退職の切り出し方って正解があるの?【準備や注意点を解説します】

今回は、「退職の切り出し方って正解があるの?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・退職の切り出し方で悩んでいる・・・

・退職を伝えるときに、準備することや注意点について教えて欲しい!

転職をするときに、今在籍している会社を退職する必要があります。

しかし、退職を切り出す方法や注意点を知らずに、退職を伝えてしまうと、円満に退職しづらくなってしまいます。

この記事は、退職を切り出す方法や注意点を解説し、みなさんが円満に退職するための手助けをします!

退職の切り出し方とベストなタイミングは?

退職を切り出す際に、重要なことは3点あります。

・誰に退職を伝えれば良いか?

・いつ頃までに退職の意思を伝えた方がいい?

・どこで退職を切り出した方が良い?

・どのように退職の意思を伝えるか?

それぞれ解説していきます。

誰に退職を伝えれば良いか?

まずは、「誰に退職の意思を伝えればいいの?」と言う疑問が思い浮かぶと思います。

最初は、「直属の上司」に伝えるようにしましょう。

また、退職の意思が弱い段階で、部下や同僚に伝えることはおすすめしません。なぜなら、「強引な引き止め」や「不確実な情報が広まるリスク」があるからです。

少しでも退職の意思がある場合には、「直属の上司」に相談して見るのも良いでしょう。

いつ頃までに退職の意思を伝えた方がいい?

退職の意思は、2ヶ月前までに伝えるのがベストでしょう。

なぜなら、以下のような手間が発生するからです。

・自分の仕事を同僚に引き継ぐ

・退職の手続き

・お世話になった同僚へ挨拶回り

・転居を伴う場合、転出届など

法律上、2週間前に退職の意思を伝えれば、問題はありません。しかし、円満に退職するためには、早めに伝えておきましょう。

どこで退職を切り出した方が良い?

2人きりで話ができる場所」で退職を切り出すのは良いです。

また、事前に上司にアポイントを取りましょう。会議室が予約制だった場合は、予約も忘れずに行ってください。

アポイントを取るときは、「話したい事があるので、お時間いただけますか?」といい、詳しい内容はあとで話すことをおすすめします。

どのように退職の意思を伝えるか?

どのように退職の意思を伝えるかについても解説していきます。

退職を切り出す際のポイントは、以下の通りです。

・退職の意思と理由を伝える

・自信を持って、はっきりと伝える

・強引な引き止めにも屈しない

まずは、退職の意思とその理由を端的に話しましょう。その際に、ポジティブな理由を伝えましょう。ネガティブな理由を言ってしまうと、口論になりかねません。

また、自信を持って、はっきりと伝えましょう。なぜなら、自信のなさにつけ込んで、強引な引き止めを行ってくる場合もあります。

強引な引き止めに屈しないようにしましょう。

退職する際に、準備するものは?

退職する際に、準備するものを紹介します。

具体的には、以下の通りです。

・退職願や退職届

・仕事の引継ぎ

・転居を伴う場合、転出届や郵便の転送

それぞれ説明します。

退職願や退職届

退職をする際に、必ず必要になるものが「退職願・退職届」になります。

それぞれの違いについて見ていきましょう!

・退職願:上司と話し合い、退職の意思が承認された後に提出する書類です。会社によって書式が違うので、各自で確認しましょう。

・退職届:正式に退職日が確定した後に提出する書類です。

法的には、口頭のみでも良いとされていますが、後々揉め事に発展する恐れがあるので、書類として提出した方が良いでしょう。

仕事の引継ぎ

円満退職をするために、必要なこととして、「仕事の引継ぎ」があります。

私も退職した際に、仕事の引き継ぎを行いましたので、経験もふまえて説明します。

具体的には、以下のことを行います。

・引き継ぎ資料の作成:自分が行っていた仕事のノウハウを資料にまとめます。仕事の進め方や注意点などを書いておくと良いです。

・引き継ぎ資料の説明会:作成した引継ぎ資料を引き継ぎ先の同僚に展開して、説明します。業務知識や作業途中の仕事などを共有します。

引き継ぎ資料の作成は、早めに作業しておいた方が良いです。退職日の2週間前には作成〜説明まで終えているとベストです。

転居を伴う場合、転出届や郵便の転送

転居を伴う場合、「転出届や郵便の転送」も行いましょう。

それぞれの説明は以下のとおりです。

・転出届:自分の住所を変更するための手続きです。役所で手続きする事ができます。必ず、引っ越した先で転入届も行いましょう。

・郵便の転送:旧住所宛の郵便物を新住所に転送するサービスです。郵便局で手続きする事ができます。

どちらも忘れずに行いましょう。

退職を切り出す際の注意点

次に、「退職を切り出す際の注意点」についてお話しします。

・アポイントメールでは、退職を気づかれないようにする

・退職を切り出す際は、メールでなく、対面で直接伝える

・ネガティブな退職理由を言わない

アポイントメールでは、退職を気づかれないようにする

退職を切り出す前に、上司にアポイントを取ります。

そのときのアポイントメールでは、なるべく「退職」という文字を使わないようにしましょう。

なぜなら、退職を切り出す前に、上司から引き止めをされてしまうからです。

スムーズに退職を切り出すためにも、アポイントメールには「退職」を匂わす文面は控えましょう。

退職を切り出す際は、メールではなく、対面で直接伝える

退職を切り出す際は、メールではなく「対面」で伝えるようにしましょう。

なぜなら、退職という重要な事項をメールだけで説明されても、上司は納得できませんし、「非常識だ!」と言われてしまう恐れがあります。

メールだけで伝えても、結局話し合いの場が設けられるので、最初から対面で伝えることをおすすめします。

ネガティブな退職理由を言わない

退職だけでなく、転職活動でも共通して言える事ですが、「ネガティブな退職理由を言う事」は避けましょう!

なぜなら、強引な引き止めに合ってしまう恐れがあるからです。

例えば、「人間関係が原因で退職したい!」といったとします。

すると、上司は「部署やチームの異動をするから、退職をしないでくれ!」と返してきます。

ネガティブな退職理由を言うよりも、「今の会社ではできない事がしたい!」などポジティブな理由を言った方が引き止めに合う可能性が低くなります。

円満に退職するためには、ネガティブな退職理由は控えましょう。

転職を成功させてから、退職を切り出そう

これまで、退職の切り出し方についての話題に触れてきました。

しかし、退職を切り出すのは、転職に成功させてからにしましょう。

理由としては、以下のことが挙げられます。

・キャリアの空白期間ができてしまうから

・退職後に転職活動をすると、金銭面や精神的に負担がかかるから

これから転職活動を始める方におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント5選

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

【総合型】リクルートエージェント

[box05 title=”リクルートエージェントの特徴”]

:求人数が国内トップクラス
20万件以上の求人数を保有している。

:圧倒的な転職実績
累計40万件以上の転職実績を誇っており、転職ノウハウが豊富である。

[/box05]

業界トップの求人数と転職実績を持っています。そのため、求人探しにはおすすめの転職エージェントになります。

【総合型】doda

[box05 title=”dodaの特徴”]

:転職満足度No.1
年収500万〜年収1000万の求人多数

:地方転職・Uターン転職でもOK
幅広い求人が揃っている。

[/box05]

転職満足度No.1を誇り、多くの利用者に評価されています。

また、幅広い求人が揃っているので、地方転職・Uターン転職にはオススメです。

【総合型】パソナキャリア

[box05 title=”パソナキャリアの特徴”]

:幅広い年代におすすめ
求人数が多いので、幅広い年代にオススメできます。

:転職サポートが充実
キャリア面談〜面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

[/box05]

パソナキャリアは業界トップクラスの求人数なので、幅広い年代にオススメできます。

また、転職サポートも充実しており、キャリア面談や履歴書添削、面接対策など手厚いサポートが受けられます。

【総合型】マイナビエージェント

[box05 title=”マイナビエージェントの特徴”]

:20代・第二新卒にオススメ
20代・第二新卒向けの求人が多数

:転職サポートの質が高い
若手に向けた転職サポートは業界トップクラスです。

[/box05]

20代の若者にオススメできる転職エージェントです。第二新卒などの業務経験が浅い人でも問題ありません。

転職サポートの質が高いので、未経験業界や転職初心者でも安心して利用できます。

転職活動でよくある質問

[box05 title=”よくある質問”] ・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

[/box05]

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください