【転職するか悩む・・・】後悔しない転職の判断基準とは?

転職するか悩む

今回は、「【転職するか悩む】後悔しない転職の判断基準とは?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 転職を検討しているけど、実際に行動できない
  • 内定をもらったけど、本当に転職していいか不安

今の職場に不満を持っていて、転職をしたいと思っているが、なかなか行動できないものです。

転職は、キャリアを決める上で重要なイベントであり、様々な悩みが生まれます。例えば、「給与は上がるのか?」や「人間関係がうまくいかないのでは?」など人それぞれです。

いろんなことで悩んでしまうなら、「判断基準」を設けることで、転職活動を始めるきっかけになるかもしれません。

この記事では、「転職を迷った時の判断基準」や「転職活動を行う時の注意点」を解説していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


転職を迷った時の判断基準

転職活動を始めるための明確な基準を設けることで、行動に踏み切ることができます。

まずは、転職を迷った時の判断基準を紹介していきます。

転職を迷った時の判断基準
  • 今の職場で学べることがあるか
  • マネジメントの経験をしたか
  • 現職のメリットを捨ててまで、転職するメリットはあるのか
  • 人間関係は修復可能かどうか

それぞれ説明します。

【判断基準①】今の職場で学べることがあるか

入社して3年以上経つと、仕事が慣れてきて日々の作業がルーティン化します。その状態になると、業務をこなすだけでは成長できなくなり、やりがいも失われていきます。

仕事が慣れてくると、日々の業務が楽に思えてしまうので、その環境に甘んじてしまう気持ちも出てきます。しかし、ぬるま湯にいつまでもいると、市場価値が上がらないまま年齢だけが上がってしまいます。

これ以上、今の職場で成長できないと実感した時が、転職する時期になります。

【判断基準②】マネジメントの経験をしたか

次に、今の会社でマネジメントの経験をしたかどうかも判断基準になります。

特に、30代後半の方は、マネジメントの経験を積んでから転職された方が無難です。なぜなら、マネジメント人材の市場価値が高く、良い待遇で働くことができるからです。

また、マネジメント人材になれるかどうかの分岐点は30代後半だと言われています。30代の方は、マネジメント経験を積んでから転職しても遅くはないでしょう!

【判断基準③】現職のメリットを捨ててまで、転職するメリットはあるのか

少なからず、現職に不満があるから転職を検討しているのだと思います。しかし、今の会社で働くメリットもあるはずです。

例えば、「今の会社は残業時間が多いが、基本給や福利厚生が良い会社」を挙げてみます。仮に残業時間が少ない会社に転職できても、待遇面が下がってしまうリスクもあるわけです。

現職のメリットを捨ててまで、転職するメリットはあるのかどうかを考えてみると良いでしょう。

【判断基準④】人間関係は修復可能かどうか

人間関係が原因で、今の会社を辞めたいと思っている方も多いでしょう。

しかし、人間関係の問題は、今の会社だけでなく、転職先の会社でも起こりえます。そのため、「今の会社では何が原因だったのか?」や「修復は可能なのか?」を考える必要があります。

もちろん、人間関係の問題は1人の努力ではどうにもならないこともあります。しかし、今後同じ状況に陥った時でも対応できるように、人間関係の修復を試みるのは良いでしょう。

もし、人間関係が修復不可能だった場合は、転職を視野に入れることをお勧めします。

1人で決断できない人は、相談相手を作ろう!

判断基準を紹介してきましたが、やはり1人で決断するのは勇気が入りますよね。

1人で決断することが難しい方は、以下の相手に相談するようにしましょう。

転職を相談する相手
  • 転職経験者に相談する
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ説明します。

転職経験者に相談する

転職するか悩んでいる方は、実際に転職を経験されている方のお話を聞いてみるといいかもしれません。

多くの経験者に聞くことで、「成功体験」や「失敗体験」を聞くことができるので、悩みや迷いが解消されることでしょう。

相談相手を選ぶ際には、できるだけ「ポジション」や「キャリア」が同じ人を選ぶと良いです。なぜなら、「ポジション」や「キャリア」がかけ離れていると、転職の判断基準が異なるため、参考にならない可能性があります。

会社や学生時代の同期に相談を乗ってもらうことをお勧めします。

転職エージェントに相談する

次に、転職エージェントに相談することも良いです。なぜなら、数多くの転職実績を積んでいるため、皆さんの悩みを解消する手伝いをしてくれます。

転職エージェントでは、以下のようなことが相談できます。

転職エージェントに相談できること
  • 転職するべきかどうか
  • 自己分析や業界研究
  • 履歴書作成や面接対策
  • 給与交渉や退職相談

多くのことに関して相談に乗ってくれるので、転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職活動を行う時の注意点

最後に転職活動を行う時の注意点について解説していきます。

転職活動を行う時の注意点
  • 在職中に転職活動する
  • 未経験転職の場合、関連する資格を取得しておく
  • 転職活動の準備を十分に行う

それぞれ説明します。

【注意点①】在職中に転職活動をする

会社を辞めずに、働きながら転職活動を行うことをお勧めします。

理由は、以下の通りです。

在職中に転職活動を行うべき理由
  • 金銭面で余裕がなくなる
  • 転職先がなかなか決まらずに焦ってしまう
  • 転職先を妥協してしまう

一度、会社を辞めてしまうと、金銭面でも精神面でも余裕がなくなり、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

必ず、在職中に転職活動しましょう。

【注意点②】未経験転職の場合、関連する資格を取得しておく

20代前半であれば、未経験転職でも容易に転職することが可能でしょう。

しかし、20代後半以上になると、ある程度のスキルと業界知識が求められます。そのため、未経験転職の場合は、関連する資格を取得することをお勧めします。

また、業界を問わずに転職活動で役に立つ資格もあるので、取得してみましょう。

【注意点③】転職活動の準備を十分に行う

転職活動の準備を十分に行うことで、書類審査や企業面接の通過率をあげましょう。

気になる企業が見つかったとしても、採用されなければ意味がありません。

しかし、働きながら、転職活動を行うのはとても大変なことですよね。そのため、転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動の準備を行うことができます。

転職エージェントでは、履歴書の添削や面接練習、有利になる情報の提供を行ってくれるので、とても助かりますよね。

最後に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

悩みや迷いが解消したら、転職活動をはじめよう!

この記事では、「判断基準」や「相談すべき相手」、「注意点」などを紹介しました。これらを実践することで、少しは悩みや迷いが解消できたのではないでしょうか。

もし、解消できた方は、転職活動を始めましょう!

最後におすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください