不器用な人に向いている仕事17選【自分の強みを理解しよう】

不器用な人に向いている仕事

今回は、「不器用な人に向いている仕事」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・不器用な人に向いている仕事を教えてほしい

・不器用な人の強みを知りたい

「不器用すぎて、同僚に迷惑をかけている」と悩む人は多いです。

また、不器用と言っても、原因もいろいろあります。例えば、「手先が不器用」・「性格が不器用」などといった感じです。

しかし、不器用な人でも、自身の強み・弱みを理解することで、仕事選びを成功させることができます。

この記事では、「不器用な人に向いている仕事」や「不器用な人の強み」を紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


不器用な人に向いている仕事17選

まずは、不器用な人に向いている仕事を紹介します。

不器用な人が強みを発揮できる仕事の特徴は以下の通りです。

不器用な人に向いている仕事
  • ものづくりに関する仕事
  • マニュアルがある仕事
  • コミュニケーションが少ない仕事
  • 在宅勤務が可能な仕事

具体的な仕事やその理由を紹介していきます!

ものづくりに関する仕事

ものづくりに関する仕事は、手先が不器用な人に向いていないイメージがありますが、実際はそんなことはありません。

ものづくりは、いかに細部までこだわって製作出来るかが重要になってきます。そのため、手先の器用さよりも、集中して1つのことに没頭できる人の方が向いていたりします。

不器用な人は複数の仕事を同時にこなすことは苦手ですが、1つのことに集中することに長けているので、ものづくりに関する仕事と相性が良いです。

具体的に、おすすめするものづくりに関する仕事を紹介します。

ものづくりに関する仕事業務内容
調理師食材の管理・仕入れ、調理、メニュー考案
工場作業員ライン作業、資材の管理
大工建物の建築・修理・設計

マニュアルがある仕事

不器用な人は、作業が複雑化していたり、情報が多すぎたりすることで、混乱してしまう恐れがあります。

しかし、マニュアルが既にあれば、不器用な人でも仕事を難なくこなすことができます。

具体的にマニュアルがある仕事を見てみましょう!

マニュアルがある仕事業務内容
塾講師担当教科の指導、テストの監督・採点
事務職電話対応、書類作成、データ入力
公務員市民からの相談対応
経理顧客の売上や経費の計算、データ入力
法人営業企業に対して、自社商品を営業・販売する

コミュニケーションが少ない仕事

不器用な人は、人間関係で誤解されることが多く、ストレスが溜まってしまいます。

しかし、コミュニケーションが少なく、個人の裁量が多い仕事を行うことで、人間関係の悩みが少なく済みます。

具体的な仕事は以下の通りです。

コミュニケーションが少ない仕事業務内容
警備員施設内や工事現場の警備・誘導
タクシー運転手お客さんを目的地まで安全に送り届ける
清掃員オフィスビルの清掃、ゴミ回収
マンションの管理人マンションの点検・巡回・監視
運送ドライバー荷物を目的地まで運ぶ

在宅勤務が可能な仕事

不器用な人は、作業中同僚に話しかけられてしまうと、本来のポテンシャルを発揮できない可能性が高いです。

そのため、在宅勤務ができる仕事がお勧めです。

在宅勤務であれば、余計なコミュニケーションを取らずに済みますし、人間関係で悩むこともありません。

具体的に、在宅勤務が可能な仕事を紹介します。

在宅勤務が可能な仕事業務内容
システムエンジニアシステム設計・開発
WebライターWebサイトの記事を執筆
WebデザイナーWebサイトのロゴやデザインを作成
WebマーケターWebサイトのPVを増やすための企画立案

不器用な人の強み

次に、不器用な人の強みについて紹介します。

不器用な人の強み
  • 真面目に仕事をこなす
  • 1つの仕事に集中できる
  • チャレンジ精神が旺盛
  • 向上心が高い

器用に仕事をこなすことが苦手でも、1つの仕事に集中できることは魅力です。

失敗が多くても、しっかり反省してまたチャレンジする姿勢は、同僚から信頼されるでしょう。

不器用な性格だったとしても、強みを理解しておくと、前向きに仕事に取り組めますよね!

不器用な人の弱み

不器用な人の弱み
  • やることが多いと、混乱してしまう
  • 頑固であり、決めたことをなかなか変えない
  • マルチタスクが苦手
  • 仕事を頼まれると、断れない
  • 考えすぎてしまう
  • 行動するまでに時間がかかる

不器用な人は、マルチタスクに追われたり、仕事量が多すぎると、頭の中がパンクしてしまうのが欠点です。

また、上司から出された指示について考えすぎてしまい、行動に移るまでの時間が長いことも問題です。スピード感を重視する職場では「できない奴」と評価されかねません。

不器用な人が弱みを克服するための方法

最後に、不器用な人が弱みを克服するための方法を紹介します。

不器用な人が弱みを克服するための方法
  • スケジュール管理を徹底する
  • 仕事量が多いときは、頼まれても断る
  • わからない時は、上司に相談する
  • こまめにコミュニケーションをとる
  • 仕事ができる人の真似をする

それぞれ説明します。

【克服する方法①】スケジュール管理を徹底する

不器用な人は、複数のことを器用にこなすことが苦手です。そのため、スケジュール管理を徹底することをお勧めします。

出社するタイミングで、メールをチェックして、その日にやるべきことを『TODOリスト』に書き出しておくと良いでしょう。

また、時間帯や場所もメモしておくと、ミスが大幅に減りますよ。

【克服する方法②】仕事量が多いときは、頼まれても断る

特に、繁忙期になると、自分の仕事だけでも手が回らない時があります。

そんな忙しい時でも、同僚から仕事を頼まれたら、断れない人が多いです。しかし、頼まれた仕事を引き受けてしまうと、自分の仕事まで影響が出てきてしまいます。

そのため、キッパリ断ることも念頭に入れましょう。

【克服する方法③】わからない時は、上司に相談する

不器用な人は、物事を考えすぎる欠点があります。そのため、わからない仕事でも、自分で考えて完結させようとします。

また、忙しい上司に相談してしまうのは申し訳ないと思い、相談しないこともあるでしょう。

しかし、間違ったやり方で仕事を進めてしまうと、あとで修正するのに時間がかかってしまいます。

そのため、わからない仕事に直面したら、上司に質問することをお勧めします。

【克服する方法④】こまめにコミュニケーションをとる

不器用な人は、同僚と関係を構築することがとても苦手です。そのため、こまめにコミュニケーションをとることをおすすめします。

ここで言うコミュニケーションは、業務連絡や質問・相談でも構いません。

人間関係を構築する簡単な方法は、頻繁に話し合うことです。そうすることで、相手のことを理解できるので、距離感が掴めるようになります。

世間話や気の利いた話ができない方でも、実行できるので試してみてください!

【克服する方法⑤】仕事ができる人の真似をする

最後は、仕事ができる人の真似をすると言うことです。

その際に、「なぜ、デキる人と自分はこんなに違いがあるのか?」をよく考えてみましょう。

また、デキる人の仕事ぶりを観察してみるとヒントが見つかるかもしれませんよ。

それでも真似するのが難しい場合は、直接聞いてみるのもアリです。積極的な姿勢を評価される可能性もあります。

不器用な人に向いている仕事に転職するには?

この記事では、不器用な人に向いている仕事について紹介しました。

「自分に向いている仕事は見つかりましたか?」

もし、興味のある仕事が見つかり、転職を検討している方は、以下の転職エージェントに登録することをお勧めします。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください