協調性がない人に向いている仕事8選【転職に成功する方法も解説】

今回は、「協調性がない人に向いている仕事」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・協調性がない人に向いている仕事って何?

・協調性がない人の強み・弱みを教えてほしい

協調性がない人は、チームプレイやコミュニケーションが苦手な傾向にあります。

そのため、組織で働くことが難しいと言われています。

しかし、ちゃんと仕事選びをすることで、協調性がない人でも自分の特性を活かして働くことができるのです。

この記事では、「協調性がない人に向いている仕事」や「協調性がない人の強み・弱み」について説明していきます。

協調性がない人に向いている仕事

まずは、協調性がない人に向いている仕事を紹介します。

【協調性がない人に向いている仕事】

・ITエンジニアやプログラマー

・営業職

・コンサルタント

・Webライター

・Webデザイナー

・警備員

・タクシー運転手

・トラック運転手

それぞれ説明します。

【向いている仕事1】ITエンジニアやプログラマー

1つ目の向いている仕事は、「ITエンジニアやプログラマー」です。

仕事内容は、金融システムやウェブサイトのプログラミング開発を行う仕事です。

プログラミングスキルを習得するまでには、多くの時間がかかりますが、経験やスキルに応じて、給料が上がることが魅力です。

また、経験を積むことで、1人で在宅勤務も可能なので、煩わしい人間関係に悩むこともありません

ITエンジニアやプログラマーになるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・スキルや経験に応じて、待遇が良くなる
・経験を積むことで、1人で在宅勤務も可能
・業界自体が右肩上がり
デメリット・プログラミングを習得するのに時間がかかる
・コミュニケーションが希薄になりがち

独り立ちすることで、在宅勤務も可能なので、協調性がない人にもおすすめです。

【向いている仕事2】営業職

2つ目の向いている仕事は、「営業職」です。

仕事内容は、取引先や顧客に、自社の商品・サービスを売り込む仕事です。

働き方としては、1人で行動する時間を多く、同僚に干渉されることもありません。

また、実力主義の業界であり、営業成績が良ければ、インセンティブとして給与が増えることもあります。

営業職になるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・1人で行動する時間が多く、チームで動くことが少ない
・営業成績に応じて、インセンティブが支給される
・優秀な営業マンは、市場価値が高い
デメリット・実力主義であり、厳しい業界でもある
・営業成績が悪いと、給与が平均以下になる可能性もある

チームで動くというよりも、1人で取引先や顧客に営業をかけるため、協調性がない人には向いている仕事だと言えます。

【向いている仕事3】コンサルタント

3つ目の向いている仕事は、「コンサルタント」です。

仕事内容は、企業の経営戦略や業務内容の相談を受ける仕事です。

特徴としては、若手の頃から1人で案件を担当することがあり、チームで協力し合うことは少ないです。

また、論理的思考力と分析力が求められ、給与水準が高い業界である。

コンサルタントになるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・1人で案件を担当するため、チームプレイに徹しなくて良い
・給与水準が高い業界である
・市場価値が高く、他業界でも転職可能である
デメリット・高度な能力が求められる
・正解のない業務であり、残業が多くなりがち

コンサルタントは、給与水準も高く、市場価値も高いので、バリバリ働きたい人にはおすすめです。

【向いている仕事4】 Webライター

4つ目の向いている仕事は、「Webライター」です。

仕事内容は、ウェブサイトに掲載する記事を作成する仕事です。

インターネット環境さえあれば、在宅勤務も可能なので、協調性がない人にはおすすめです。

また、Webライターは、ITスキルや特殊なスキルは必要なく、文章力さえあれば、案件を獲得することができるので、IT業界初心者でも挑戦しやすい仕事です。

Webライターになるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・在宅勤務が可能であり、作業中は誰にも邪魔されない
・経験を積むことで、高単価の案件を獲得できる
・初心者でも気軽に挑戦できる
デメリット・初心者の頃は、単価の低い案件しか扱えないこともある
・高収入は実現できない

在宅勤務が可能であり、高度なスキルを必要としないため、気軽に挑戦することができます。

【向いている仕事5】 Webデザイナー

5つ目の向いている仕事は、「Webデザイナー」です。

仕事内容は、ウェブサイトのロゴやイラストを創作する仕事です。

Webデザイナーも在宅勤務が可能であり、作業に没頭することができます。

また、クリエイティブな能力が求められるので、とてもやり甲斐のある仕事だと言えるでしょう。

Webデザイナーになるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・クリエイティブな仕事ができ、やりがいがある
・在宅勤務が可能であり、作業に没頭できる
・スキル次第では、市場価値の高い人材になれる
デメリット・編集ソフトや機材が必要なので、初期投資が割と高め
・正解がない仕事なので、作業時間が多くなる可能性がある

在宅勤務が可能でありクリエイティブな仕事ができるので、協調性がなく1つの作業に没頭したい人にはおすすめです。

【向いている仕事6】 警備員

6つ目の向いている仕事は、「警備員」です。

仕事内容は、建物などの監視・巡回・点検を行うことが主な仕事です。

基本的には、1人で仕事することが多く、コミュニケーションが必要とされる現場は少ないです。

しかし、外で警備する場合、暑さや寒さに耐えなければいけないため、ある程度の体力は必要です。

警備員になるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・1人で仕事をする時間が多い
・特別なスキルが求められない
・シフトを多く入れれば、高収入も期待できる
デメリット・キャリアパスが描きにくい
・業務中、スキルが身に付けられない

特別なスキルが必要とされない上に、高収入も期待できる仕事です。

【向いている仕事7】タクシー運転手

7つ目の向いている仕事は、「タクシー運転手」です。

仕事内容は、タクシーにお客様を乗せて、目的地まで送り届ける仕事です。

仕事中は、同僚とコミュニケーションをとることはほとんどなく、お客さんを乗せている時もほとんど会話しません。

また、実働時間も自分で決めることができるので、自分のペースで働きたい人にはおすすめです。

タクシー運転手になるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・同僚とのコミュニケーションはほとんどない
・効率よく働けば、見入りの良い仕事である
・自分のペースで働くことができる
デメリット・自動車を運転するプレッシャーがある
・歩合性の場合が多く、成績が悪ければ給与が低くなる

もちろん、普通自動車免許がなければ、タクシー運転手にはなれないので、注意してください。

【向いている仕事8】トラック運転手

8つ目の向いている仕事は、「トラック運転手」です。

仕事内容は、荷物を目的地まで送り届ける仕事です。

運転中は誰とも会話をする必要がなく、1人で黙々と運転に集中できます。

また、業務の進捗に合わせて、自分のペースで休憩を取ることができます。

トラック運転手になるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・作業中、誰にも干渉されることが無いので、ストレスフリー
・自分のペースで休憩が取れる
・トラック運転手の需要は、右肩上がりである
デメリット・高度な運転技術が必要である
・運動不足になりがち

トラックの運転手になるためには、大型自動車免許も必要になるため、高度な運転技術が求められることも覚えておきましょう。

協調性がない人の強み・弱み

次に、協調性がない人の強み・弱みについて紹介していきます。

協調性がない人の強み

まずは、協調性がない人の強みを紹介します。

【協調性がない人の強み】

・1つの作業に集中できる

・個性的なアイディアを出せる

・継続して業務に取り組める

・自分の価値観がしっかりしている

・1人でも作業を進められる

協調性がない人の強みとして、1人でも作業に没頭できることが挙げられます。

また、周りの意見に流されずに、しっかりと自分の意見を持っているので、個性的なアイディアを出すことができます。

協調性がない=弱み」だと決めつけずに、個性だと捉えることが大切です。

協調性がない人の弱み

次に、協調性がない人の弱みについて紹介します。

【協調性がない人の弱み】

・チームプレイが苦手

・良い人間関係を築きにくい

・社内評価が低くなりがち

協調性がない人の弱みとして、「他人と協力して作業できない」や「良い人間関係を築けない」ということが挙げられます。

また、上司や同僚から反感を買われる可能性があり、社内評価を低く付けられる恐れがあります。

人には得意不得意がありますが、最低限のコミュニケーションを取り、チームの和を乱すことは避けるようにしましょう。

協調性がない人が転職に成功する方法

最後に、協調性がない人が転職に成功する方法を紹介します。

【協調性がない人が転職に成功する方法】

・自己分析をしっかり行う

・転職エージェントに相談する

それぞれ説明していきます。

自己分析をしっかり行う

まずは、自己分析をしっかり行うことが大切です。

なぜなら、強み・弱みを理解することで、協調性がない人の特徴を活かせる仕事を見つけることができるからです。

協調性がない人の強み・弱みについては、先ほど説明したので、参考にしてください。

また、自己分析の手順を説明します。

【自己分析の手順】

1.自分のキャリアを振り返る

2.何をやりたいのかを明確にする

3.何ができるのかを洗い出す

4.自分に求められていることを整理する

以上の手順を行うことで、自分のことを理解することができます。

詳細は以下の記事に記載しています。

>>転職活動で役に立つ自己分析4ステップ【転職のプロが徹底解説】

転職エージェントに相談する

次に、転職エージェントに相談することをお勧めします。

転職エージェントは、転職のプロであり、最新の転職市場を熟知しています。

そのため、転職エージェントに登録して、適切なアドバイスをもらうことが、正社員就職への近道になります。

具体的に転職エージェントから受けられるサポート内容を紹介します。

【転職エージェントのサポート内容】

・興味のある求人を紹介してくれる

・キャリア面談を行ってくれる

・履歴書添削や面接対策に協力してくれる

・企業に求職者の強みを売り込んでくれる

・内定後のアフターフォローも行ってくれる

以上のようなサポートを受けることができます。

もちろん、自力で就職活動をすることもできますが、求人応募〜内定受諾まで1人で行う必要があるので、なかなかハードルが高いと思います。

少しでも就職活動に不安を感じる人は、転職エージェントに相談してみるのもアリです。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

リクルートエージェント

[box05 title=”リクルートエージェントの特徴”]

:求人数が国内トップクラス
20万件以上の求人数を保有している。

:圧倒的な転職実績
累計40万件以上の転職実績を誇っており、転職ノウハウが豊富である。

[/box05]

業界トップの求人数と転職実績を持っています。そのため、求人探しにはおすすめの転職エージェントになります。

doda

[box05 title=”dodaの特徴”]

:転職満足度No.1
年収500万〜年収1000万の求人多数

:地方転職・Uターン転職でもOK
幅広い求人が揃っている。

[/box05]

転職満足度No.1を誇り、多くの利用者に評価されています。

また、幅広い求人が揃っているので、地方転職・Uターン転職にはオススメです。

パソナキャリア

[box05 title=”パソナキャリアの特徴”]

:幅広い年代におすすめ
求人数が多いので、幅広い年代にオススメできます。

:転職サポートが充実
キャリア面談〜面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

[/box05]

パソナキャリアは業界トップクラスの求人数なので、幅広い年代にオススメできます。

また、転職サポートも充実しており、キャリア面談や履歴書添削、面接対策など手厚いサポートが受けられます。

マイナビエージェント

[box05 title=”マイナビエージェントの特徴”]

:20代・第二新卒にオススメ
20代・第二新卒向けの求人が多数

:転職サポートの質が高い
若手に向けた転職サポートは業界トップクラスです。

[/box05]

20代の若者にオススメできる転職エージェントです。第二新卒などの業務経験が浅い人でも問題ありません。

転職サポートの質が高いので、未経験業界や転職初心者でも安心して利用できます。

転職活動でよくある質問

[box05 title=”よくある質問”] ・転職エージェントと転職サイトの違いとは?

・転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

・転職エージェントの選び方とは?

・転職エージェントに断られるのはなぜ?

・転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

・面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

[/box05]

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いがよくわからないことですよね。

それぞれ特徴は以下のとおりです。

【転職エージェント】:転職活動のサポートが充実したサービスになっています。キャリア面談や履歴書添削、面談対策など様々な協力をしてくれます。

【転職サイト】:Webサイトを通して求人を紹介するサービスです。様々な業界・業種がカバーされており、多くの求人から比較して、自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントと転職サイトについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>
転職エージェントと転職サイトの違いを解説【どっちを使う?】

転職エージェントとのキャリア面談では何をするの?

転職エージェントに登録すると、キャリア面談を受けるのですが、どのような内容なのか不安ですよね。

キャリア面談の内容は以下のとおりです。

1.自己紹介を行う

2.これまでの職務経歴・スキルなどを確認する

3.転職理由やキャリアを相談する

4.希望する条件を話し合う

5.希望に沿った求人を紹介される

キャリア面談は、自分の価値観や自分に合う求人について情報共有する場です。

ネガティブな転職理由・退職理由などを伝えても大丈夫です。むしろ、嘘偽りなく伝えた方が、より自分にあう求人を探してもらえますよ。

キャリア面談について、詳細は以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントとの面談って何するの?【準備から内容まで解説】

転職エージェントの選び方とは?

最近では、多くの転職エージェントがあるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

転職エージェントを選ぶ手順は以下のとおりです。

1.総合型転職エージェントを2〜3社登録する

2.業界特化型転職エージェントを2社登録する

3.複数の転職エージェントから1つに絞る

複数の転職エージェントに登録した後に、キャリア面談などで自分に合うキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントを選ぶと良いです。

転職エージェントの選び方について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントの選び方を解説【複数登録して、1つに絞る】

転職エージェントに断られるのはなぜ?

転職エージェントには登録する際に、審査があり対象外だった場合、登録を拒否されることがあります。

転職エージェントに断られる理由は以下のとおりです。

・転職回数が多い
・空白期間・ブランク期間が長い
・社会人経験がない
・対象外の地域に住んでいる
・年齢が対象外である
・希望の業界・業種が対象外である
・職務経歴が特殊である

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを活用したり、自力で転職活動できるので、問題はありません。

しかし、転職サポートが受けられることを考えると、転職エージェントに登録した方が有利です。

断られる理由について、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントに断られる理由を解説【なぜ相手にされないのか?】

転職エージェントがしつこいのですが、紹介や面談を断る方法とは?

転職エージェントに登録すると、興味のない求人を紹介されたり、強引に企業面談を設定されることがあります。そのため、それらのアポイントを断る方法について知っておく必要があります。

求人紹介や面談を断る方法について、以下の記事に記載しています。
>>【例文コピペOK】転職エージェントの断り方を徹底解説

面接後に転職エージェントに連絡すると通過率が上がるってホント?

企業へ面接に行った後に、転職エージェントに連絡することで、面接通過率が上がります。

また、以下のようなメリットがあります。

・キャリアアドバイザーからのフィードバック

・キャリアアドバイザーから企業へのフォローアップ

キャリアアドバイザーが企業面接について、フィードバックをしてくれます。そのことによって、改善点を洗い出すことができます。

また、企業へのフォローアップもしてくれるので、採用担当者への印象が良くなり、面接が通過しやすくなります。

面接後のフォローについて、詳しくは以下の記事に記載しています。
>>面接後のフォローが通過率を上げる【転職エージェントを活用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください