退職の切り出し方って正解があるの?【準備や注意点を解説します】

今回は、「退職の切り出し方って正解があるの?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 退職の切り出し方で悩んでいる・・・
  • 退職を伝えるときに、準備することや注意点について教えて欲しい!

転職をするときに、今在籍している会社を退職する必要があります。

しかし、退職を切り出す方法や注意点を知らずに、退職を伝えてしまうと、円満に退職しづらくなってしまいます。

この記事は、退職を切り出す方法や注意点を解説し、みなさんが円満に退職するための手助けをします!

おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

退職の切り出し方とベストなタイミングは?

退職を切り出す際に、重要なことは3点あります。

退職の切り出し方
  • 誰に退職を伝えれば良いか?
  • いつ頃までに退職の意思を伝えた方がいい?
  • どこで退職を切り出した方が良い?
  • どのように退職の意思を伝えるか?

それぞれ解説していきます。

誰に退職を伝えれば良いか?

まずは、「誰に退職の意思を伝えればいいの?」と言う疑問が思い浮かぶと思います。

最初は、「直属の上司」に伝えるようにしましょう。

また、退職の意思が弱い段階で、部下や同僚に伝えることはおすすめしません。なぜなら、「強引な引き止め」や「不確実な情報が広まるリスク」があるからです。

少しでも退職の意思がある場合には、「直属の上司」に相談して見るのも良いでしょう。

いつ頃までに退職の意思を伝えた方がいい?

退職の意思は、2ヶ月前までに伝えるのがベストでしょう。

なぜなら、以下のような手間が発生するからです。

  • 自分の仕事を同僚に引き継ぐ
  • 退職の手続き
  • お世話になった同僚へ挨拶回り
  • 転居を伴う場合、転出届など
法律上、2週間前に退職の意思を伝えれば、問題はありません。しかし、円満に退職するためには、早めに伝えておきましょう。

どこで退職を切り出した方が良い?

2人きりで話ができる場所」で退職を切り出すのは良いです。

また、事前に上司にアポイントを取りましょう。会議室が予約制だった場合は、予約も忘れずに行ってください。

アポイントを取るときは、「話したい事があるので、お時間いただけますか?」といい、詳しい内容はあとで話すことをおすすめします。

どのように退職の意思を伝えるか?

どのように退職の意思を伝えるかについても解説していきます。

退職を切り出す際のポイントは、以下の通りです。

  • 退職の意思と理由を伝える
  • 自信を持って、はっきりと伝える
  • 強引な引き止めにも屈しない
まずは、退職の意思とその理由を端的に話しましょう。その際に、ポジティブな理由を伝えましょう。ネガティブな理由を言ってしまうと、口論になりかねません。

また、自信を持って、はっきりと伝えましょう。なぜなら、自信のなさにつけ込んで、強引な引き止めを行ってくる場合もあります。

強引な引き止めに屈しないようにしましょう。

退職する際に、準備するものは?

退職する際に、準備するものを紹介します。

退職する際に準備するもの
  • 退職願や退職届
  • 仕事の引継ぎ
  • 転居を伴う場合、転出届や郵便の転送
それぞれ説明します。

退職願や退職届

退職をする際に、必ず必要になるものが「退職願・退職届」になります。

それぞれの違いについて見ていきましょう!

・退職願:上司と話し合い、退職の意思が承認された後に提出する書類です。会社によって書式が違うので、各自で確認しましょう。

・退職届:正式に退職日が確定した後に提出する書類です。

法的には、口頭のみでも良いとされていますが、後々揉め事に発展する恐れがあるので、書類として提出した方が良いでしょう。

仕事の引継ぎ

円満退職をするために、必要なこととして、「仕事の引継ぎ」があります。

私も退職した際に、仕事の引き継ぎを行いましたので、経験もふまえて説明します。

具体的には、以下のことを行います。

  • 引き継ぎ資料の作成:自分が行っていた仕事のノウハウを資料にまとめます。仕事の進め方や注意点などを書いておくと良いです。
  • 引き継ぎ資料の説明会:作成した引継ぎ資料を引き継ぎ先の同僚に展開して、説明します。業務知識や作業途中の仕事などを共有します。

引き継ぎ資料の作成は、早めに作業しておいた方が良いです。退職日の2週間前には作成〜説明まで終えているとベストです。

転居を伴う場合、転出届や郵便の転送

転居を伴う場合、「転出届や郵便の転送」も行いましょう。

それぞれの説明は以下のとおりです。

・転出届:自分の住所を変更するための手続きです。役所で手続きする事ができます。必ず、引っ越した先で転入届も行いましょう。

・郵便の転送:旧住所宛の郵便物を新住所に転送するサービスです。郵便局で手続きする事ができます。

どちらも忘れずに行いましょう。

退職を切り出す際の注意点

次に、「退職を切り出す際の注意点」についてお話しします。

退職を切り出す際の注意点
  • アポイントメールでは、退職を気づかれないようにする
  • 退職を切り出す際は、メールでなく、対面で直接伝える
  • ネガティブな退職理由を言わない

それぞれ説明します。

アポイントメールでは、退職を気づかれないようにする

退職を切り出す前に、上司にアポイントを取ります。

そのときのアポイントメールでは、なるべく「退職」という文字を使わないようにしましょう。

なぜなら、退職を切り出す前に、上司から引き止めをされてしまうからです。

スムーズに退職を切り出すためにも、アポイントメールには「退職」を匂わす文面は控えましょう。

退職を切り出す際は、メールではなく、対面で直接伝える

退職を切り出す際は、メールではなく「対面」で伝えるようにしましょう。

なぜなら、退職という重要な事項をメールだけで説明されても、上司は納得できませんし、「非常識だ!」と言われてしまう恐れがあります。

メールだけで伝えても、結局話し合いの場が設けられるので、最初から対面で伝えることをおすすめします。

ネガティブな退職理由を言わない

退職だけでなく、転職活動でも共通して言える事ですが、「ネガティブな退職理由を言う事」は避けましょう!

なぜなら、強引な引き止めに合ってしまう恐れがあるからです。

例えば、「人間関係が原因で退職したい!」といったとします。

すると、上司は「部署やチームの異動をするから、退職をしないでくれ!」と返してきます。

ネガティブな退職理由を言うよりも、「今の会社ではできない事がしたい!」などポジティブな理由を言った方が引き止めに合う可能性が低くなります。

円満に退職するためには、ネガティブな退職理由は控えましょう。

転職を成功させてから、退職を切り出そう

これまで、退職の切り出し方についての話題に触れてきました。

しかし、退職を切り出すのは、転職に成功させてからにしましょう。

理由としては、以下のことが挙げられます。

  • キャリアの空白期間ができてしまうから
  • 退職後に転職活動をすると、金銭面や精神的に負担がかかるから
これから転職活動を始める方におすすめの転職エージェントを紹介します。
おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください