【正社員になりたい人必見】フリーターや派遣社員から正社員になる方法

今回は、「フリーターや派遣社員から正社員になる方法」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・フリーターや派遣社員が正社員になる方法を知りたい

・なぜ正社員になれないのか・・・

正社員になりたいけど、なかなか行動に移せない方は多いでしょう。

しかし、正社員として就職することは、「年齢が上がるごとに、業務経験やスキルが求められるため、早めの決断が成功の鍵」です。

この記事では、「正社員になる方法」や「正社員になれない人の特徴」について説明していきます。

正社員になりたい理由とは?

まずは、正社員になりたい理由について紹介します。

【正社員になりたい理由】

・派遣やアルバイトよりも待遇が良い

・非正規社員だと世間体が気になる

・キャリアアップのため、ちゃんとした職歴が欲しい

それぞれ説明していきます。

派遣やアルバイトよりも待遇が良い

1つ目の理由は、「派遣やアルバイトよりも待遇が良い」です。

具体的には、以下のことが挙げられます。

【正社員の待遇】

・生涯賃金が派遣社員やアルバイトよりも高い

・福利厚生が充実している

・不景気の時に解雇されにくい

派遣社員やアルバイトは、待遇も悪く、安定しないことが多いです。

非正規社員だと世間体が気になる

2つ目の理由は、「非正規社員だと世間体が気になる」です。

友人や知人に、「非正規社員として働いている」とは言いにくいですよね。

もちろん、派遣社員やアルバイトとして働くことが悪いとは思いません。

しかし、世間一般では、「正社員>非正規社員」というイメージがあるため、世間体を気にしてしまうのは仕方がないことです。

・非正規社員として働くことが悪いわけではありませんが、世間一般ではイメージが良くないことは事実です。

キャリアアップのため、ちゃんとした職歴が欲しい

3つ目の理由は、「キャリアアップのために、ちゃんとした職歴が欲しい」です。

中途採用では、「正社員としての職歴」が大きなアドバンテージになります

もちろん、派遣社員やアルバイトも立派な職歴ですが、正社員と比べると見劣りしてしまうのは事実です。

雇用形態だけで、採用の合否が決まるわけではありませんが、正社員として働いた方が有利になる可能性が高いです。

・正社員として働いている方が、「責任感がある」や「働く意欲が高い」と評価されます。

正社員になれない人の特徴

次に、正社員になれない人の特徴について紹介します。

【正社員になれない人の特徴】

・基本的なビジネスマナーが身についていない

・自信がない

・コミュニケーション能力が低い

・企業が求める人材を把握していない

・就職活動の準備が足りていない

それぞれ説明します。

基本的なビジネスマナーが身についていない

1つ目の特徴が、「基本的なビジネスマナーが身についていない」

基本的なビジネスマナーが身についていないと、正社員として採用されないことが多いです。

能力以前の問題で、「社会人として当たり前の所作」が分かっていないと、一緒に働きたいとは思いませんよね。

抑えておくべきビジネスマナーは以下の通りです。

【抑えておくべきビジネスマナー】

・挨拶をしっかりする

・敬語が正しく使える

・だらしない服装や姿勢になっていない

・相手に伝わるように話す(声量や抑揚)

ビジネスマナーを列挙しましたが、どれも意識をすれば簡単に身につくことができます。

企業面接に臨む前には、しっかり復習しておきましょう。

自信がない

2つ目の特徴は、「自信がない」ということです。

やはり、自信がない人の方が、「仕事ができなさそう」や「頼りにならなそう」というイメージを持たれやすいです。

そのため、採用されない可能性が高くなってしまいます。

自信があるように見せるためのポイントは、以下の通りです。

【自信があるように見せるためのポイント】

・ゆっくり落ち着いて話す

・姿勢を正す(猫背になったり、下を向かない)

・貧乏ゆすりをしない

採用面接では、自信があるだけで得をするケースが多いので、自信を持つことをオススメします。

コミュニケーション能力が低い

3目の特徴として、「コミュニケーション能力が低い」ことです。

採用面接では、多くの企業がコミュニケーション能力をとても重要視しています。

コミュニケーションが高い人の特徴は、以下の通りになります。

【コミュニケーション能力が高い人の特徴】

・相手の話をよく聞いている

・結論から端的に話している

・相手が不快にならないように、誠実に対応する

スキルや資格とは違い、コミュニケーション能力を軽視する人が多いですが、面接ではとても重要になってくるので、以上のポイントを意識しておきましょう。

企業が求める人材を把握していない

4つ目の特徴として、「企業が求める人材を把握していない」ということが挙げられます。

ここで言っていることは、「コミュニケーション能力」や「ビジネスマナー」などの基本的な素養ではありません。

会社ごとにどのような人材を欲しているかを分析して、正しくアピールする必要があります。

企業が求める人材を把握するために、以下のようなことが挙げられます。

【求める人材を把握する方法】

・求人情報をしっかり読む

・現役社員などにヒアリングして、どんな社風かを調べる

・会社の事業内容を理解して、どんなスキルが重宝されるのかを考える

基本的な社会人としての素養だけでなく、会社ごとに求める人材を理解することで、面接を有利に進めることができます。

就職活動の準備が足りていない

5つ目の特徴として、「就職活動の準備が足りていない」です。

就職活動では、事前準備をどれだけしたかが、就職成功に大きく関わってきます。

就職活動の準備が足りていないことで、本来採用されるはずだった企業から「不採用」と言われることもあるので、しっかり事前準備をしましょう。

就職活動中にしておくべき準備は以下の通りです。

【就職活動中にしておくべき準備】

・自己分析をして、「自分に合っている企業」を見つける

・履歴書や職務経歴書を添削してもらう

・企業面接の模擬練習をしてもらう

「履歴書添削」や「面接対策」は、転職エージェントが対応してくれるので、事前準備に不安を感じる人は、転職エージェントに登録することをおすすめします。

正社員になるためのポイント

次に、正社員になるためのポイントを紹介します。

【正社員になるためのポイント】

・「未経験OK」や「既卒OK」などの求人を選ぶ

・志望する業界の研究を徹底する

・履歴書添削や面接対策を行う

・転職エージェントに相談する

それぞれ説明します。

「未経験OK」や「既卒OK」などの求人を選ぶ

1つ目のポイントは、「未経験OK」や「既卒OK」などの求人を選ぶということです。

「未経験OK」や「既卒OK」を選ぶことで、正社員として就職する確率が格段に上がります。

これらの求人を選ぶメリットは、以下の通りです。

【未経験OKや既卒OKなどの求人を選ぶメリット】

・職歴で判断されない

・スキルや業務経験がなくても、ポテンシャル採用される

・入社後の育成が充実している

キャリアやスキルが求められないため、就職成功のハードルが高くありません。

そのため、フリーターや派遣社員の方は、未経験OKなどの求人を積極的に応募することをおすすめします。

志望する業界の研究を徹底する

2つ目のポイントは、「志望する業界の研究を徹底する」ということです。

業界研究をしっかり行うことで、「就業意欲」や「ポテンシャル」がアピールできるため、正社員就職を実現する可能性が上がります。

具体的な業界研究のポイントを紹介します。

【業界研究のポイント】

・業界の市場動向

・業務内容の理解度

・志望する企業の事業内容

「四季報」や「企業ホームページ」を熟読することで、信頼できる情報が収集できるので、試してみてください。

履歴書添削や面接対策を行う

3つ目のポイントが「履歴書添削や面接対策を行う」ということです。

履歴書や面接は、採用の可否に大きく影響します。

そのため、正社員就職を実現するためには、履歴書添削や面接対策は必要不可欠になってきます。

履歴書添削では、「なぜこの企業を志望したのか?」や「今までどのような経験をして、何を学んだのか?」をわかりやすく書けているかを意識しましょう。

面接対策では、「よく聞かれる質問に対応できるか?」や「声の大きさや姿勢が適切かどうか?」をチェックしてもらいましょう。

いずれも、自分1人で行うことはおすすめしません。

客観的に自分の履歴書や面接を評価してもらうために、知人やキャリアアドバイザーに協力してもらいましょう。

転職エージェントに相談する

4つ目のポイントは、「転職エージェントに相談する」ということです。

転職エージェントは、転職のプロであり、最新の転職市場を熟知しています。

そのため、転職エージェントに登録して、適切なアドバイスをもらうことが、正社員就職への近道になります。

具体的に転職エージェントから受けられるサポート内容を紹介します。

【転職エージェントのサポート内容】

・興味のある求人を紹介してくれる

・キャリア面談を行ってくれる

・履歴書添削や面接対策に協力してくれる

・企業に求職者の強みを売り込んでくれる

・内定後のアフターフォローも行ってくれる

以上のようなサポートを受けることができます。

もちろん、自力で就職活動をすることもできますが、求人応募〜内定受諾まで1人で行う必要があるので、なかなかハードルが高いと思います。

少しでも就職活動に不安を感じる人は、転職エージェントに相談してみるのもアリです。

正社員就職を手助けしてくれる転職エージェント4選

正社員就職を手助けしてくれる転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

リクルートエージェント

[box05 title=”リクルートエージェントの特徴”]

:求人数が国内トップクラス
20万件以上の求人数を保有している。

:圧倒的な転職実績
累計40万件以上の転職実績を誇っており、転職ノウハウが豊富である。

[/box05]

業界トップの求人数と転職実績を持っています。そのため、求人探しにはおすすめの転職エージェントになります。

doda

[box05 title=”dodaの特徴”]

:転職満足度No.1
年収500万〜年収1000万の求人多数

:地方転職・Uターン転職でもOK
幅広い求人が揃っている。

[/box05]

転職満足度No.1を誇り、多くの利用者に評価されています。

また、幅広い求人が揃っているので、地方転職・Uターン転職にはオススメです。

パソナキャリア

[box05 title=”パソナキャリアの特徴”]

:幅広い年代におすすめ
求人数が多いので、幅広い年代にオススメできます。

:転職サポートが充実
キャリア面談〜面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

[/box05]

パソナキャリアは業界トップクラスの求人数なので、幅広い年代にオススメできます。

また、転職サポートも充実しており、キャリア面談や履歴書添削、面接対策など手厚いサポートが受けられます。

マイナビエージェント

[box05 title=”マイナビエージェントの特徴”]

:20代・第二新卒にオススメ
20代・第二新卒向けの求人が多数

:転職サポートの質が高い
若手に向けた転職サポートは業界トップクラスです。

[/box05]

20代の若者にオススメできる転職エージェントです。第二新卒などの業務経験が浅い人でも問題ありません。

転職サポートの質が高いので、未経験業界や転職初心者でも安心して利用できます。

転職活動でよくある質問

[box05 title=”よくある質問”] ・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

[/box05]

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください