24歳ニート・職歴なしでも正社員就職できる?【高卒・未経験でも大丈夫】

24歳ニート

今回は、「24歳ニート・職歴なしでも正社員就職できる?【高卒・未経験でも大丈夫】」というテーマでお話しします。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・24歳ニートでも正社員として就職できるか不安な人

・正社員として就職を成功する方法を知りたい人

ニートで職歴のない人であれば、就職できるかどうか不安だと思います。しかし、24歳の若さであれば、ニートから正社員に就職することは可能です。

この記事では、「24歳ニートから正社員として就職する方法」を紹介します。

24歳ニートから正社員に就職した方が良い理由

「無理に正社員として働く意味ってあるの?」と思う人も中にはいるでしょう。しかし、ニートと正社員では大きな格差が生じてしまいます。

ニートから正社員として就職した方が良い理由は、以下の通りです。

・賃金の格差

・福利厚生の格差

・社会的ステータスの格差

賃金の格差

まず、正社員とニートでは、「賃金の格差」が広がります。

正社員の生涯賃金は「2億円〜3億円」とも言われています。しかし、ニートの場合、賃金は発生しません。

そして、正社員は昇給制度があるので、実績を積んでスキルを磨けば、給料がどんどん増えていきます。

そのため、できるだけ早く正社員として働くことをオススメします。

福利厚生の格差

次に、「福利厚生の格差」について説明します。

「正社員じゃなくて、フリーターになってバイト生活でもいいのでは?」と考える人もいますが、福利厚生の差があるので、正社員になることをオススメします。

正社員の特権:「住宅補助」・「交通費全額支給」・「有給制度あり」

フリーターの権利:「住宅補助なし」・「交通費一部支給」・「有給制度なし」

以上のことから、正社員の方が、待遇は手厚いです。特別な事情がないなら、正社員として働くことをオススメします。

社会的ステータスの格差

そして、「社会的ステータスの格差」も顕著になります。

ニートの場合、多くのことで損をすることがあります。

・クレジットカードの作成やグレードアップ

・住宅ローンや借金

・個人的なお願い事など

様々な点で、ニートは社会の恩恵を受けられないことがあるので、注意してください。

24歳ニートから正社員として就職できるの?

24歳なら若さが評価されるため、「転職市場価値が高い」です。

・24歳は企業からのニーズがある

・未経験でも採用される可能性が高い

24歳は企業からのニーズがある

24歳は、就職・転職ではとても需要があり、企業が欲している年代なのです。

エン転職が調査したアンケートでは、以下のような結果が出ています。

企業側に聞いた「採用された方の年齢は何歳ですか?」(複数回答可)

割合
19歳以下3%
20歳〜24歳37%
25歳〜29歳66%
30歳〜34歳59%
35歳〜39歳40%
40歳〜44歳33%
45歳〜49歳13%
50歳以上16%

24歳であれば、37%の企業が採用されています。そのため、年齢で不利になることはなさそうです。

未経験でも採用される可能性が高い

また、24歳であれば、未経験の業界でも就職は可能です。

経験やスキルよりもポテンシャルを重視して採用される傾向にあります。

主に、「就業意欲」や「学習意欲」が求められます。また、謙虚な姿勢や環境適応能力なども欲しいです。

無理に「できますアピール」をするよりも、若手らしく振る舞った方が印象は良いでしょう。

24歳ニートが正社員就職を成功させるコツ

24歳ニートが正社員として就職するコツについてお話しします。

・ポジティブになる

・自分の価値観を明確にする

・空白期間の過ごし方を明確にする

・ビジネスマナーを復習する

・面接対策をしっかり行う

ポジティブになる

まずは、ポジティブになることを強くオススメします。

「後ろ向きな考え」が目立つと、採用担当者に悪い印象を与えます。また、「自信のなさ」もなくした方が良いです。

一緒に働くなら、働く気力のある若手と働きたいですからね。

自分の価値観を明確にする

自分の価値観を明確にすることが就職成功へのカギになります。

「自分は何を重視して会社を選ぶのか?」を考えてみましょう。

「給料」や「やりがい」、「人間関係」など様々ですが、事前に明確にすると、就職後のギャップが減りますよ。

「1つに決められない!」という人は、優先順位だけでも決めると良いでしょう。

空白期間の過ごし方を明確にする

ニートから正社員に就職する際、最大の課題になる「空白期間の過ごし方」には細心の注意を払う必要があります。

面接で「空白期間はどのように過ごされていたのですか?」という質問に対するおすすめの答えは以下のとおりです。

・【おすすめ】資格取得の勉強をしていた

・療養中のため(診断書を求められる可能性あり)

・【最終手段】家族の介護をしていた

もちろん、おすすめは「資格取得の勉強をしていた!」と答えることです。話も広がりますし、就業意欲や学習意欲がアピールできます。

また、ポテンシャルも期待できるため、採用される可能性が高いです。

他の2つはバレる恐れがあるので、実際に行っていない場合は言わない方が良いでしょう。

ビジネスマナーを復習する

若い人材は採用されやすいと言っても、「最低限のビジネスマナー」を身についている必要があります。

例えば、以下のようなことは徹底しましょう。

・元気よくあいさつする

・立ち姿勢や座る姿勢

・面接での言葉遣い

面接前には、ポイントをおさえておきましょう。

面接対策をしっかり行う

そして、面接対策をしっかり行うことが大切です。

・謙虚な姿勢で受け答えをする。

・志望度が高いことをアピールする。

・ポジティブな志望動機を言う。

・前職の悪口を言わない。

また、場馴れすることも大切なので、面接の模擬練習をすることもおすすめです。

24歳ニートにおすすめの転職エージェント

24歳ニートにおすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

3つ全てが、「ニートから正社員に就職させること」に特化した転職エージェントになっています。

みなさんの味方になってくれることは間違いないです。

転職活動でよくある質問

最後に、転職活動でよくある質問をまとめてみたので、参考にしてみてください。

・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください