転職と再就職は何が違うのか?【どちらが有利なのかを解説】

今回は、「転職と再就職は何が違うのか?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・転職と再就職って何が違うのかわからない

・どちらが有利なのか教えて欲しい

「転職」や「再就職」といった言葉自体は、聞いたことあるでしょう。しかし、明確な違いについては意識したことはなかったと思います。

また、転職と再就職ではどちらの方が、内定獲得に有利なのか気になりますよね。

この記事では、「転職と再就職の違い」や「転職と再就職ではどちらが有利なのか?」などを紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


転職と再就職の違いとは?

まずは、転職と再就職の違いについて解説します。

転職と再就職の違い
  • 転職:在職中に、別の会社を見つけて、その会社に就職すること
  • 再就職:退職後に、次に勤める会社を見つけて、その会社に就職すること

ここでポイントなのが、「在職中 or 退職後」と言うことです。

また、イメージとしては、「転職は20代〜30代がキャリアアップを目的としたもの」であり、「再就職は中高年が働くことを目的としたもの」とされています。

しかし、実際はそんなことないです。

在職中に活動していれば転職となり、退職後に活動していれば再就職となります。

転職のメリット・デメリット

次に、転職のメリット・デメリットについて説明します。

転職のメリット

まずは、転職のメリットについてお話しします。

転職のメリット
  • 金銭面で余裕がある
  • 自分を安売りしなくても良い

転職のメリット①:金銭面で余裕がある

在職中に転職活動をしているため、安定した収入が確保できます。なので、長期戦になっても、焦らずに転職活動することができます。

転職活動は意外と出費が多いです。「交通費や生活費」など、1ヶ月間でも相当かかります。

また、金銭的な不安を持つことで、心の余裕が保てなくなり、転職活動に全力を注げないことがあります。

在職中であれば、お金の心配をしなくて良いので、大きなメリットになり得ますね。

転職のメリット②:自分を安売りしなくても良い

在職中の会社と比較して仕事を探すことができるので、自分を安売りしなくても良くなります。

失業中の場合、何がなんでも就職しなければならないので、「再就職が目的になりがちになります。

在職中であれば、自分に合わないと思ったら、内定を断ることもできます。いやいや入社してまたすぐに辞めたくなると言うリスクは避けられそうです。

転職のデメリット

次に、転職のデメリットについてお話しします。

転職のデメリット
  • 転職活動する時間がない
  • 会社にバレて、トラブルに巻き込まれるリスクがある
それぞれ説明していきます。

転職のデメリット①:転職活動する時間がない

仕事をしながら転職活動しなければいけないため、準備や面接に使える時間が少ないです。

そのため、体力的な負担は大きくなります。

しかし、転職エージェントを利用することで、この問題は解消されるでしょう。

転職エージェントを利用することで、「求人紹介」や「履歴書添削・面接対策」などを手伝ってくれるので、大幅な時間短縮を見込めます。

転職のデメリット②:会社にバレて、トラブルに巻き込まれるリスクがある

また、転職活動を行なっていることを会社にバレて、トラブルに巻き込まれることがあります。

会社側は、できる限り会社に留まって欲しいと思っているので、「強引な引き止め」や「有給を取らせない」といった嫌がらせを受ける場合もあります。

そのため、会社では、転職サイトを見たり、転職エージェントの担当者とメールすることは控えましょう。

再就職のメリット・デメリット

再就職のメリットとデメリットを解説していきます。

再就職のメリット

再就職のメリットは以下のとおりです。

再就職のメリット
  • 時間に余裕がある
  • 会社や同僚に気を使う必要がない
それぞれ説明します。

再就職のメリット①:時間に余裕がある

一度、仕事を辞めることで、再就職活動に専念することができ、時間にも余裕ができます。

時間的な制約がないので、事前準備に多くの時間を費やすことができますし、面接スケジュールにも困ることもありません。

再就職を成功させるためには、事前準備が重要になるので、その点では退職後に活動した方が有利になります。

再就職のメリット②:会社や同僚に気を使う必要がない

再就職の場合、会社や同僚に気を使うことなく、再就職活動をすることができます。

また、「会社や同僚にバレて、問題になったらどうしよう・・・」といった心配をすることもありません。

余計な心配をすることなく、再就職活動に打ち込めるので、成功率も上がりますよね。

再就職のデメリット

再就職のデメリットについて解説していきます。

再就職のデメリット
  • 採用担当者からの評価が下がる
  • 長期戦になった場合、金銭的な余裕がなくなる
  • 妥協しなければいけなくなる
それぞれ説明していきます。

再就職のデメリット①:採用担当者からの評価が下がる

失業中であることで、採用担当者からの評価が下がる場合があります。

もちろん、退職後1ヶ月〜3ヶ月であれば極端に下がることはありませんが、1年以上失業中だった場合、評価が下がる可能性は高いです。

採用担当者側からしたら、「なんで在職中に転職活動をしなかったんだろう?」と疑問に思います。

その疑問にきちんと答えられれば良いですが、おどおどしてしまうと不採用になってしまう恐れがあります。

いずれにしても不利であることに変わりはないでしょう。

再就職のデメリット②:長期戦になった場合、金銭的な余裕がなくなる

再就職活動が長期戦になった場合、金銭的に余裕がなくなってしまうことです。

再就職活動にかかる期間は、「平均3ヶ月〜6ヶ月」だと言われており、6ヶ月間生活できるだけの資金が必要になります。

また、再就職活動には「交通費や準備費用」などがかかり、予想以上に出費が大きいです。

そして、金銭的に余裕がなくなってしまうと、本来の実力が発揮できなくなり、再就職に成功する確率も下がってしまいます。

再就職のデメリット③:妥協しなければいけなくなる

もし、6ヶ月間過ぎても、再就職先が決まらなかった場合、妥協する必要がでてきます。

希望通りの就職先に就ける見込みがないまま、費用と時間だけがかかってしまうと、生活が危うくなります。

そのため、再就職の場合、妥協する必要があります。

転職と再就職ではどちらが有利なのか?

ここまで、転職と再就職のメリット・デメリットをお話ししてきました。

結局、どちらの方が有利なのか?

結論は、転職の方が有利になります。

なぜなら、転職活動の最大のデメリットである「時間の余裕がない問題」については、転職エージェントを利用することで、解消できるからです。

また、再就職のデメリットである「採用担当者からの評価が低い問題」に関しては、割と挽回することが困難であるため、再就職の方が不利になるでしょう。

そのため、転職エージェントに登録して、転職活動を行うことが一番効率的であることがわかりました。

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください