土日対応可能な転職エージェント5選【在職中でも利用できます】

今回は、「土日対応可能な転職エージェント5選」というテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・平日は仕事で忙しいから土日でも対応可能な転職エージェントを教えて欲しい!

・土日に面談するときの注意点も知りたい!

この記事は、土日対応可能な転職エージェントの紹介をします。また、土日に面談するときのメリットや注意点などもお話ししていきます。

ほとんどの転職エージェントが土日対応可能です!

「土日対応可能な転職エージェントなんて少ないでしょ?」と思った方もいるでしょう。

しかし、ほとんどの転職エージェントが「土日対応可能」となっています。

そのため、平日忙しい方でも、転職エージェントを利用することができるのです。

ですが、土日に転職エージェントを利用する人はたくさんいるので、早めの予約をおすすめします。

・ほとんどの転職エージェントが土日対応可能

・土日は予約が取りづらいので、早めの予約をしてください

土日対応可能な転職エージェント5選

土日対応可能な転職エージェントをニーズ別に紹介します。

・『リクルートエージェント』
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』
【公式】https://mynavi-agent.jp

・『DYM就職』
【公式】https://www.dshu.jp

リクルートエージェント

まずは、リクルートエージェントの面談時間帯・面談場所などを説明します。

リクルートエージェントの面談時間帯・面談場所
平日10:00〜19:30
土曜日10:00〜19:30
日曜日10:00〜19:30
面談場所札幌・仙台・宇都宮・千葉・東京・さいたま・横浜・名古屋・静岡・神戸・大阪・京都・岡山・広島・福岡
備考電話面談可能

リクルートエージェントは、「土日対応可能」であり、全国各地で面談できるので、おすすめです。

doda

まずは、dodaの面談時間帯・面談場所などを説明します。

dodaの面談時間帯・面談場所
平日10:00〜20:00
土曜日10:00〜18:00
日曜日対応不可
面談場所札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡
備考電話面談可能

日曜日は、対応不可なので、注意してください。

パソナキャリア

まずは、パソナキャリアの面談時間帯・面談場所などを説明します。

パソナキャリアの面談時間帯・面談場所
平日10:00〜21:00
土曜日10:00〜18:00
日曜日対応不可
面談場所東京・名古屋・大阪・静岡・広島・福岡
備考電話面談可能

パソナキャリアでは、土曜日18時まで対応してくれます。

また、日曜日は対応不可なので、注意してください。

マイナビエージェント

まずは、マイナビエージェントの面談時間帯・面談場所などを説明します。

マイナビエージェントの面談時間帯・面談場所
平日09:30〜20:30
土曜日09:30〜17:30
日曜日対応不可
面談場所札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
備考電話面談可能

土曜日は、17時半までなので、夜遅くまでは対応していません。

また、日曜日は、対応不可であることも覚えておきましょう。

DYM就職

まずは、DYM就職の面談時間帯・面談場所などを説明します。

dodaの面談時間帯・面談場所
平日10:00〜20:00
土曜日10:00〜20:00
日曜日10:00〜20:00
面談場所札幌・仙台・東京・さいたま・千葉・神奈川・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・熊本
備考電話面談可能

DYM就職についても、土日対応可能になっています。

しかし、土日の場合、枠数に限りがあるため、「土日に面談して欲しい」と伝えましょう。

土日に転職エージェントを利用するメリット

次に、土日に転職エージェントを利用するメリットについて紹介します。

・転職活動を上司や同僚に気付かれにくい

・有給を取得せずに、転職活動ができる

・リフレッシュした状態で、転職活動に臨める

それぞれ解説していきます。

転職活動を上司や同僚に気付かれにくい

土日に利用することで、「転職活動を上司や同僚に気付かれにくい」と言うのが、メリットとして挙げられます。

早めに退社したり、服装がいつもよりキッチリしていると、余計な詮索が入り、気持ちよく転職活動ができません。

土日に転職活動をすることでこのようなことを回避することができます。

有給を取得せずに、転職活動ができる

土日にキャリア面談を予約することで、「有給を取得せずに転職活動ができる」ので、とてもおすすめです。

平日の昼間に転職活動をすると、有給を消化する必要がでてきます。

職場によっては、有給取得に消極的だったり、理由を聞いてくることがあったりします。

土日に転職活動をすることで、有給を取得した理由を聞かれることもないので、気兼ねなく転職活動を行うことができます。

リフレッシュした状態で、転職活動に臨める

土日に転職エージェントを利用することで、リフレッシュした状態で、転職活動に臨む事が出来ます。

平日の夜ですと、仕事終わりの疲れた状態で転職活動をしなければならないので、本来のパフォーマンスが発揮できない可能性があります。

転職活動は、人生で重要な選択になるので、万全な状態で臨みたいですよね。

土日に転職エージェントを利用する際の注意点

土日に転職エージェントを利用する際の注意点を解説します。

具体的には、以下の2点あります。

・できる限り早くキャリア面談の予約を入れる

・忙しい場合は、電話面談でもOK

できる限り早くキャリア面談の予約を入れる

意外と、土日に転職エージェントを利用する人は多いです。そのため、予約が埋まってしまう事があります。

なので、自分の予定がわかり次第に、できる限り早く予約を入れることをおすすめします。

最悪、違う予定が入ってしまっても、予約をキャンセルすることもできるので、気軽にキャリア面談の予約を入れておきましょう。

忙しい場合は、電話面談でもOK

仕事が忙しかったり、自宅から面談場所までの距離が遠い場合は、電話での面談もOKです。

ほとんどの転職エージェントが電話面談可能なので、気軽に利用してみましょう。

しかし、特別な理由がない場合は、「対面での面談」をおすすめしています。

理由としては、利用者の「人間性」や「表情」などが分からなくなってしまうので、転職エージェントは利用者の強みを引き出す事が困難になってしまいます。

企業に推薦するときも、利用者の強みはできる限り多く発見した方が良いので、対面での面談をオススメしています。

転職活動でよくある質問

転職活動でよくある質問をまとめて回答します。気になる質問があったら、ご覧ください。

・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください