面接に落ちるのはなぜ?【落ちてしまう理由や特徴を解説します】

面接に落ちるのはなぜ

今回は、「面接に落ちるのはなぜ?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

  • なぜ面接で落ちてしまうのかわからない・・・
  • 面接を通過するためにはどうしたら良いのか?
転職活動をしていると、面接で苦戦している人は多いと思います。

「書類選考までは通過するのに、面接で落とされる人」の場合、「能力やスキル以外」のところに原因があると考えられます。

この記事では、「面接で落ちてしまう人の特徴・理由」や「その対処法」について解説します。

まず、面接官の立場になって考えることが重要です

面接官は、どんな基準で面接の合否を判断しているのかを考える必要があります。

結論としては、「一緒に働きたいかどうか!」を重要視しています。

そのため、面接で落とされないためには、「一緒に働きたい人の特徴」について分析することが重要なのです。

面接で落とされる原因とは?

次に、面接で落とされる原因について紹介します。

面接で落とされる原因は大きく分けて、3つあります。

面接で落とされる原因3選
  • 外見
  • 話し方
  • 対策不足
それぞれ紹介していきます。

外見で落とされる人の特徴

まずは、外見で面接に落とされる人の特徴は以下の通りです。

外見で落とされる人の特徴
  • 清潔感がない
  • 表情が暗い(反応が悪い)
  • 態度が悪い
それぞれ詳しく説明します。

【外見編】清潔感がない

清潔感がないことで、面接官に「だらしない!」と言う印象を与えてしまいます。

面接官への第一印象が悪いと、面接では相当不利になってしまうので、気をつけましょう。

清潔感がないと思われてしまう特徴は、以下の通りです。

清潔感がないと思われる特徴
  • 【髪型】:前髪が長すぎて、表情が見えない
  • 【服装】:シワがあったり、ボタンが外れてたりしている
  • 【靴】:汚れが目立っている、履き潰している
  • 【ニオイ】:タバコや香水の似合いがキツい
  • 【顔】:ヒゲを剃っていない、派手なメイクやノーメイクである
心がけ次第で簡単に改善できるので、面接前にはチェックしましょう!

【外見編】表情が暗い

表情が暗い人の場合、何を考えているのかわからないため、面接では悪い印象を与えます。

同じ能力であれば、「表情が明るい人」と働きたいと思う人の方が多いでしょう。

表情が明るくなるための対処法を紹介します。

表情が明るくなるための対処法
  • 広角を上げる
  • 相手に好意的関心を向ける
  • 相手の顔を見て、相手と同じ声の大きさで話す
これらを意識するだけでも、面接官の印象も変わり、面接を有利に進められます。

【外見編】態度が悪い

態度が悪いことで、「ビジネスマナーが身についていない」と判断されるため、面接で落ちてしまう可能性が高くなります。

態度が悪いと思われる原因を紹介します。

態度が悪いと思われる原因
  • 挨拶ができない
  • 敬語が使えない
  • 時間通りに行動できない
社会人として、ビジネスマナーは大切なことなので、注意しましょう。

話し方で落とされる人の特徴

まずは、話し方で面接に落とされる人の特徴は以下の通りです。

話し方で落とされる人の特徴
  • 要点がまとまっていない
  • 質問の回答がズレている
  • 関係ないことまで話してしまう
それぞれ詳しく説明します。

【話し方編】要点がまとまっていない

面接の際に、話す内容がまとまっていないと、面接官に伝わりづらくなってしまいます。

せっかく、熱意を持って、志望動機や自己PRを伝えたところで、相手に理解されていなければ、意味がありません。

そのため、要点をまとめて話すことはとても重要なのです。

要点をまとめて話す方法は、以下の通りです。

要点をまとめて話す方法
  • 結論から話すこと
  • 結論の後に、理由などを話す
  • 話す内容は短く、端的にする
  • 「しっかり」「たくさん」など抽象的な言葉を使わない
これらを意識するだけでも、相手に伝わりやすくなります。

【話し方編】質問の回答がズレている

質問の回答がズレていると、面接が通過しづらくなります。

「自分は大丈夫!」と思っていても、意識してみると回答が質問とズレていることは多いです。

具体的に例を挙げて説明します。

質問の回答がズレている例

Q:前職では、どんな仕事をしていましたか?

A:システム開発の部署に3年在籍していました。

悪い例では、質問通りに答えているように見えますが、質問の答えになっていません。

在籍していた部署を聞いているのではなく、面接官は「どんな仕事をしていたか?」を聞きたいので、「〜〜を行っていました。」と答えるのが正しいです。

質問通りに答えている例

Q:前職では、どんな仕事をしていましたか?

A:〇〇銀行のシステム開発を行っており、主にJavaを使ってプログラミング開発を行っていました。

良い例では、質問通りに答えています。

また、具体的な仕事内容まで話せているので、面接官がイメージしやすい内容になっています。

ポイントは「どんなことを聞かれているのか?」を意識して、受け答えすると良いでしょう。

【話し方編】関係ないことまで話してしまう

面接に張り切りすぎてしまい、関係ないことまで話してしまうことがあります。

しかし、関係のないことまで話してしまうと、本来伝えたいことが薄まってしまうので、なるべく避けましょう。

関係ないことまで話してしまう人の特徴をまとめてみました。

態度が悪いと思われる原因

・面接で多くの内容話した方良いと勘違いしている

・頑張っている自分を知って欲しくて、アピールしてしまう

面接で話すことは、「聞かれたことを端的に話すこと」を意識しましょう。

多く話しすぎても、加点はありませんし、むしろ減点の対象になってしまいます。

準備不足で落とされる人の特徴

まずは、準備不足で面接に落とされる人の特徴は以下の通りです。

準備不足で落とされる人の特徴

・業界研究が足りていない

・話している内容に一貫性がない

それぞれ詳しく説明します。

【準備不足編】業界研究が足りていない

そもそも業界研究が足りずに、面接に落とされるケースもあります。

未経験であっても、志望する業界・会社についてはよく調べてから、面接に臨みましょう。

業界研究で調べた方が良い項目は、以下の通りです。

業界研究で調べた方が良い項目
  • 業界の動向
  • 企業理念
  • 競合他社との違い
また、業界研究を終えたら、「自分はどんなことで会社に貢献できるのか?」まで考えられたら完璧です。

結局、会社は役に立つ人材を欲していることを念頭に入れて、転職活動を行いましょう。

【準備不足編】話している内容に一貫性がない

話している内容に一貫性がないと、「思いつきで話していて、事前準備が足りていない」と判断され、面接では不利になります。

対策としては、以下のことを意識しましょう。

話していることに一貫性を持たせるためには

・自分の強みと会社が欲している人材がマッチしているか?

・志望動機や自己PR、経歴が矛盾していないか?

自分の強みが「コミュニケーション能力」だったとしても、会社が「専門スキル」を重視する会社だと、自己PRと志望会社で矛盾が生じています。

話す内容は一貫性を持たせると、説得力が増すので、オススメです。

手厚い面接対策をしてくれる転職エージェント

ここまでで面接に落ちる原因について、話してきました。

それでも面接が通過できなかったり、不安に感じるなら、転職エージェントに面接対策をしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントでは、個別具体的な面接対策や業界に特化した転職サポートを提供してくれるので、面接通過率は格段に上がるでしょう。

次に、おすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください