総合商社を辞めたい・・・【転職ノウハウや円満退職の方法を解説】

今回は、「総合商社を辞めたい・・・」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • 総合商社を辞めたいと思っている
  • オススメの転職先を教えてほしい
総合商社で働いているが、このまま我慢して働き続けることが辛いと感じている人も多いでしょう。

この記事では、「総合商社を辞めたいと思う理由」や「総合商社の経験を活かせる転職先」を紹介します。

また、「転職活動を成功するためのノウハウ」や「円満退職するための方法」もお伝えしますので、最後まで読んでくれると嬉しいです。

おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

総合商社を辞めたい理由5選|仕事が激務すぎる?

まずは、総合商社を辞めたいと思う理由を5つ紹介します。

総合商社を辞めたいと思う理由
  • 仕事が激務すぎる
  • 海外赴任が多い
  • 良い条件でヘッドハンティングされた
  • 人間関係がうまくいっていない
  • やりたいことに挑戦する(起業や独立)
それぞれ説明します。

【理由1】仕事が激務すぎる

1つ目の理由として、「仕事が激務すぎる」ことが挙げられます。

総合商社は、1人で抱える業務量が多く、長時間労働を強いられる業界として有名です。

具体的に、総合商社の労働環境を説明します。

総合商社の労働環境
  • 月平均の残業時間は、「100時間〜200時間」
  • 休日出勤も多く、休める日が少ない
  • 仕事の責任が大きく、心身ともに消耗する
「総合商社は給料が良く、仕事にやりがいがある」と言われていますが、これだけ忙しい職場だと辞めたくなるのも当然ですね。

【理由2】海外赴任が多い

2つ目の理由として、「海外赴任が多い」ことが挙げられます。

海外赴任が多いことで、ライフプランが決めにくくなり、結婚や育児などがしづらくなります。

子どもを育てる際には、どこの国の教育を受けさせるかで、子どもの進路に大きく影響します。

また、マイホームの購入にも踏み切れなくなり、一生マンション暮らしと言う状況に陥ってしまいます。

海外赴任のデメリット
  • 結婚や育児がしづらくなる
  • マイホームの購入に踏み切れない

【理由3】良い条件でヘッドハンティングされた

3つ目の理由として、「良い条件でヘッドハンティングされた」と言うことも挙げられます。

総合商社で働いている社員は、優秀な人材が多いです。

そのため、競合他社から、現職より良い条件でヘッドハンティングされるケースが多いです。

また、総合商社の社員は、「語学が堪能で、営業スキルも高い」ので、他業界からのオファーも多いでしょう。

市場価値が高く、他社から引く手数多であるため、より良い条件の会社に転職してしまいます。

【理由4】人間関係がうまくいっていない

4つ目の理由として、「人間関係がうまくいっていない」と言うことが挙げられます。

多くの人が、人間関係を理由に会社を辞めてしまいます。

そして、総合商社でも例外ではありません。

「価値観の違い」や「マウンティングの取り合い」などで、人間関係が崩壊して、職場の雰囲気が悪くなるケースは多いみたいです。

【理由5】やりたいことに挑戦する(起業や独立)

5つ目の理由は、「やりたいことに挑戦する」です。

総合商社に勤めていると、多くの人脈を得る機会が増えます。

それらの人脈を利用して、起業や独立に挑戦する人は多いみたいですよ。

また、転職をしたところで総合商社より良い待遇で働ける会社は少ないので、起業に踏み切る人もいます。

総合商社を辞めたいときの対処法3選

総合商社を辞めて、転職するにしても、時間が確保できないと言う問題があります。

その問題を解消するために、総合商社を辞めたいときの対処法について説明します。

総合商社を辞めたいときの対処法
  • できる限り働く時間を減らす
  • 同僚と一定の距離を保つ
  • 転職エージェントに相談する
それぞれ説明していきます。

できる限り働く時間を減らす

1つ目の対処法として、「できる限り働く時間を減らす」と言うことです。

なぜなら、働く時間を減らすことで、転職活動など次のステップに進みやすいからです。

また、激務に悩んでいる人は、できる限り自分の負担を減らすことが先決です。

働く時間を減らすコツは、以下の通りです。

働く時間を減らすコツ
  • 効率的に仕事をする
  • 仕事量自体を減らすように、上司に相談する
単純作業を効率化したり、隙間時間に資料を読んでおくと、効率的に仕事をすることができます。

また、今抱えている仕事量が多すぎる場合は、上司に仕事を減らすように相談することも必要です。

同僚と一定の距離を保つ

2つ目の対処法は、「同僚と一定の距離を保つ」ことです。

なぜなら、「会社を辞めたい」と思っている多くの人が、人間関係で悩んでいるため、根本的な解決をするには、同僚と一定の距離を保つことが大切です。

また、転職活動に専念する場合も、余計な時間を取られなくて済むので、オススメです。

具体的に、同僚と一定の距離を保つ方法を紹介します。

同僚と一定の距離を保つ方法
  • 歓迎会や送別会以外の飲み会は断る
  • 業務連絡以外の会話をなるべくしない
以上のことを行うことで、面倒なトラブルにも巻き込まれるリスクは減るでしょう。

転職エージェントに相談する

3つ目の対処法は、「転職エージェントに相談する」です。

職場の人間関係が修復不可能であったり、新しい仕事に挑戦したい人は、転職をするのも良いでしょう。

この対処法は、転職することを決めた人だけでなく、キャリア相談を受けるだけでも問題ありません。

転職エージェントは、履歴書添削や面接対策だけでなく、キャリア相談なども無料で行っているので、自分のキャリアで悩んでいる人はオススメです。

転職エージェントに相談するメリット
  • キャリア相談を受けられる
  • 自分が希望する仕事を紹介してくれる
  • 履歴書添削や面接対策をしてくれる
  • 内定取得後のアフターフォローも万全
転職活動を視野に入れている人は、転職エージェントに登録してみるのもありだと思います。

総合商社からのおすすめ転職先

総合商社からのおすすめ転職先を紹介します。

以下の4つの業界に転職することで、総合商社での経験を活かすことができます。

総合商社からのおすすめ転職先
  • 大手事業会社の営業職
  • 投資銀行
  • ベンチャー企業
  • 外資系コンサルティングファーム
それぞれ紹介していきます。

大手事業会社

1つ目におすすめする転職先は、「大手事業会社」です。

なぜなら、大手事業会社の営業職では、総合商社で培ってきた「営業スキル」や「提案力」などを存分に発揮できる職種だからです。

また、総合商社とは違い、大手事業会社は、「有給が取りやすい企業が多い」ことが魅力です。

仕事内容 ・自社商品の営業や販売
必要なスキル ・営業スキル
・対人コミュニケーション能力
・提案力
メリット ・有給がとりやすい
・激務ではない
・海外赴任はほぼない
デメリット ・前職よりも給料が下がってしまう

投資銀行

2つ目におすすめする転職先は、「投資銀行」です。

なぜなら、総合商社で投資部門や財務部門に属していた人であれば、「投資スキル」や「ファイナンススキル」を活かせる職場だからです。

また、外資系投資銀行であれば、総合商社よりも給料が良いところもあります。

さらに、日系・外資系関係なく、英語を使うため、総合商社との愛称は抜群です。

仕事内容 ・M&A
・証券発行の手伝い
必要なスキル ・投資スキル
・ファイナンススキル
・英語力
メリット ・総合商社よりも給料が良い
・実力によって、給料が左右される
・転勤がない
デメリット ・商社よりも激務になる可能性がある

ベンチャー企業

3つ目におすすめする転職先は、「ベンチャー企業」です。

ベンチャー企業は、いつでも優秀なビジネスマンを欲しがっています。

総合商社で鍛えられた営業スキルやコミュニケーション能力は、ベンチャー企業ではとても重宝されます。

総合商社マンであれば、条件の良いベンチャー企業に転職できるはずです。

仕事内容 ・業界によって異なる
必要なスキル ・コミュニケーション能力
・英語力
・営業スキル
メリット ・会社全体を把握できる
・当事者意識を持って、仕事ができる
デメリット ・会社が不安定
・仕事の規模が小さい

コンサルティングファーム

4つ目におすすめする転職先は、「コンサルティングファーム」です。

なぜなら、コンサルティングファームでは、「英語力」や「提案力」を求めているので、総合商社の社員とは、相性が良いのです。

また、外資系コンサルティングファームでは、総合商社よりも給料が良いため、キャリアアップにもオススメです。

仕事内容 ・企業の戦略コンサルタント
・企業の業務コンサルタント
必要なスキル ・コミュニケーション能力
・英語力
・提案力
メリット ・企業の経営層と話し合いができる
・海外赴任がない
デメリット ・会社によっては、商社より激務である
・人間関係がサバサバ

消防士が円満に退職する方法

次に、円満に退職する方法を紹介します。

消防士が円満に退職する方法
  • 事前に退職する意思を同僚に伝えない
  • 引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える
それぞれ説明します。

事前に退職する意思を同僚に伝えない

正式に退職する意思を上司に伝える前に、同僚などに相談するのはおすすめしません。

噂話はすぐに広まってしまいますので、知られたくない上司の耳にも入ってしまう恐れがあります。

また、強引な引き止めや異動の勧めなどをされるため、余計メンタルを消耗してしまいます。

退職するマナーとして、「まずは直属の上司に退職する意思を伝える」と言うことを肝に銘じておきましょう。

引継ぎの期間を考え、1ヶ月前に退職する意思を伝える

止める際には、自分が行ってきた業務の引き継ぎをする必要があります。

そのため、余裕を持って、退職の意思を伝えましょう。

法律的には、「2週間前に退職する意思を伝えれば問題ない」と言われていますが、円満に退職するためには、引継ぎ期間を意識しましょう。

総合商社を辞めたいなら、転職エージェントに相談しよう

これまで対処法を紹介しましたが、それでも仕事を続けられない場合は、転職を視野に入れましょう。

転職エージェントに相談することで、効率的に転職活動を進められます。

次に、おすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

おすすめ転職エージェント

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください