会社に居場所がない人は退職すべき?【転職をして環境をリセットしよう】

今回は、「会社に居場所がない人は退職すべき?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・会社に居場所がなくてツラい・・・

・居場所がない時の対処法を知りたい

人間関係が上手くいかずに、会社に居場所がないと感じてしまう人は少なくありません。

その状況が辛いと感じてしまい、退職を検討しているが、本当に退職してしまっていいものか不安になりますよね。

この記事では、「会社に居場所がない原因」や「居場所がない人への解決策」について説明していきます。

会社に居場所がないとどうなる?

まずは、居場所のない会社で働き続けることのデメリットが3つほどあるので、紹介します。

【居場所のない会社で働き続けるデメリット】

・出世ができない

・ストレスがかかり、うつになる可能性がある

・スキルが身につかない

それぞれ説明します。

出世ができない

1つ目のデメリットは、「出世ができない」ということです。

居場所がないと感じる会社で働いていても、出世することは難しいでしょう。

なぜなら、出世をするためには、社内の人間関係を良好にする必要があるからです。

出世したい場合は、他の会社に転職して、転職先で出世を目指した方が効率的でしょう。

ストレスがかかり、うつになる可能性がある

2つ目のデメリットは、「ストレスがかかり、うつになる可能性がある」ということです。

会社に居心地が悪いと感じることで、疎外感や孤独感に苛まれて、精神的な負荷がかかります。

そして、最悪の場合、うつになってしまうことがあります。

うつになってしまっては、治るまでに時間がかかり、キャリアアップに機会失ってしまいます。

本当に辛いと思う前に、転職することをおすすめします。

スキルが身につかない

3つ目のデメリットは、「スキルが身につかない」ということです。

上司から仕事が振られないことで、会社に居場所がないと感じている人は、スキルが身につかない恐れがあります

業務経験を積むことで、スキルアップできますが、社内ニートだった場合は、スキルが身に付きません。

無駄な時間を過ごすよりも、教育制度が充実している会社に転職した方が良いでしょう。

また、スキルが身につかないまま、40代を迎えてしまうと、転職が難しくなってしまうので、30代までに転職することをおすすめします。

会社に居場所がないと感じる場面

まずは、会社に居場所がないと感じてしまう場面を具体的に紹介していきます。

【会社に居場所がないと感じる場面】

・上司から仕事が振られない

・会社の飲み会が居心地悪いと感じる

・同僚との雑談がない

それぞれ説明していきます。

上司から仕事が振られない

1つ目は、「上司から仕事が振られない」です。

上司から仕事が振られずに、業務時間内も暇を持て余している状態になるということです。

楽なように思われがちですが、会社に必要とされていないということは、疎外感を感じます。

そのため、疎外感から「会社に居場所がない」と感じてしまうのでしょう。派遣社員やアルバイトは、待遇も悪く、安定しないことが多いです。

twitterでも以下のような口コミがあります。

会社、行ってるんだけど営業は出来なくて社内ニート状態だからいろいろ考えてしまって辛いんだな 多少忙しい方がいい…贅沢だろうか

@saku_5_317(twitterより引用)

社内ニートよりも、少し忙しいくらいが、疎外感がなくて良いのかもしれませんね。

会社の飲み会が居心地悪いと感じる

2つ目は、「会社の飲み会が居心地悪いと感じる」です。

会社の飲み会で話し相手がいないことで、孤独感を感じてしまい、居心地が悪いと思ってしまうケースです。

また、会社の飲み会では、苦手な上司とも過ごさなきゃいけないので、ストレスに感じてしまう人は多いでしょう。

同僚が悪口・陰口を話していたら、居心地悪くなるのは当然ですね。

同僚との雑談がない

3つ目は、「同僚との雑談がない」です。

休憩中に雑談ができずに、居心地の悪さを感じる人は少なくないでしょう。

普段からコミュニケーションを頻繁に取っていないことで、わからないことを質問しづらくなってしまうので、仕事にも支障をきたしてしまいます。

仕事のパフォーマンスを落とさないためにも、普段からコミュニケーションを欠かさず行うことをおすすめします。

会社に居場所がない人の特徴

次に、会社に居場所がない人の特徴について紹介します。

【会社に居場所がない人の特徴】

・空気が読めない

・愛想が悪い

・仕事のミスが多い

・コミュニケーションが苦手

それぞれ説明します。

空気が読めない

1つ目の特徴が、「空気が読めない」です。

空気を読むことは、組織で働く上で重要な能力です。

空気を読めないことで、同僚から反感を買ってしまい、足を引っ張られる恐れがあるからです。

また、同僚からの信頼も失ってしまうので、会社の居心地が悪くなってしまいます。

空気が読めない人の特徴を理解しておきましょう。

【空気が読めない人の特徴】

・相手の立場になって考えられない

・言いたいことズバズバ言ってしまう

・自分勝手な行動をしてしまう

当てはまる項目があった場合は、注意してください。

愛想が悪い

2つ目の特徴は、「愛想が悪い」ということです。

愛想が悪いことで、同僚からの印象が悪くなり、嫌われてしまう恐れがあります。

表情が暗かったり、笑顔がないと、「話しかけたくない!」と思われてしまいます。

いずれにしても、愛想が悪いことで、良い人間関係が築きにくくなります。

愛想が悪い人の特徴は以下の通りです。

【愛想が悪い人の特徴】

・笑顔がない

・表情が暗い or 表情が無い

・声に抑揚がなく、掴みどころがわからない

愛想が悪いことで、居心地が悪くなる傾向にあるので、気をつけましょう。

仕事のミスが多い

3目の特徴として、「仕事のミスが多い」ことです。

仕事のミスが多いことで、同僚からの信頼を失ってしまうので、会社の居心地が悪くなってしまいます。

また、ミスが多いことで、「あいつに仕事を任せたくない!」と思われてしまうので、疎外感を感じてしまうこともあります。

ミスが多い人の特徴を、具体的に挙げます。

【ミスが多い人の特徴】

・セルフチェックを行わない

・上司に仕事のやり方を聞かない

自分で成果物をチェックすることは、ミスを減らす上でとても重要なことです。

また、デキる上司に仕事のやり方を聞くことで、ミスを減らすことができるかもしれないので、相談してみると良いでしょう。

コミュニケーションが苦手

4つ目の特徴として、「コミュニケーションが苦手」ということが挙げられます。

コミュニケーションが苦手であることで、同僚との間に溝が生じてしまうことがあります。

そのため、わからないことも聞きづらくなりますし、仕事もしづらくなります。

一見、意味のなさそうなコミュニケーションも、後々役に立つ場合も多いので、普段から雑談をしておくと良いです。

会社に居場所がない場合の解決策

最後に、会社に居場所がない場合の解決策を紹介します。

【会社に居場所がない場合の解決策】

・良い人間関係を築く

・信頼される振る舞いをする

・転職を検討する

それぞれ説明します。

良い人間関係を築く

1つ目の解決策は、「良い人間関係を築く」ということです。

人間関係が良好であるだけで、居心地の悪さが軽減されるでしょう。

良い人間関係を築く方法は、以下の通りです。

【良い人間関係を築く方法】

・愛想よく振る舞う

・しっかり挨拶をする

・コミュニケーションを頻繁に行う

コミュニケーションが苦手な人には、ハードルが高い方法かもしれません。

しかし、良い人間関係を築くには、有効なので、覚えておくと良いでしょう。

信頼される振る舞いをする

2つ目の解決策は、「信頼される振る舞いをする」ということです。

会社に居場所がなくなる原因として、同僚から信頼をないことが考えられます。

そのため、常日頃から信頼される振る舞いをすることが大切です。

具体的な信頼される振る舞いを紹介します。

【信頼される振る舞い】

・仕事のミスを少なくする

・頼まれたことをしっかりこなす

・わからないことは上司に質問する

特に、仕事のミスが多いことで、同僚からの信頼を失ってしまうので、注意しましょう。

転職を検討する

3つ目の解決策は、「転職を検討する」ということです。

「人間関係が修復不可能である場合」や「信頼が取り戻せない場合」は、転職を検討することをおすすめします。

そもそも自分1人の努力で、「人間関係を修復すること」や「信頼を取り戻すこと」はとても困難です。

そのため、新たな環境で再スタートすることが、最も手っ取り早い方法だと考えています。

また、転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動を進めることができます。

具体的に転職エージェントから受けられるサポート内容を紹介します。

【転職エージェントのサポート内容】

・興味のある求人を紹介してくれる

・キャリア面談を行ってくれる

・履歴書添削や面接対策に協力してくれる

・企業に求職者の強みを売り込んでくれる

・内定後のアフターフォローも行ってくれる

以上のようなサポートを受けることができます。

もちろん、自力で就職活動をすることもできますが、求人応募〜内定受諾まで1人で行う必要があるので、なかなかハードルが高いと思います。

少しでも就職活動に不安を感じる人は、転職エージェントに相談してみるのもアリです。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

リクルートエージェント

[box05 title=”リクルートエージェントの特徴”]

:求人数が国内トップクラス
20万件以上の求人数を保有している。

:圧倒的な転職実績
累計40万件以上の転職実績を誇っており、転職ノウハウが豊富である。

[/box05]

業界トップの求人数と転職実績を持っています。そのため、求人探しにはおすすめの転職エージェントになります。

doda

[box05 title=”dodaの特徴”]

:転職満足度No.1
年収500万〜年収1000万の求人多数

:地方転職・Uターン転職でもOK
幅広い求人が揃っている。

[/box05]

転職満足度No.1を誇り、多くの利用者に評価されています。

また、幅広い求人が揃っているので、地方転職・Uターン転職にはオススメです。

パソナキャリア

[box05 title=”パソナキャリアの特徴”]

:幅広い年代におすすめ
求人数が多いので、幅広い年代にオススメできます。

:転職サポートが充実
キャリア面談〜面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

[/box05]

パソナキャリアは業界トップクラスの求人数なので、幅広い年代にオススメできます。

また、転職サポートも充実しており、キャリア面談や履歴書添削、面接対策など手厚いサポートが受けられます。

マイナビエージェント

[box05 title=”マイナビエージェントの特徴”]

:20代・第二新卒にオススメ
20代・第二新卒向けの求人が多数

:転職サポートの質が高い
若手に向けた転職サポートは業界トップクラスです。

[/box05]

20代の若者にオススメできる転職エージェントです。第二新卒などの業務経験が浅い人でも問題ありません。

転職サポートの質が高いので、未経験業界や転職初心者でも安心して利用できます。

転職活動でよくある質問

[box05 title=”よくある質問”] ・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

[/box05]

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください