を雇うメリット

第二新卒でも保育士として転職することは可能です。その理由は4つ挙げられます。

[box05 title=”第二新卒を雇うメリット”] ・体力がある
・環境適応能力がある
・新卒よりも離職率が低い
・ビジネスマナーが身についている
[/box05]

体力がある

第二新卒は若い人材であるため、体力があることが評価されます。保育士は「不規則なシフト」が多いので、体力のある若い人材が欲しています。

また、業務量が多いことから、自宅に持ち帰って仕事をすることもあります。無理しすぎないように注意しましょう。

環境適応能力がある

若い保育士の場合、仕事のやり方が確立していないため、新たな環境に適応する能力が高いです。

ベテラン保育士の場合は、スキルは高いですが、新しい環境に順応することが難しいので、若い保育士の方が雇いやすいのは事実です。

無駄なプライドを捨てて、謙虚な姿勢でいることができれば、第二新卒でも転職することは可能です。

新卒よりも離職率が低い

新卒よりも離職率が低いことがメリットだと言えます。前職で挫折経験をされているので、離職するリスクは低いでしょう。

また、自分がどの理由で離職するのかを理解しているので、すぐに離職する人は少ないと考えます。

また、新卒とあまり給料が変わらないことから、新卒を雇うよりも第二新卒を雇った方が、コスパが良いと考える人もいます。

ビジネスマナーが身についている

社会人経験をしているため、ビジネスマナーが身についているところもメリットの1つです。

新卒の場合、ビジネスマナー研修などで費用がかかるというデメリットもあるので、第二新卒は需要が高いです。

あまり、第二新卒だからと言って気に病む必要はありません。

第二新卒にオススメの職場選び

第二新卒にオススメの職場を紹介します。

[box05 title=”第二新卒にオススメの職場”] ・第二新卒歓迎の保育園を選ぶ
・保育園見学を徹底する
[/box05]

第二新卒歓迎の保育園を選ぶ

第二新卒を歓迎している職場はオススメです。新人への研修制度が充実している傾向があるからです。

面倒見も良いところが多いので、いきなりハードな部署に配属させずに、安定している部署で経験を積ませてくれます。

保育園見学を徹底する

良い職場に転職するためには、「保育園見学は必須」です。

保育園見学をすることで以下のことがわかります。

[box05 title=”保育園見学のメリット”] ・園内の雰囲気がわかる。
・職員や保護者の人柄が把握できる。
[/box05]

これらを知ることで、転職後のギャップを埋めることができます。

特に、職員や保護者の人柄を事前に知ることはとても重要なことです。仕事を辞める大きな原因が「人間関係」です。まずは人間関係がうまく構築できそうな人たちかどうか判断しましょう。

第二新卒で保育士に転職する方法

第二新卒で保育士に転職する方法として、以下のような方法があります。

[box05 title=”第二新卒で保育士に転職する方法”] ・求められる人物像になる
・履歴書をちゃんと書く
・面接対策を徹底する
・転職エージェントに相談する
[/box05]

求められる人物像になる

「第二新卒に求められる特徴」として、以下の要素があげられました。

[box05 title=”第二新卒に求められる特徴”] ・誠実であること
・学習意欲が高いこと
[/box05]

もちろん、すぐにこの2つを能力を身につけることは難しいと思います。しかし、履歴書や面接では、これらをアピールすると効果的です。

履歴書をちゃんと書く

面接をするためには、履歴書の書類審査を突破するしかありません。そのため、しっかり書く必要があるでしょう。

以下のことを意識して履歴書を書きましょう。

[box05 title=”履歴書の書き方”] ・履歴書を使い回さない。
・履歴書の見栄えも気にしよう。
[/box05]

以上のことを抑えて、採用担当者に良い印象を与える履歴書を作成しましょう。

面接対策を徹底する

書類審査に突破した後は、面接対策を行う必要があります。

第二新卒の面接の場合、あまり技術的なことは聞かれないでしょう。むしろ、これからどれだけ保育士として伸びるかという「ポテンシャル」を重視されます。

そのため、保育士としての素質をアピールしましょう。

[box05 title=”面接対策について”] ・謙虚な姿勢で受け答えをする。
・志望度が高いことをアピールする。
[/box05]

以上、2つを持っていることをアピールできれば、転職成功率は上がるでしょう。

転職エージェントに相談する

そして、転職エージェントに相談することが大切です。

転職エージェントは、転職のプロであり、転職について熟知しています。そのため、強い味方になってくれます。

転職エージェントには以下のようなことを相談すると良いでしょう。

[box05 title=”相談すること”] ・保育士の転職事情を教えて欲しい。
・第二新卒で保育士に転職するために、自分に足りない能力を教えて欲しい。
[/box05]

また、転職エージェントは何を使えば良いかと聞かれますが、基本は「複数登録すること」が良いでしょう。また、その中でもメインで使うのは、保育士に精通しているエージェントがいるところにしましょう。

給料より労働環境を重視しよう

第二新卒として保育士に転職するときは、「給料より労働環境」が重要です。

正直言って、どの保育園も給料自体はそんなに変わりありません。それよりも、労働環境を重視した方が、転職後の充実度が増すでしょう。

例えば、「人間関係」や「労働時間」についてはよくリサーチした方が良いです。

人間関係が悪ければ、仕事が面白くなくなります。また、労働時間が長すぎると、給料がよくても満足できないでしょう。

転職する際によくある質問

[box05 title=”よくある質問”] ・給与交渉はできるのか?
[/box05]

給与交渉はできるのか?

転職先と給与交渉することで、給料UPが見込めます。

しかし、注意点があります。必ず、転職エージェントに協力してもらいましょう。

本人が直接、転職先の採用担当者と給与交渉をすることは、かなりリスクのあることです。最悪、印象を悪くしてしまい、不採用になってしまいます。

そのため、転職エージェントに相談して、自分の適切な市場価値を算出してもらい、適切な給料を提示しましょう。

給与交渉について詳しく書いてある記事があるので、ご参照ください。
>>第二新卒の転職で給与交渉はできるの?【転職エージェントを頼ろう】

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください