栄養士をすぐに辞めたいと思う5つの理由【転職は早い方がいい】

栄養士をすぐに辞めたいと思う理由

今回は、「栄養士をすぐに辞めたいと思う5つの理由」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 労働時間が長過ぎて辛い
  • こんなに給料が安いとは思わなかった

「過酷な労働環境」や「仕事内容」などが原因で、栄養士を辞めたいと思っている人はとても多いです。

でも、なかなか転職に踏み込めないのが事実です。

せっかく難しい国家資格を取得して、栄養士になったのですから、すんなり辞められないのは当然でしょう。

しかし、ストレスが溜まる仕事を続けることは、オススメしません。

この記事では、「栄養士を辞めたいと思う理由」や「今の職場環境を改善する方法」などについて紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


栄養士を辞めたいと思う理由5選

栄養士を辞めたいと思う理由を5つ紹介します。

栄養士を辞めたいと思う理由
  • 労働時間が長い割に、給料が安い
  • 責任が重い
  • 女性社会であり、人間関係が最悪
  • 想像していた仕事内容と異なっていた
  • 労働環境が悪い

それぞれ説明します。

【理由①】労働時間が長い割に、給料が安い

栄養士は、労働時間が長い割に給料が安いです。

残業50時間は当たり前?

Twitterを調べていると、以下のような口コミを発見しました。

仕事辞めたい てか栄養士の資格とって、調理とちょろっと事務やるだけなら、いっそ調理業務だけでよくない? 残業ばっかり多くて、趣味に使う時間が無くなって、今月先月どちらも残業50時間越え 新入社員にここまで残業させる? 人手不足なのはわかるけど、ヘルプとか来てマジで 残業6時間とか笑えない -Twitterから引用

私はシステムエンジニアをしていましたが、月残業時間50時間を超えることはありませんでした。いかに、栄養士の仕事が過酷であるかが分かります。

栄養士の平均年収は他の職種に比べると低め

マイナビ転職が発表している『2020年版職種別モデル年収ランキング』を見てみましょう。

栄養士の過酷な現場
  • 栄養士の年収:400万円
  • 一般事務の年収:439万円
  • 看護師の年収:492万円
  • 内勤営業:582万円

女性が多く勤めている職種で比較しましたが、栄養士の年収は他の職種に比べて低いことがわかります。

【理由②】責任が重い

新人やパートでも関係なく、責任が重い業務を任されることがあります。

現場に飛び込んだと思えば、給与は低いし、管理栄養士1人あたりの責任重い。それがつらくて一般企業事務へ転職で流れることもあり、待遇はずっと低いまま。このような負のループが続いていると感じる。 ーTwitterから引用

献立作成や調理が主な仕事内容なので、一歩間違えれば、命に関わることになりかねないです。

また、ろくに引継ぎもされずに、新人が責任者を任されるようなケースもあります。

責任が重い上に、給与も低いのでは、一般企業に転職する人が多いのもしょうがないですよね。

【理由③】女性社会であり、人間関係が最悪

栄養士は圧倒的に女性比率が多く、職場では女性社会になることがあります。そのため、人間関係のトラブルが頻繁に起こります。

仕事は好きだけど、パワハラがある

仕事は好きだけど今の勤め先ホント最悪だから辞めたい

施設の栄養士の性格最悪すぎて一歩間違えたらパワハラレベル ーTwitterより引用

仕事内容は好きなのに、職場の人間関係で悩んでいる人は多そうです。また、捉え方によってはパワハラになりうることもあるみたいです。

陰口を言われて辛い

なんなのあの先輩栄養士 いちいち文句ばっかり言ってきて

しかもいない人の悪口言ってるし 階段から落ちて怪我したのは自業自得だってよ

そんなこと口に出して言わなくてもいいじゃん もう仕事ばっくれたい 栄養士辞めたい ーTwitterより引用

自分の陰口を言われると、社員同士で不信感が湧いてきます。

また、人間関係のトラブルは、自分ではどうしようもないことが多いため、会社を辞めてしまう人は多いです。

【理由④】想像していた仕事内容と異なっていた

「調理や献立作成をやりたかったのに、なぜか事務作業や肉体労働をしている・・・」といった意見が多いです。

実際、栄養士の仕事は種類が多く、職場によって様々です。

栄養士っぽいことをしていない・・・

あーほんま仕事辞めたい辞めたい辞めたい

しんどいまま嫌な思いのまま仕事してても楽しくないおもんない辛いだけやしー

そもそも栄養士業務ほぼしてないしやらしてもらわれへんしー

なんで栄養士やのに調理できないと異動先ないん?おかしない?あーほんまこんなんなるために専門いって資格とったんちゃう ーTwitterより引用

長い間、栄養士の主業務をできないと、不満が募るでしょう。その結果、自分のやりたい仕事ができる職ばに転職するケースが多いです。

【理由⑤】労働環境が悪い

労働環境が悪いこと理由の1つとして挙げられます。

具体的には、以下のようなことが原因だと言われています。

栄養士の過酷な現場
  • 食器用洗剤による肌荒れ
  • 30度を超える厨房の暑さ

マスク着用を義務化している職場では、さらに暑さを感じてしまうでしょう。

また、忙しい職場の場合は水分補給する時間もないため、熱中症になる危険性もあります。

今の職場環境を改善する方法

栄養士を辞める前に、今の職場を改善できるかどうかを考えましょう。

具体的には、以下の方法があります。

今の職場環境を改善する方法
  • 会話の頻度を減らし、聞き役になる
  • 同僚に仕事を手伝ってもらう
  • 人事部に相談する
  • 資格を取得して、仕事の幅を増やす

それぞれ説明します。

会話の頻度を減らし、聞き役になる

人間関係のトラブルは、コミュニケーションが原因であることが多いです。そのため、必要以上のコミュニケーションを取らないようにすることが重要です。

主に、「業務連絡」や「仕事内容の相談」以外では、コミュニケーションを取らないことをオススメします。

また、「この人を変えよう!」とは思わない方がいいです。なぜなら、年齢を重ねるごとに、人の価値観は変化しづらくなるからです。もし、トラブルの相手が30代以上であれば、その人を変える努力は無駄になることが多いです。

仲の悪い人と話す場合は、聞き役に徹しましょう。

だいたい、仲の悪い人と話し合うときは、だいたい意見の食い違いが生じます。そのため、聞き役に徹して、その人の意見を尊重しましょう。

それらを行うことで人間関係のトラブルが軽減するでしょう。

同僚に手伝ってもらう

栄養士の辞めたい理由に、「労働時間が長い」という理由がありました。

そのため、同僚に手伝ってもらうことが良いでしょう。

しかし、「職場の人間関係が悪い」や「同僚の忙しくて頼める雰囲気ではない」といった場合には、手伝ってもらうことは難しいでしょう。

人事部に相談する

自分が希望する仕事ができない場合、人事部に相談して、異動を申し出ることも有効です。

献立作成や調理ができないからと言って、「転職しよう!」と考えるのはリスクが大き過ぎます。

まずは、今の会社で自分のやりたい仕事ができるのかどうか確認してからでも良いと思います。

資格を取得して仕事の幅を増やす

栄養士の仕事が自分に向いていないと感じた場合、資格を取得して仕事の幅を増やすのも良いでしょう。

資格を取得していることで、未経験の業種に転職することも可能です。未経験の転職では、「その業界に挑戦する意欲」が問われます。

そのため、関連した資格を取得しておくことで、転職意欲をアピールできます。

栄養士から転職を成功させるポイント

栄養士から転職を成功させるポイントを解説します。

栄養士から転職を成功させるポイント
  • 在職中に転職活動をする
  • 自己分析を徹底する
  • 未経験転職の場合、業界研究を行う
  • 履歴書作成や面接対策を転職エージェントに相談する

それそれ説明します。

在職中に転職活動する

「仕事が辛過ぎて早く辞めたい・・・」や「辞めてから、転職活動をしたい!」と思ってしまいますが、あまりオススメしません。

転職活動をする場合は、会社を辞める前にしましょう。

会社を辞めてから転職活動をしてしまうと、以下のようなデメリットが生じてしまいます。

会社を辞めてから転職活動をしてしまうデメリット
  • 金銭面で余裕がなくなる
  • 妥協せざるを得ない状況に陥る
  • 焦りが生じて、面接で本来の実力が発揮できない

それらのデメリットがあるため、在職中に転職活動を行うようにしましょう!

自己分析を徹底する

また、自己分析を徹底することで、転職活動で失敗する可能性がグッと下がります。

自己分析で抑えておくべきポイントは、以下の通りです。

自己分析で抑えておくべきポイント
  • 自分のキャリアを振り返る
  • 何をやりたいかを明確にする
  • 何ができるのかを洗い出す
  • 自分に求められていることを整理する

自己分析の詳細については以下の記事に記載してあります。

未経験転職の場合、業界研究を行う

未経験の業界に転職を希望している場合は、業界研究も力を入れる必要があります。

業界についての知識が身についていないと、自己PRや志望動機の内容が浅くなってしまいます。

業界研究や企業研究を行う際に、抑えておくべきポイントを紹介します。

業界研究や企業研究を行う際に抑えておくべきポイント
  • 信頼できる情報を参考にする
  • 同業種転職 or 他業種転職を決める
  • 事前に自己分析も行う

業界研究についての詳細は以下の記事に記載しています。

履歴書作成や面接対策を転職エージェントに相談する

転職活動では、書類審査と企業面接が待ち構えています。それらをパスするためには、履歴書作成と面接対策が不可欠になります。

しかし、「転職活動が初めての方」や「不安を感じている方」にとっては、履歴書作成や面接対策はハードルが高いですよね。ましてや、栄養士の仕事をしながら転職活動の準備をするのは、至難の技です。

そのため、転職エージェントに協力してもらうことをオススメします。

転職エージェントを利用することで以下のサポートを受けることができます。

転職エージェントのサポート
  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 履歴書作成の手伝い
  • 面接対策の手伝い
  • 給与交渉
  • 採用企業に求職者の強みを売り込む

以上のサポートを受けることができます。転職活動を効率的に進めたい方は、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか!

転職活動の準備も行いましょう。

今の職場が限界であり、改善が見込めない場合は、転職活動をオススメします。

転職活動を行うときに、私がおすすめする転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください