個人の転職エージェントって大手と何が違うの?【メリット・デメリットを解説】

今回は、「個人の転職エージェントって大手と何が違うの?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 個人の転職エージェントのメリット・デメリットを知りたい!
  • 個人の転職エージェントは大手と比べて、何が違うの?

転職活動を始めると、個人の転職エージェントを目にする機会があると思います。

実際、個人の転職エージェントは小規模であり、利用するにはリスクがあるから使わないと言う人が多いでしょう。

この記事では、「個人の転職エージェントのメリット・デメリット」や「大手との比較して、どちらが良いのか!」について解説していきます。

おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

個人の転職エージェントってなに?

個人の転職エージェントとは、「1人または少人数で運営している転職エージェント」を指します。

現在、大手から個人まで合わせて、転職エージェントは2万社ほどあります。

大手で言えば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などがあり、転職業界で多くの実績をあげています。

しかし、個人の転職エージェントならではの強みも存在します。

そのため、大手と個人の強みを理解した上で、自分に合っている方を利用しましょう。

個人の転職エージェントのメリット

まずは、個人の転職エージェントのメリットについて解説していきます。

具体的には、4つのメリットがあります。

個人の転職エージェントのメリット
  • 利用者にマッチした求人を紹介してくれる
  • 担当者と企業で強いコネクションを持っている
  • 臨機応変に対応してくれる(土日対応など)
  • 求職者に対して真摯に向き合ってくれる

それぞれ説明します。

利用者にマッチした求人を紹介してくれる

個人の転職エージェントは、扱っている求人が少ないため、求人のニーズを詳細まで理解しています。

そのため、利用者の特性に合った求人を紹介してくれます。

個人の転職エージェントは、以下の判断基準を持って、求人を紹介してくれます。

求人紹介の判断基準
  • どんな人材を欲しているか?
  • 会社の雰囲気が利用者と合っているか?
  • 「利用者のやりたいこと」と「企業で行う業務」がマッチしているか?

担当者と企業で強いコネクションを持っている

個人の転職エージェントは、担当者と企業の間に強いコネクションがあるため、転職活動を有利に進めてくれます。

強いコネクションを持つことで、以下のような点で有利になります。

転職活動を有利に進められるポイント
  • 書類選考や第一次面接をスキップしてくれる
  • 事前に重要な情報を共有してくれる

臨機応変に対応してくれる(土日対応など)

個人の転職エージェントは、臨機応変に対応してくれます。

個人の転職エージェントは、担当する求職者の人数が少ないため、求職者1人に対して親身に対応してくれます。

逆に、大手の転職エージェントでは、多くの人を1人の担当者が受け持つため、あまり臨機応変には対応してくれません。

臨機応変に対応してくれることで、以下のようなメリットがあります。

臨機応変に対応してくれるメリット
  • 土日でもキャリア面談を受け付けてくれる
  • 面談時間を変更しやすい
  • 履歴書添削や面談対策を多く行なってくれる

求職者に対して真摯に向き合ってくれる

個人の転職エージェントは、求職者に対して、真摯に対応してくれる傾向にあります。

なぜなら、個人の転職エージェントは、大手ほどノルマに厳しいわけではないため、業績重視の対応を行いません。

もちろん、全ての個人転職エージェントが真摯に対応してくれるわけではないので、よく見極めて、利用しましょう。

業績重視の対応をしている転職エージェントの見極め方をお伝えします。

業績重視の転職エージェントの特徴
  • 求人紹介がしつこい
  • あまり転職サポートに時間を割いてくれない
  • 内定受諾を急かしてくる

個人の転職エージェントのデメリット

次に、個人の転職エージェントのデメリットを紹介します。

個人の転職エージェントのデメリット
  • 自分にあった転職エージェントが探しにくい
  • 求人数が少ない
  • 転職できる業界が制限される
  • 転職サポートの質にばらつきがある
それぞれ説明していきます。

自分にあった転職エージェントが探しにくい

個人の転職エージェントを利用することで、自分に合った転職エージェントを探しにくくなります。

なぜなら、大手の転職エージェントでは「担当者の変更」を行えばよいが、個人の転職エージェントでは「会社ごと変更」する必要があります。

そのため、相性の良い担当者を探すのに、時間と労力がかかるのです。

転職エージェントを活用する上で、相性の良い担当者を見つけることが、最も重要であることを覚えておいてください。

求人数が少ない

大手と比べて、個人の転職エージェントは、扱っている求人数が少ないです。

そのため、自分の条件に合った求人を探すことが困難になってきます。

そのほかにも、求人数が少ないことのデメリットを挙げておきます。

求人数が少ないことのデメリット
  • 会社選びの選択肢が少ない
  • 自分の条件にあった求人が見つからない
  • 希望の業種がない
個人の転職エージェントは、求人数を多く扱うよりも、「狭く深い関係」を築く傾向にあります。

転職できる業界が制限される

個人の転職エージェントでは、転職できる業界が制限されます。

興味のある業界の求人がなかったり、業界特化の転職サポートが受けられなかったり、するためです。

そもそも、興味のある業界の求人がなかったら、応募することができません。

また、未経験である場合は、業界に特化した転職サポートを受けた方が、転職成功率は高くなります。

そのため、特殊な業界である場合は、注意する必要があります。

転職サポートの質にばらつきがある

個人の転職エージェントの場合、転職サポートの質にばらつきが生じてしまいます。

大手の場合は、蓄積された転職ノウハウや圧倒的な求人数でカバーできますが、個人の転職エージェントではそれがありません。

そのため、個人の転職エージェントの場合、優秀な担当者でないと、手厚いサポートが期待できません。

個人の転職エージェントと大手の比較

次に、個人の転職エージェントと大手の転職エージェントを比較してみました。

以下の表は、個人の転職エージェントと大手の転職エージェントを比較したものです。

個人転職エージェント 大手転職エージェント
気軽さ
求人掲載数
転職成功実績数
キャリア相談
転職対策
利用料 ◎(無料) ◎(無料)

やはり、「求人掲載数」と「転職実績数」で差が出てしまいます。

とは言え、最終的には、「相性の良い担当者かどうか」が重要になってきます。

そのため、個人の転職エージェントを活用したい場合でも、「大手の転職エージェントとの併用」がおすすめです。

大手の転職エージェントと併用しましょう

個人の転職エージェントで転職サポートを受けている場合でも、大手の転職エージェントと併用することで、お互いの弱点を補い合うことができます。

次に、おすすめな大手の転職エージェントを4つ紹介します。

おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください