営業職を辞めたい【辞めてから後悔しないための対処法を解説】

今回は、「営業職を辞めたい・・・」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・営業職を辞めたいと思っている

・オススメの転職先を教えてほしい

営業職として働いているが、このまま我慢して働き続けることが辛いと感じている人も多いでしょう。

この記事では、「営業職を辞めたいと思う理由」や「営業職の経験を活かせる転職先」を紹介します。

また、「転職活動を成功するためのノウハウ」や「円満退職するための方法」もお伝えしますので、最後まで読んでくれると嬉しいです。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


営業職を辞めたいと思う理由5選

まずは、営業職を辞めたいと思う理由を5つ紹介します。

営業職を辞めたいと思う理由
  • ノルマが達成できなくてツラい
  • 扱っている商品が良いと思えない
  • ルート営業がツラい
  • お客様と話すことがツラい
  • 社内の人間関係がうまくいかない

それぞれ説明します。

【理由1】ノルマが達成できなくてツラい

1つ目の理由として、「ノルマが達成できなくてツラい」ということです。

ノルマが達成できない場合、以下のような仕打ちを受けることになります。

ノルマが達成できない場合
  • 上司からノルマ未達の原因を徹底的に詰められる
  • 罰金を課せられる
  • 同僚から「できないやつ」扱いをされる
ノルマへの考え方は人それぞれで、「ノルマがあるからやる気が出る」という人もいますし、ノルマがストレスに感じる人もいます。

ノルマがきついことで、営業職をやめてしまう人は多いです。

営業職として働く際には、ノルマに対してどう感じるのかを自己分析する必要がありますね。

【理由2】扱っている商品が良いと思えない

2つ目の理由として、「扱っている商品が良いと思えない」ことが挙げられます。

営業職は、自社で開発した商品をお客様に購入していただくことが仕事です。

しかし、扱っている商品に自信が持てないと、「なんでお客様にこんな商品を紹介しているんだろう・・・」と悩んでしまい、ストレスが溜まります。

具体的には以下のようなことがあります。

扱っている商品に自信が持てない場合
  • 粗悪品を高値で営業していることに、耐えられなかった
  • 営業していても、良いところが見つからずツラい
紹介している商品が悪いと感じながら営業していると、メンタルが消耗しますし、やりがいも感じられないです。

【理由3】ルート営業がツラい

3つ目の理由として、「ルート営業がツラい」ことが挙げられます。

ルート営業とは、「決められた順番に取引先を回ること」を指します。

ルート営業も向き不向きがあり、以下のようなことが原因でツラいと感じてしまいます。

ルート営業がツラいと感じる原因
  • ルーティンワークになってしまい、単純に飽きる
  • 自分の個性や能力を活かせるケースが少ない
  • 同じお客さんに対して営業しているので、刺激や新鮮さがない

若手の場合は、スキルが身に付かずに、将来が不安になることも多いです。

新しいことが学べない環境であれば、転職も検討してみましょう。

【理由4】お客様と話すことがツラい

4つ目の理由として、「お客様と話すことがツラい」ことが挙げられます。

自分で改善できる場合とお客様と相性が合わない場合の2つに分かれます。

具体的にツラくなった原因を紹介します。

お客様と話すことがツラくなってしまった原因
  • 罵声を浴びせられた
  • 自分のミスでクレームが上がった
  • お客様との相性が悪かった
改善を試みて、それでも無駄な場合は、取引先を変えてもらう必要があるでしょう。

【理由5】社内の人間関係がうまくいっていない

5つ目の理由として、「社内の人間関係がうまくいっていない」と言うことが挙げられます。

多くの人が、人間関係を理由に会社を辞めてしまいます。

そして、営業職でも例外ではありません。

「価値観の違い」や「マウンティングの取り合い」などで、人間関係が崩壊して、職場の雰囲気が悪くなるケースは多いみたいです。

営業職におすすめする転職先4選

次に、営業におすすめする転職先を4つ紹介します。

営業におすすめする転職先
  • 事務職
  • 人事職
  • マーケティング職や企画職
  • IT業界(プログラマー)
それぞれ説明します。

【おすすめの転職先1】事務職

2つ目のおすすめ転職先は、「事務職」です。

「営業職はハードワークすぎたので、今後は定時で帰れるような仕事に就きたい・・・」と思っている方に、事務職はおすすめしています。

事務職のメリットを紹介します。

事務職のメリット
  • ノルマがなく、精神的に楽
  • 定時に帰れることが多く、プライベートを充実できる
営業職でのハードワークに嫌気をさした人にはおすすめです。

事務職への転職は、意外と競争率が高いので、しっかり転職活動の対策をする必要があります。

【おすすめの転職先2】人事職

2つ目のおすすめ転職先は、「人事職」です。

仕事内容としては、「新卒や中途の採用」や「新人教育」などがあります。

営業職で鍛えられたコミュニケーション能力を発揮する機会は多くあるため、とてもおすすめです。

人事職のメリット
  • コミュニケーション能力が重宝される
  • 営業職ほどノルマが厳しくない
営業職に特化した人材紹介会社もあるので、営業職のキャリアが活かせることは間違いありません。

【おすすめの転職先3】マーケティング職や企画職

3つ目のおすすめ転職先は、「マーケティング職や企画職」です。

なぜなら、営業職との連携が不可欠であり、営業職出身のマーケティング職は重宝されるからです。

また、「ルート営業が退屈だった・・・」と悩んでいる人にも、創造的な業務が多いマーケティング職はおすすめです。

マーケティング職・企画職のメリット
  • 営業職出身であることが強みになる
  • 新鮮な仕事が多い
  • 市場価値が高い
マーケティング職は、会社の花形部署でもあり、転職難易度は高めですが、営業職の経験をうまくアピールできれば、転職も可能です。

【おすすめの転職先4】IT業界(プログラマー)

4つ目のおすすめ転職先は、「IT業界(プログラマー)」です。

本気で、年収を上げて、キャリアアップを望んでいるなら、プログラマーはおすすめです。また、今プログラマー不足が深刻であるため、業界は売り手市場です。

そのため、未経験からIT業界に転職する人はかなり多いです。

IT業界のメリット
  • 業界全体が好調である
  • 給料が高水準である
  • スキルを身につければ、キャリアアップも可能

完全未経験でIT業界に飛び込むのが怖い人は、プログラミングスクールの活用も検討しても良いでしょう。

営業職を辞めたいときの対処法3選

営業職を辞めて転職するにしても、時間が確保できないと言う問題があります。

その問題を解消するために、営業職を辞めたいときの対処法について説明します。

営業職を辞めたいときの対処法
  • できる限り働く時間を減らす
  • 同僚と一定の距離を保つ
  • 転職エージェントに相談する
それぞれ説明していきます。

できる限り働く時間を減らす

1つ目の対処法として、「できる限り働く時間を減らす」と言うことです。

なぜなら、働く時間を減らすことで、転職活動など次のステップに進みやすいからです。

また、激務に悩んでいる人は、できる限り自分の負担を減らすことが先決です。

働く時間を減らすコツは、以下の通りです。

働く時間を減らすコツ
  • 効率的に仕事をする
  • 仕事量自体を減らすように、上司に相談する
単純作業を効率化したり、隙間時間に資料を読んでおくと、効率的に仕事をすることができます。

また、今抱えている仕事量が多すぎる場合は、上司に仕事を減らすように相談することも必要です。

同僚と一定の距離を保つ

2つ目の対処法は、「同僚と一定の距離を保つ」ことです。

なぜなら、「会社を辞めたい」と思っている多くの人が、人間関係で悩んでいるため、根本的な解決をするには、同僚と一定の距離を保つことが大切です。

また、転職活動に専念する場合も、余計な時間を取られなくて済むので、オススメです。

具体的に、同僚と一定の距離を保つ方法を紹介します。

同僚と一定の距離を保つ方法
  • 歓迎会や送別会以外の飲み会は断る
  • 業務連絡以外の会話をなるべくしない

以上のことを行うことで、面倒なトラブルにも巻き込まれるリスクは減るでしょう。

転職エージェントに相談する

3つ目の対処法は、「転職エージェントに相談する」です。

職場の人間関係が修復不可能であったり、新しい仕事に挑戦したい人は、転職をするのも良いでしょう。

この対処法は、転職することを決めた人だけでなく、キャリア相談を受けるだけでも問題ありません。

転職エージェントは、履歴書添削や面接対策だけでなく、キャリア相談なども無料で行っているので、自分のキャリアで悩んでいる人はオススメです。

転職エージェントに相談するメリット
  • キャリア相談を受けられる
  • 自分が希望する仕事を紹介してくれる
  • 履歴書添削や面接対策をしてくれる
  • 内定取得後のアフターフォローも万全
転職活動を視野に入れている人は、転職エージェントに登録してみるのもありだと思います。

営業職を辞めたいなら、転職エージェントに相談しよう

これまで対処法を紹介しましたが、それでも仕事を続けられない場合は、転職を視野に入れましょう。

転職エージェントに相談することで、効率的に転職活動を進められます。

次に、おすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

営業職を円満に退職する方法

次に、円満に退職する方法を紹介します。

営業職を円満に退職する方法
  • 事前に退職する意思を同僚に伝えない
  • 引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える
それぞれ説明します。

事前に退職する意思を同僚に伝えない

正式に退職する意思を上司に伝える前に、同僚などに相談するのはおすすめしません。

噂話はすぐに広まってしまいますので、知られたくない上司の耳にも入ってしまう恐れがあります。

また、強引な引き止めや異動の勧めなどをされるため、余計メンタルを消耗してしまいます。

退職するマナーとして、「まずは直属の上司に退職する意思を伝える」と言うことを肝に銘じておきましょう。

引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える

止める際には、自分が行ってきた業務の引き継ぎをする必要があります。

そのため、余裕を持って、退職の意思を伝えましょう。

法律的には、「2週間前に退職する意思を伝えれば問題ない」と言われていますが、円満に退職するためには、引継ぎ期間を意識しましょう。

円満に退職できない場合は、「退職代行サービス」を利用しましょう

こちらが円満に退職しようとしても、「強引や引き止め」や「脅し」などにより、なかなk辞められないことがあります。

企業側も人手不足に悩んでいるため、仕方がないことではあります。

どうしても、円満に退職できない場合には、「退職代行サービス」がおすすめです。

退職代行のメリット・デメリット

退職代行のメリット・デメリットを紹介します。

退職代行のメリット・デメリット

:上司と会わずに退職できる

:残っている有給を消化させてくれる

:費用が高い(3万円〜5万円)

退職代行を利用することで、上司と会わずに退職ができることが最大のメリットです。「上司との言い争い」などが原因で、なかなか退職できないと言う人は多いですからね。

また、有給を取得できるように交渉もしてくれます。そのため、給料をもらいながら、転職活動の準備などができます。

しかし、費用が高いことがデメリットです。3万円〜5万円かかってしまうので、本当に困っている人以外は、高上がりに感じるでしょう。

おすすめ退職代行サービス

最後に、おすすめの退職代行サービスを紹介します。

【おすすめ退職代行サービス】

EXIT|転職決定実績No.1
※スピード退職が可能であり、退職成功率100%を誇る。

退職代行 Jobs|あなたに寄り添う退職代行エージェント
※弁護士が監修しており、24時間365時間対応してくれる。

これらの退職代行サービスは、大手であり、信頼と実績は業界トップクラスです。

興味を持った人は、無料相談を受けてみると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください