転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェント断られる理由

今回は「転職エージェントに断られる理由」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んでほしいです。

・なぜ転職エージェントに登録を断られるのか

・代わりにどのように転職活動を進めていけば良いのか

転職エージェントに登録を断られて悩んでいる人は多いと思います。

しかし、そこまで悲観する必要はありません。

この記事では、「転職エージェントに断られる理由」と「今後の転職活動の進め方」を解説していきます。

転職エージェントに断られる理由

転職エージェントには、それぞれ審査基準が設けられており、その基準に満たない場合は「登録を断られること」があります。

転職エージェントに断られてしまう理由は以下の通りです。

[box05 title=”転職エージェントに断られてしまう理由”] ・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である
[/box05]

転職回数が多い

あまりにも転職回数が多い場合、転職エージェントは敬遠する傾向があります。

なぜなら、転職回数が多いほど転職成功率が下がるからです。できるだけ転職を成功させやすい人に利用してほしいですからね。

もちろん、キャリアアップのために複数回転職されている方は、例外だと思います。

しかし、ネガティブな理由で転職回数が多い人は注意しましょう。

空白期間・ブランク期間が長い

空白期間・ブランク期間が長い人は、転職エージェントに断られてしまうことがあります。

3ヶ月〜半年程度なら、登録できるエージェントは多いと思いますが、空白期間が1年以上空いている場合は、断られる可能性が高いです。

しかし、空白期間・ブランク期間が長くても、登録できる転職エージェントも存在するため、そちらを利用しましょう。

社会人経験がない

学校を卒業した後、社会人経験がないまま、転職エージェントに登録しようとすると、断られる可能性があります。

しかし、最近では、既卒向け転職エージェントが存在しているので、そちらを利用すれば、登録が可能です。

[box05 title=”既卒向け転職エージェント”] ・DYM転職
【公式】https://www.dshu.jp
[/box05]

対象外の地域に住んでいる

地域密着型の転職エージェントがあり、対象の地域に住んでいない場合、登録を断られることがあります。

もちろん、直接合わずに電話でキャリア面談を行うこともできますが、オススメしません。やはり、電話よりも対面で面談をした方が、意思疎通がとりやすいです。

年齢が対象外である

年齢制限を設けている転職エージェントもあります。例を挙げると、「20代限定」や「年収600万円以上」などをよく見かけますよね。

そのため、登録するときは、登録条件などもよくチェックしましょう。

希望の業界・業種が対象外である

希望の業界・業種が対象外だった場合も、登録を拒否されてしまいます。

中には「業界特化型」のエージェントもあり、「IT業界限定」や「コンサル業界限定」などの条件があります。

エージェントがどの業界に重視しているのかを確認しましょう。

職務経歴が特殊である

職務経歴が特殊すぎて、登録を断られることもあります。

例えば、以下の通りです。

・自営業

・芸能人や舞台俳優

・アンダーグラウンドな仕事

もちろん、特殊な職務経歴を高く評価するエージェントもありますが、一般的には敬遠される傾向にあるので、注意しましょう。

転職エージェントに断られた時の対処法

転職エージェントに断られたからと言って、転職を諦めるのは早すぎます。

次に転職エージェントに断られた時の対処法について解説します。

[box05 title=”転職エージェントに断られた時の対処法”] ・違う転職エージェントに登録する
・転職サイトに登録する
・自力で転職活動をする
[/box05]

違う転職エージェントに登録する

まずは、違う転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントごとに審査基準が異なります。そのため、一度断られたことがあっても、違うエージェントでは登録できる可能性があります。

[box05 title=”審査に通りやすい転職エージェント”] ・リクルートエージェント
【公式】https://www.r-agent.com

パソナキャリア
【公式】https://www.pasonacareer.jp

doda
【公式】https://doda.jp
[/box05]

もちろん、全ての人が審査に通るわけではありませんが、比較的に通りやすいエージェントになっています。

また、大手なので、アドバイザーの質も高いのが特徴です。

転職サイトに登録する

転職エージェントに登録できなかった場合は、「転職サイト」を利用することをオススメします。

転職サイトは、登録に審査を行わないので、断られることはありません。

しかし、求人探しから面接対策まで自分で行う必要があります。

[box05 title=”おすすめ転職サイト”] ・リクナビNEXT
【公式】https://next.rikunabi.com
[/box05]

自力で転職活動をする

最終手段は、自力で転職活動をすることです。

自分で企業ホームページで求人募集をチェックして、転職活動をする方法です。あまりおすすめはしませんが、誰にも頼らずに転職活動ができるのは事実です。

転職エージェントと転職サイトは信用できないという人は自力で転職活動をしてみるのも1つの手です。

転職エージェントを使わない転職を成功させる方法

転職エージェントを使わずに、転職を成功させる方法があります。

以下の手順で進めていきます。

[box05 title=”転職エージェントを使わずに転職を成功させる方法”] 1.転職活動を始める前の心構え
2.面接までの準備
3.面接対策
4.内定後の行動
[/box05]

1.転職活動を始める前の心構え

まずは、転職活動を始める前の心構えからお話ししていきます。

内容は以下の通りです。

・転職期間は3ヶ月〜6ヶ月ほどかかること

・転職が決まるまでは、現職を辞めないこと

・転職活動をしていることを周りに言わないこと

転職期間は3ヶ月〜6ヶ月ほどかかること

転職期間は意外と時間がかかります。そのため、長期戦を想定しておいてください。

「求人探し」、「必要書類作成」、「面接」などを行う必要があるので、どう時間短縮しようとしても、3ヶ月はかかります。

また、現職を辞めることを想定して、引継ぎ資料なども作成しておきましょう。

転職が決まるまでは、現職を辞めないこと

転職が決まるまでは、現職を辞めないことをオススメします。勢いで辞めてしまうと後悔する恐れがあります。

なぜかというと、会社を辞めてしまうと、転職活動期間に収入が途切れてしまうので、心の余裕がなくなってしまいます。そして、自分の実力を発揮できなくなるので、注意してください。

転職活動をしていることを周りに言わないこと

転職活動していることを周りの人に言わないことをオススメします。

なぜなら、「強引な引き止め」や「雰囲気が悪くなること」があるので、転職先から内定を頂くまでは公表しないでおきましょう。

2.面接までの準備

次に、面接までの準備について解説していきます。

具体的には、以下のような手順で進めていきます。

2ー1.転職サイトに登録する

2ー2.自分にあった求人を探す

2ー3.履歴書や職務経歴書を作成する

2ー1.転職サイトに登録する

転職活動では、求人を探すために、転職サイトに登録することをオススメします。

大手転職サイトの中で、登録した方が良いサイトは「リクナビNEXT」になります。

[box05 title=”おすすめ転職サイト”] ・リクナビNEXT
【公式】https://next.rikunabi.com
[/box05]

2ー2.自分にあった求人を探す

次に、自分にあった求人を探しましょう。

自分の価値観を分析して、仕事探しにおいて「何を重視するべきか」を考えましょう。

自分の価値観を分析することは、簡単そうに見えて、とても難しいことなので、1人でできなければ、「家族・親友」に手伝ってもらうようにしましょう。

2ー3.履歴書や職務経歴書を作成する

自分にあった求人があった場合、その求人に沿った履歴書や職務経歴書を作成しましょう。

注意してほしいことは、必ず使い回しはやめましょう!

3.面接対策

転職活動で最も大切なことが面接対策です。

大きく分けて2つの対策をしてください。

・よく聞かれる質問に対する準備をする

・面接を行う上での注意点を確認する

よく聞かれる質問に対する準備をする

割と面接中に聞かれる質問はパターン化されています。

そのため、よく聞かれる質問をリスト化して、1つ1つ対策していけば、問題ないでしょう。

不安な人は、家族・親友などに模擬面接をお願いすることをオススメします。

面接を行う上での注意点を確認する

面接を行う上での注意点を確認しましょう。

・服装や持ち物

・ビジネスマナー

不安な方は、もう一度ビジネスマナーを勉強してみましょう。

4.内定後の行動

内定後の行動も重要になるので、解説いたします。

・内定先の口コミをチェック

・現職に退職する意思を伝える

内定先の口コミをチェック

「実際は労働環境はどうなのか?」「仕事にやりがいはあるのか?」など、口コミで事前にチェックしましょう。

もちろん、実際に内定先で働いている社員と話すことが一番良いですが、口コミでもリアルな声が聞けるので、意味あると思います。

現職に退職する意思を伝える

一番辛いことですが、現職に退職する意思を伝えましょう。

もしかしたら、引き止めや脅しに合うかもしれませんが、屈することなく、引き継ぎを済ませましょう。

いざとなったら、「退職代行」に任せても良いと思います。

まとめ

今回は、「転職エージェントに断られる理由」と言うテーマでお話ししました。

要点をまとめると、以下の通りです。

・転職サイトに登録して、自力で転職活動をする

・書類審査や面接の対策を行いましょう。

・転職が決まったら、前職に退職する意思をしっかり伝えましょう。

以上のことを抑えて、転職を成功させましょう!

3 COMMENTS

転職活動で役に立つ自己分析4ステップ【転職のプロが徹底解説】 | 転職イノベ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください