ニートにおすすめする転職エージェント7選【職歴なしから正社員】

今回は、「ニートにおすすめする転職エージェント7選」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・ニートで転職エージェントって使えるの?

・ニートにオススメの転職エージェントを教えて欲しい!

この記事は、数多くの転職エージェントを比較して、ニートにオススメできる転職エージェントを紹介します。

また、人それぞれ目指している年収やキャリアも異なると思うので、それぞれ解説していきます。

ニートでも転職エージェントを利用した方が良い理由

まず、ニートでも転職エージェントを利用した方が良い理由について説明していきます。

・ニート向けの転職サポートが受けられる

・ハローワークや転職サイトよりも手厚いサポートが受けられる

ニート向けの転職サポートが受けられる

ニートの場合、「正社員就職できるか?」「自分に合う求人に出会えるのか?」など不安になると思います。

ニート向けの転職エージェントを利用すれば、実現できる可能性が高まります。

転職エージェントでは、「ニートに特化した転職サポート」を提供してくれます。

また、「未経験OK」や「ニート歓迎」などの求人も多く掲載されているので、おすすめです。

ニートから正社員就職に興味のある方は、転職エージェントを登録してみてください。

ハローワークや転職サイトよりも手厚いサポートが受けられる

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトよりも手厚いサポートが受けられます。

具体的には、以下のようなサポートです。

1.豊富な求人を紹介

2.専任アドバイザーのキャリアカウンセリング

3.マンツーマンで書類添削

4.面接対策

5.企業との調整・交渉

6.退職交渉をフォロー

利用者の転職活動を全面的にサポートしてくれるため、転職初心者でも安心して利用できます。

ハローワークや転職サイトと比較してみましょう。

転職エージェント転職サイトハローワーク
求人数
気軽さ
キャリア相談
面接対策
アフターフォロー

3つを比較しても、「転職エージェント」が最も手厚いサポートが受けられることがわかります。

もちろん、一人一人担当者がつくので、気軽ではありませんが、力強い味方になってくれるでしょう。

ニートが転職エージェントを選ぶときのポイントは?

次に、ニートが転職エージェントを選ぶときのポイントについて、解説していきます。

抑えておくべきポイントは2点あります。

1.ニートに特化した転職エージェントを選ぶ

2.複数の転職エージェントに登録する

ニートに特化した転職エージェントを選ぶ

次に、ニートに特化した転職エージェントは選ぶべきです。

なぜなら、ニートから正社員に就職するためには、キャリアアドバイザーの協力が必須だからです。

そして、ニートに特化した転職エージェントには、豊富な転職ノウハウが蓄積されているため、転職成功率を高めてくれます。

逆に、以下のような転職エージェントは避けてください。

避けるべき転職エージェント

・ハイクラス・エグゼクティブ転職に特化した転職エージェント
→敷居が高いため、登録で断られる可能性が高い(例:JACリクルートメント)

・ヘッドハンティング型転職エージェント
→キャリアに自信がないと、サービスを最大限活かせない。(例:ビズリーチ)

転職エージェント選びには、細心の注意を払うようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録しよう

転職エージェントは1つだけでなく、複数登録しておくと良いでしょう。

理由は2つあります。

  • 多くの求人から自分にあった仕事を探せる
  • 自分に合うキャリアアドバイザーと出会える

多くの求人から自分にあった仕事を探せる

単純に多くの転職エージェントに登録することで、多くの求人に触れることができるので、自分にあった仕事を探しやすくなります。

もちろん、基本的に扱っている求人はどのエージェントもあまり代わり映えしません。

しかし、たまに独占求人などもあるため、複数の転職エージェントに登録して、選択肢を増やすことが賢い方法でしょう。

自分に合うキャリアアドバイザーと出会える

複数登録のメリットは、単純に多くの求人を見られることだけではありません。

転職エージェントごとに、アドバイザーの特徴があったり、強みにしている業界も異なるため、自分に合ったアドバイザーを選ぶことが転職成功への近道になります。

そのため、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うアドバイザーと巡り合うことが重要なのです。

ニートにおすすめする転職エージェント7選

ニートにおすすめする転職エージェントは以下の6つです。

【ニートにオススメする転職エージェント】

『ハタラクティブ』:第二新卒・ニート・既卒向けの転職エージェント
【公式】https://hataractive.jp

・『DYM就職』:未経験から正社員就職をサポート
【公式】https://www.dshu.jp

・『ウズキャリ既卒』:企業の審査が厳しいので、信頼できる企業を紹介しない
【公式】https://uzuz.jp

・『ジェイック(JAIC)』:営業職に特化している転職エージェント
【公式】https://www.jaic-g.com

・『就職Shop』:幅広い業種の就職実績がある
【公式】https://www.ss-shop.jp

・『エン転職』:転職後のアフターフォローが充実している
【公式】https://employment.en-japan.com

ハタラクティブ

まずは、ハタラクティブについて解説していきます。

【ハタラクティブの特徴】

:未経験から正社員に就職可能
掲載求人には、人柄を重視する企業が多いです。

◎:幅広い業種に就職できる
IT・営業・事務など満遍なく就職実績があります。

△:拠点が大都市のみである
首都圏・大阪・福岡・愛知に限定されている。

業界No.1の求人数と転職実績を誇る転職エージェントであり、誰でもオススメできます。

DYM就職

次に、DYM就職について解説します。

業界No.2の求人数
13万件以上の求人数を保有している。

転職イベントを積極的に開催している
転職フェアや転職セミナーなどで、社員と話し合うことができる。

求人の質が悪い
求人が多い分、質の悪い求人が紛れ込んでいる。

リクルートエージェントに次で業界No.2の求人数と転職実績があります。補完的な意味でもdodaへの登録することをオススメします。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒の評価・口コミは以下の通りです。

:既卒転職にオススメ
ウズキャリ既卒に特化した転職サポートが受けられる。

◎:ブラック企業を除外している
厳しい判定基準を設けており、ブラック企業を紹介しないようになっている。

△:カウンセリング・面接対策が長すぎる
カウンセリングや面接対策に2時間かけるため、人によってはウザく感じてしまう。

外資系企業やハイクラスの転職を希望の方にはおすすめの転職エージェントです。

ジェイック(Jaic)

ジェイックの評価・口コミは以下の通りです。

・『ジェイック』:営業職に特化した転職エージェント
【公式】https://www.jaic-g.com

:営業職転職に強い

◎:キャリア・経歴に自信がない人におすすめ

△:営業職ばかり紹介される

キャリアに自信がない人が営業職への転職を希望の方にはおすすめの転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopの評価・口コミは以下の通りです。

:未経験から正社員に就職可能
掲載求人には、人柄を重視する企業が多いです。

◎:幅広い業種に就職できる
IT・営業・事務など満遍なく就職実績があります。

△:拠点が大都市のみである
首都圏・大阪・福岡・愛知に限定されている。

ニート・フリーター・既卒の方にはおすすめの転職エージェントです。

エン転職

エン転職の評価・口コミは以下の通りです。

:転職後のアフタフォローが充実
転職が決まった後も、3年間はサポートしてくれる

◎:求人情報が信用できる
1社ずつ独占取材をしているので、求人情報が信頼できる

△:求人数が少ない
しっかり求人を厳選しているため求人数は少なめです。

転職後が不安な方にはおすすめの転職エージェントです。

ニートの転職活動でよくある質問

転職活動でよくある質問をまとめて回答します。気になる質問があったら、ご覧ください。

・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください