新潟のおすすめ転職エージェント4選【未経験でも大丈夫です】

新潟転職エージェント

今回は、「新潟のおすすめ転職エージェント4選」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 新潟で転職したいがどの転職エージェントを選ぶべきかわからない
  • 新潟で転職を成功させる方法を知りたい

この記事を読むことで、「新潟の転職事情」や「新潟のオススメ転職エージェント」などが理解できます。また、新潟で転職を成功させる方法も書いてあるので、最後まで読んでみてください。

新潟のオススメ転職エージェント4選

まずは、新潟でオススメする転職エージェントを4つ紹介します。

上記の4社は、「新潟で転職をすること」にフォーカスして、厳選しました。

厳選した際の基準は以下のとおりです。

[box05 title=”厳選した基準”]

・新潟での求人数:新潟の求人数が多いこと
・転職実績数:新潟での転職実績数が多いこと
・アドバイザーの質:新潟での転職市場に精通しており、手厚いサポートをしてくれること

[/box05]

もちろん、他の転職エージェントも優秀であることは間違いありません。しかし、新潟の転職で考えると、4社がベストです。

新潟で転職するなら、複数登録しよう

転職エージェントは1つだけでなく、複数登録しておくと良いでしょう。

理由は2つあります。

  • 多くの求人から自分にあった仕事を探せる
  • 自分に合うキャリアアドバイザーと出会える

多くの求人から自分にあった仕事を探せる

単純に多くの転職エージェントに登録することで、多くの求人に触れることができるので、自分にあった仕事を探しやすくなります。

もちろん、基本的に扱っている求人はどのエージェントもあまり代わり映えしません。

しかし、たまに独占求人などもあるため、複数の転職エージェントに登録して、選択肢を増やすことが賢い方法でしょう。

自分に合うキャリアアドバイザーと出会える

複数登録のメリットは、単純に多くの求人を見られることだけではありません。

転職エージェントごとに、アドバイザーの特徴があったり、強みにしている業界も異なるため、自分に合ったアドバイザーを選ぶことが転職成功への近道になります。

そのため、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うアドバイザーと巡り合うことが重要なのです。

新潟の転職市場を理解しよう

次に、新潟の転職市場を理解する必要があるでしょう。

  • 新潟の平均年収
  • 新潟の有効求人倍率
  • 新潟の上場企業

新潟の平均年収

新潟の平均年収を見ていきましょう。

以下の表は、都道府県別の平均年収ランキングになります。「dodaの平均年収ランキング2019」より引用しました。

順位 都道府県 平均年収
37位 福岡県 371万円
38位 鹿児島県 371万円
39位 新潟県 368万円
40位 青森県 368万円
41位 佐賀県 363万円

意外にも、新潟は平均年収が全国39位であり、高水準であることがわかります。その要因として、「都心に遠いこと」や「地価や物価が低いこと」が挙げられます。

また、良い求人を探す際にも、ヒントになります。新潟の平均年収を考慮して、求人を探すことで、年収が妥当であるかを判断することができます。

良い求人を探す際の判断材料にしてみてください!

新潟の有効求人倍率

市町村別の有効求人倍率を見て、どこの地域が有利に転職できるかを確認しましょう。

一般的に、有効求人倍率が高い市町村は、転職しやすい傾向にあります。逆に有効求人倍率が低い市町村では、転職しにくい傾向にあるため、注意しましょう。

基準は1倍以上です。1倍以下だと、転職者との競争になってしまうため、実力があっても転職できない場合があります。

以下の表は、市町村別の有効求人倍率を表しています。

市町村名 有効求人倍率
新潟 2.04倍
新発田 1.13倍
新津 2.45倍
1.41倍
佐渡 1.01倍
村上 1.35倍
長岡 1.44倍
三条 2.18倍
十日町 1.12倍
南魚沼 2.36倍
上越 1.53倍
柏崎 1.26倍
糸魚川 1.52倍

引用:厚生労働省新潟労働局 地域別求人倍率(令和元年12月)

新潟では、「南魚沼」の有効求人倍率が一番高いため、転職しやすい傾向にあり、逆に、「佐渡」の有効求人倍率がいちばん低いため、転職しにくい傾向にあります。

もちろん、働く場所は重要ですが、転職のしやすさで職場を選ぶことも重要ですよ!

新潟の上場企業

新潟に本社がある上場企業について紹介していきます。

以下の表は、新潟に本社がある上場企業をまとめた表になります。

会社名 住所
株式会社ハードオフコーポレーション 新潟県新発田市新栄町3丁目1番13号
株式会社オーシャンシステム 新潟県三条市西本成寺2丁目26番57号
株式会社トップカルチャー 新潟県新潟市西区小針4丁目9番1号
株式会社コメリ 新潟県新潟市南区清水4501番地1
株式会社新潟放送 新潟県新潟市中央区川岸町3丁目18番地
新潟交通株式会社 新潟県新潟市中央区万代1丁目6番1号
株式会社ブルボン 新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号
亀田製菓株式会社 新潟県新潟市江南区亀田工業団地3丁目1番1号
岩塚製菓株式会社 新潟県長岡市浦9750番地
株式会社セイヒョー 新潟県新潟市北区島見町2434番地10
第一建設工業株式会社 新潟県新潟市中央区八千代1丁目4番34号
セコム上信越株式会社 新潟県新潟市中央区新光町1番地10
株式会社第四北越フィナンシャルグループ 新潟県長岡市大手通2丁目2番地14
株式会社大光銀行 新潟県長岡市大手通1丁目5番地6

みなさんも知っている企業があるのではないでしょうか!

上場しているということは、「情報の開示」や「経営状況の報告」を行っており、信頼できる企業であるということです。新潟で安定した企業に転職したい場合は、これらの企業をチェックしてみると良さそうですよ。

新潟の転職体験談

新潟の転職体験談を紹介します。成功例と失敗例の2つに分けて紹介していきます。

新潟での転職成功例

転職に成功させた方の例です。

[chat face=”man1″ name=”30歳男性
新潟在住” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

人間関係が悪い職場に耐えられず、前の職場を辞めました。転職先も人間関係で不安でしたが、リクルートエージェントの方が親身になって調査してくださって、満足のいく職場に転職できました。

[/chat] [chat face=”woman1″ name=”29歳女性
佐渡在住” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

営業職から事務職に転職しました。土日祝日が休みなので、プライベートがとても充実しています。また、ノルマもないので、精神的に楽になりました。

[/chat]

転職エージェントをうまく活用して、転職に成功させています。

また、土地柄や転職事情に詳しくないため、不安に感じると思います。その時はアドバイザーに相談できますので、安心してください。

新潟での転職失敗例

次に、転職失敗例を紹介していきます。

まずは、「やりたい仕事ができない人」の例です。

[chat face=”man1″ name=”27歳男性
三条在住” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

中小企業に転職しました。残業時間が多い割に、給料が見合っていなくて、辛いです。求人には、平均残業時間が少なめに記載されていたため、油断していました。

[/chat] [chat face=”woman1″ name=”30歳女性
上越在住” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

雰囲気はゆったりとしていて、居心地が良いのですが、あまり私には合っていませんでした。もっとバリバリ働きたかったので、完全にミスマッチです。

[/chat]

転職は、会社に入ってみないとわからないこともあります。しかし、事前に知り得る情報は、リサーチしておくと、失敗する確率を下げられるでしょう。

まとめ

今回は、新潟で転職する際に、オススメする転職エージェントの紹介をしました。

転職は、キャリアプランを考える上で、最も重要なことの1つであり、慎重に決める必要があると思います。もし、転職活動が不安と思う方は、以下の転職エージェントを活用することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください