小売業を辞めたい理由とは?【2chの口コミやおすすめ転職先を紹介】

今回は、「小売を辞めたい理由とは?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・小売を辞めたいと思っている

・小売から転職するためにはどうすればいいか?

小売で働いているが、このまま我慢して働き続けることが辛いと感じている人も多いでしょう。

この記事では、「小売を辞めたいと思う理由」や「おすすめの転職先」を紹介します。

また、「転職活動を成功するためのノウハウ」や「円満退職するための方法」もお伝えしますので、最後まで読んでくれると嬉しいです。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

小売業を辞めたいと思う理由5選

次に、小売業を辞めたいと思う理由を5つ紹介します。

小売業を辞めたいと思う理由

・業界の給与水準が低い

・休みが少ない

・サービス残業が多い

・将来性がない

・転勤が多い

それぞれ説明します。

【理由1】業界の給与水準が低い

1つ目の理由として、「業界の給与水準が低い」ということです。

以下の図は、dodaが発表している業種別平均年収ランキングです。

業界名平均年収
メーカー454万円
総合商社448万円
IT/通信446万円
金融436万円
メディカル427万円
建設/プラント/不動産417万円
インターネット/広告/メディア406万円
専門商社403万円
サービス367万円
小売/外食351万円

表を見ても分かる通り、小売業界は10業種中最下位にランクインしています。

給料面で不満が出ることは仕方のないことかもしれませんね。

【理由2】休みが少ない

2つ目の理由として、「休みが少ない」ことが挙げられます。

以下の図は、年間休日日数が少ない業界TOP10を表した図です。

業界名年間休日数
コンビニエンスストア95.8
外食/レストラン96.0
芸能/芸術99.1
理容/美容/エステ105.0
放送108.2
専門店/小売店108.2
レジャー/アミューズメント108.3
ホテル/旅館108.8
建設設計109.1
ゼネコン/サブコン109.8

「コンビニエンスストア」や「外食/レストラン」など小売業が上位にランクインしています。

休日が少ないことで、仕事の疲れが取れないので、辞めたくなるのでしょう。

【理由3】サービス残業が多い

3つ目の理由として、「サービス残業が多い」ことが挙げられます。

小売業はサービス残業が常態化していることで有名です。

定時で帰宅することはほとんどなく、長時間労働が当たり前だと言われています。それなのに、残業代が出ない店舗も多いです。

社風が古く、「サービス残業が当たり前」と言った雰囲気が残っています。その社風に合わずに、他業界に転職する人が多いです。

【理由4】将来性がない

4つ目の理由として、「将来性がない」ことが挙げられます。

小売業の社員は、今後人員が削減されると言われています。

なぜなら、EC(Amazonでも購入)やレジ自動化などにより、店員が必要最小限になるからです。

そのため、小売業で働くことに将来性がないのです。

【理由5】転勤が多い

5つ目の理由として、「転勤が多い」と言うことが挙げられます。

大手企業の場合、全国各地に店舗があるため、転勤も多いです。

そのため、「結婚」や「一戸建ての購入」など人生設計が立てづらくなります。

また、妻子持ちである場合、妻や子どもが新しい環境に馴染めないこともあるので、注意が必要です。

小売業って実際どうなの?|2ch(5ch)の投稿を参考に

小売業の実態を2ch(5ch)の投稿を参考にしてみていきましょう。

21風吹けば名無し2020/08/11(火) 01:35:18.21ID:mkIyAUpQM
小売業は激務で薄給やんけ

22風吹けば名無し2020/08/11(火) 01:35:28.57ID:ZP7mD/2ur
スーパーって上に行けば行くほど給料上がるで
ちな平ワイは250

これらの投稿を見る限りでは、給料面はあまり良くなさそうですね。また、給料が低い割に、仕事が忙しいことが伺えます。

18風吹けば名無し2020/08/11(火) 01:34:51.21ID:aZZnSWmJ0
スーパー勤務やが大体平均は400ってとこやな
ボーナスは期待できんし不定休みでお盆年末休み無いしおすすめはできん

ボーナスが低く、休みが取りにくいことも小売業の特徴と言えますね。

小売業から転職を成功させる方法

小売を辞めて、転職に成功する方法を紹介します。

小売を辞めて、転職に成功する方法

・ネガティブな退職理由を伝えない

・働きながら、転職活動をする

・転職エージェントに相談する

それぞれ説明していきます。

ネガティブな退職理由を伝えない

1つ目の対処法として、「ネガティブな退職理由を伝えない」と言うことです。

「サービス残業に嫌気がさした」などネガティブな理由で退職したとしても、転職活動では前向きな退職理由を伝えるようにしましょう。

ネガティブな退職理由を伝えられると、「またすぐに辞めるのではないか?」と思われかねません。

ポジティブな退職理由を伝えることで、「この会社で働きたい意欲が高い!」と評価してくれます。

実際に、前職で嫌なことがあっても、前向きな退職理由を伝えましょう!

働きながら、転職活動をする

2つ目の対処法は、「働きながら、転職活動をする」ということです。

なぜなら、退職してから、転職活動をすると、収入が途絶えてしまい、金銭的な余裕がなくなってしまうからです。

金銭的な余裕がなくなることで、転職活動を焦ってしまい失敗してしまうリスクが上がります。

働きながらでは、「時間がない・・・」と悩み方には、転職エージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェントに登録することのメリットは以下の通りです。
以上のサポートにより、働きながらでも、効率的に転職活動を進めることができます。

転職エージェントに相談する

3つ目の対処法は、「転職エージェントに相談する」です。

転職することを決めた人だけでなく、キャリア相談を受けるだけでも問題ありません。

転職エージェントは、履歴書添削や面接対策だけでなく、キャリア相談なども無料で行っているので、自分のキャリアで悩んでいる人はオススメです。

転職活動を視野に入れている人は、転職エージェントに登録してみるのもありだと思います。


また、転職エージェントのメリット・デメリットをまとめた記事もありますので、参考までに読んでみてください。

小売業から転職したい|おすすめの転職先4選

小売業から転職する際に、おすすめする転職先を4つ紹介します。

小売業におすすめする転職先
  • 営業職
  • 人材コーディネーター
  • 事務職
  • システムエンジニア
それぞれ説明していきます。

【おすすめ転職先1】営業職

1つ目のおすすめ転職先は、「営業職」です。

営業力は、コミュニケーション能力が高い人材を欲しているため、小売業で鍛えられた対人スキルが活かせる職種です。

また、営業職を募集している求人は多く、ハードルも低いため、未経験の方にもおすすめできます。

そして、給与水準も高く、良い成績をあげればインセンティブとしてボーナスも支給されます。

給料面に不満がある方は、営業職をおすすめします。

【おすすめ転職先2】人材コーディネーター

2つ目のおすすめ転職先は、「人材コーディネーター」です。

人材コーディネーターは、「人材紹介会社」や「人材派遣会社」に勤めて、利用者に転職アドバイスなどを行う仕事です。

求められるスキル・性格は、対人スキルに長けており、人と話すことが好きな人に向いている職種です。

もし、小売業で接客が好きだった方は、人材コーディネーターをおすすめします。

【おすすめ転職先3】事務職

3つ目のおすすめ転職先は、「事務職」です。

事務職の特徴は、以下のとおりです。
そのため、プライベートの時間を確保したい人やゆったり働きたい人に向いています。

小売業でなかなか休みが取れなくて嫌な思いをした人におすすめします。

【おすすめ転職先4】システムエンジニア

4つ目のおすすめ転職先は、「システムエンジニア」です。

システムエンジニアでは小売業のスキルが活かせないと思っていますが、そんなことはありません。

IT業界では、コミュニケーション能力が高い人材が少ないため、小売業で培われた対人スキルを重宝する会社は多いです。

また、IT業界は将来性があり、今後も成長する業界であることは間違いありません。

そのため、小売業の将来性に不安を感じている方は、システムエンジニアがオススメです。

小売業を辞めたいなら、転職エージェントに相談しよう

これまで対処法を紹介しましたが、それでも仕事を続けられない場合は、転職を視野に入れましょう。

転職エージェントに相談することで、効率的に転職活動を進められます。

次に、おすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

小売業を円満に退職する方法

次に、円満に退職する方法を紹介します。

小売業を円満に退職する方法
  • 事前に退職する意思を同僚に伝えない
  • 引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える
それぞれ説明します。

事前に退職する意思を同僚に伝えない

正式に退職する意思を上司に伝える前に、同僚などに相談するのはおすすめしません。

噂話はすぐに広まってしまいますので、知られたくない上司の耳にも入ってしまう恐れがあります。

また、強引な引き止めや異動の勧めなどをされるため、余計メンタルを消耗してしまいます。

退職するマナーとして、「まずは直属の上司に退職する意思を伝える」と言うことを肝に銘じておきましょう。

引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える

止める際には、自分が行ってきた業務の引き継ぎをする必要があります。

そのため、余裕を持って、退職の意思を伝えましょう。

法律的には、「2週間前に退職する意思を伝えれば問題ない」と言われていますが、円満に退職するためには、引継ぎ期間を意識しましょう。

円満に退職できない場合は、「退職代行サービス」を利用しましょう

こちらが円満に退職しようとしても、「強引や引き止め」や「脅し」などにより、なかなか辞められないことがあります。

企業側も人手不足に悩んでいるため、仕方がないことではあります。

どうしても、円満に退職できない場合には、「退職代行サービス」がおすすめです。

退職代行のメリット・デメリット

退職代行のメリット・デメリットを紹介します。
退職代行を利用することで、上司と会わずに退職ができることが最大のメリットです。「上司との言い争い」などが原因で、なかなか退職できないと言う人は多いですからね。

また、有給を取得できるように交渉もしてくれます。そのため、給料をもらいながら、転職活動の準備などができます。

しかし、費用が高いことがデメリットです。3万円〜5万円かかってしまうので、本当に困っている人以外は、高上がりに感じるでしょう。

おすすめ退職代行サービス

最後に、おすすめの退職代行サービスを紹介します。

【おすすめ退職代行サービス】

EXIT|転職決定実績No.1
※スピード退職が可能であり、退職成功率100%を誇る。

退職代行 Jobs|あなたに寄り添う退職代行エージェント
※弁護士が監修しており、24時間365時間対応してくれる。

これらの退職代行サービスは、大手であり、信頼と実績は業界トップクラスです。

興味を持った人は、無料相談を受けてみると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください