転職活動における業界研究・企業研究のやり方【目的やポイントも解説】

転職活動における業界研究&企業研究

今回は、「転職活動における業界研究・企業研究のやり方」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 業界研究や企業研究のやり方がわからない・・・
  • どんなことを調べたらいいのか教えて!!

転職活動では、業界研究や企業研究はとても大切なことです。

それらを怠ってしまうことで、転職後のギャップに苦しむことになります。

そのため、正しい業界研究・企業研究のやり方を理解しましょう!

この記事では、「業界研究・企業研究のやり方」や「業界研究・企業研究を行う際に抑えておくべきポイント」について説明していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


業界研究&企業研究の目的

まずは、業界研究&企業研究の目的について紹介します。

業界研究&企業研究の目的
  • 転職後のギャップを減らす
  • 志望動機や自己PRに活かす
それぞれ説明します。

転職後のギャップを減らす

1つ目は、「転職後のギャップを減らす」ということです。

企業研究をちゃんと行うことで、「事業内容や社風」などを把握することができ、転職後のギャップを減らすことができます。

自分が思った描いたキャリアに進むためには、業界研究&企業研究は必要不可欠だと言うことです。

志望動機や自己PRに活かす

2つ目は、「志望動機や自己PRに活かす」ということです。

志望動機や自己PRを語る際には、「なぜこの会社を選んだのか?」と言う問いに答えなければいけません。その際に、「会社が注力している事業」や「今後の展望」を把握しておくことが大切です。

それらを把握するためには、業界研究&企業研究が欠かせません。

志望動機と自己PRを語る際に、抑えておくべきポイントを解説します。

志望動機:「ビジネス雑誌で特集されているのを拝見し、〇〇事業にかける御社の姿勢に感銘を受けました」など、会社特有のエピソードを加えることで説得力が増します。

自己PR:「今後〇〇に力を入れるであろう御社で、〜〜の経験を活かして貢献したいです」など、今後の展望を語ると良い印象を与えることができます。

業界研究&企業研究のやり方

次に、業界研究&企業研究のやり方について解説します。

業界研究&企業研究を行うためには、以下の手段で調べると良いでしょう。

業界研究のやり方
  • 新聞
  • 四季報
  • 転職サイト
  • 口コミサイト
  • 企業ホームページ
  • 転職エージェント

それぞれ説明していきます。

業界研究&企業研究①:新聞

新聞では、旬の情報や業界の動向を把握することができます。

特に、東洋経済や日本経済新聞などを読んでおくと良いでしょう!

また、業界全体を知りたいなら「業界地図」を活用するのがおすすめです。図で説明されているので、業界の競合関係が理解しやすいです。

業界研究&企業研究②:四季報

四季報には、「会社の事業内容や特色」、「財務指標」、「業績の推移」などが記載されています。

業界研究や企業研究を始めるなら、まず四季報から読むことをおすすめします。

業界研究&企業研究③:転職サイト

転職サイトでは、気になる企業の求人情報を閲覧することができます。

求人情報には、「求める人材」や「仕事内容」が書かれており、企業面接や書類選考で必要となる情報を知ることができます。

また、選考のポイントなども記載している企業があるので、企業面接前には確認しておきましょう。

業界研究&企業研究④:口コミサイト

口コミサイトでは、現職社員やOBなどの生の声を聞くことができます。企業の内情を知るには、欠かせない情報源だと言えます。

口コミサイトを活用する注意点としては、1人のコメントを尊重しすぎないようにしましょう。なぜなら、会社に不平不満を持っている方がコメントした可能性があり、情報に偏りが生じているからです。

偏りのあるコメントだけを見るのではなく、多くのコメントを見て会社の傾向を掴むのが良いです。

業界研究&企業研究⑤:企業ホームページ

企業ホームページでは、会社の基本情報や事例が詳しく記載されています。

応募する企業が決まった場合には、事業内容や事例を研究するのに役に立ちます。

また、社員インタビューを記載している企業が多いです。現職社員が、「会社のどこに魅力を感じているのか?・どこにやりがいを感じているのか?」を意識して調べてみると良いでしょう。

業界研究&企業研究⑥:転職エージェント

転職エージェントを利用することで、業界の動向や企業の裏事情などを知ることができます。

転職市場を把握しているため、「どの業界がアツいのか」「どんなスキルが重宝されるのか」などを共有してくれます。

また、採用企業の人事部とのつながりがあるため、インターネットや書籍では書かれていない情報を教えてくれます。

自分の仕事が忙しくて、転職活動に使う時間がない人にはおすすめです。

業界研究&企業研究を行う際に、抑えておくべきポイント

最後に、業界研究や企業研究を行う際に抑えておくべきポイントを解説します。

抑えておくべきポイント
  • 信頼できる情報を参考にする
  • 同業種転職 or 他業種転職を決める
  • 自己分析も行う

それぞれ説明します。

信頼できる情報を参考にする

当たり前のことを言っていますが、とても重要なことです。

インターネットで調べる際に、注意することが「信頼できるかどうか」なのです。

誰が書いたかわからないような記事を鵜呑みにしてしまうと、企業面接で失敗してしまいます。

調べる際には、「誰が言った情報なのか?信頼できる情報なのか?」を意識してみてください。

同業種転職 or 他業種転職を決める

同業種転職か他業種転職で、業界研究&企業研究の労力が大きく変わります。

同業種転職の場合、業界についての情報は大体把握しているため、企業研究だけで済むことがあります。

しかし、他業種転職の場合、業界の知識を身につけることから始めなければいけないので、多くの時間を割くことになります。

業界研究&企業研究を始める前に、同業種なのか他業種なのかをはっきりさせましょう。

自己分析も行う

業界研究&企業研究だけでは、志望動機や自己PRを考えることはできません。

「自分は何がしたいのか?」「自分の強み・弱みは何か?」を把握することも大切です。そして、それらを知るためには自己分析が必要になります。

転職活動を効率的に進めるためには、業界研究&企業研究と自己分析を同時並行で行いましょう。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください