転職してよかったと思う瞬間5選【転職を迷っている人必見】

今回は、「転職してよかったと思える瞬間5選」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・転職するか迷っているため、転職してよかった話を聞きたい!

・転職して後悔しないためにはどうしたらいいか教えて!

転職は、キャリアを決める上で最も重要なことの1つです。

そのため、慎重に転職活動を進める必要があります。

しかし、周りには、「転職してよかったと言っている人」や「転職して後悔した人」など様々です。

この記事では、「転職を迷っている人が考えるべきこと」や「後悔しない転職をするための対策」を紹介します。

この記事を読むことで、転職活動への気持ちが前向きになります。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


転職してよかったと思う瞬間

まずは、転職してよかったと思う瞬間について紹介します。

タイトル
  • 給与が上がった
  • 人間関係が良くなった
  • 残業時間が減った
  • 正当な評価をされた
  • 成長できる環境で働けるようになった
それぞれ説明していきます。

給与が上がった

1つ目が、「給与が上がった」と言うことです。

給与が上がる事で、金銭面で余裕ができるので、趣味に没頭したり、友人・恋人と遊びに行くこともできます。いずれにしても、給与が上がることで、使い道の幅も広がります。

また、給与が上がったことで、仕事へのモチベーションも上がるので、「転職してよかった」と思うのでしょう。

好きな仕事をしていても、給与が低ければ、不満が出てきます。

やりがいと給与のバランスはとても大切です。

人間関係が良くなった

2つ目は、「人間関係が良くなった」と言う事です。

人間関係で悩む人は、とても多いです。そのため、転職先の人間関係が良好である事で、「転職してよかった」と実感するのでしょう。

人間関係の良い職場で働くことのメリットは、以下の通りです。

人間関係の良い職場で働くことのメリット
  • 上司に相談しやすくなる
  • 仕事のモチベーションが上がる
  • ストレスが溜まりにくい
  • 情報が共有される
人間関係に恵まれることで得られるメリットは、とても多いです。

残業時間が減った

3つ目は、「残業時間が減った」と言うことです。

残業時間が減ることで、プライベートの時間が増えるので、生活の充実度が上がります

家族や友人と過ごすことで、リフレッシュにもなるので、仕事にも身が入ります。

また、スキルアップや資格取得にも使えるので、キャリアアップが期待できます。

正当な評価をされた

4つ目は、「正当な評価をされた」と言うことです。

前職では能力や実績の割に、良い評価をされていない事が原因です。

正当な評価をされることで、仕事のモチベーションも上がります。

逆に、実績を残せなかった場合も、具体的な指摘してくれると、改善するように頑張りますよね。

前職ではどんなに頑張っても評価が変わらなかったので、やりがいが感じられなかった・・・
正しい評価をしてくれると、「次も頑張ろう!」って気持ちになります。

引用:転職相談

正当な評価をしてくれると、やりがいを感じて、モチベーションが上がるのでしょう。

成長できる環境で働けるようになった

5つ目は、「成長できる環境で働けるようになった」と言うことです。

「仕事は楽だし、給料にも不満はないけど、成長できる環境ではない・・・」と悩んでいる方は多いでしょう。

成長が実感できる環境で働くことで、「達成感」や「やりがい」を感じる事ができるため、充実度も上がるでしょう。

また、成長できない環境で長く働いていると、市場価値が上がっていないため、希望の転職先で働く事ができなくなります。

転職相談でも以下のようなことを言っております。

20代のうちから楽な環境で働いていることに不安を感じていました。成長している実感もなく、他の会社では通用しない人材になるのは嫌だったので、転職に踏み切りました。
転職先では、少しハードですが、成長を実感できる環境に身を置く事ができたので、よかったです。

引用:転職相談

これからの時代、何が起こるわからないため、どの環境でも通用するような人材になる必要があるのです。

転職を後悔するパターン

次に、転職を後悔するパターンについて紹介します。

転職を後悔するパターン
  • 待遇が下がった
  • 残業が増えてしまった
  • 希望した仕事内容ではなかった
  • 人間関係が悪かった
それぞれ説明します。

待遇が下がった

1つ目のパターンは、「待遇が下がった」です。

「前職よりも給料が良かったため転職したのに、福利厚生や様々な手当てを含めると、待遇が下がっていた・・・」

求人情報だけを鵜呑みにしてしまうと、このような後悔をしてしまう恐れがあります。

対処法としては、「転職サイトの口コミをチェックすること」や「現役社員やOB・OGにヒアリングする事」が挙げられます。

いずれにしても、転職先を徹底的にリサーチする必要があります。

残業が増えてしまった

2つ目は、「残業が増えてしまった」と言う事です。

「求人情報では、平均残業時間10時間程度と書いてあったのに・・・」と後悔することもあるようです。

求人情報に載せている平均残業時間は、参考程度に捉えた方が良いです。

総合職と事務職が分かれている会社では、事務職の平均残業時間が短いため、会社全体の平均残業時間も短めになります。総合職を希望される方は注意しましょう。

希望した仕事内容ではなかった

3つ目は、「希望した仕事内容ではなかった」です。

「面接時はシステム部を希望していたのに、実際に配属した部署は、総務部だった・・・」

このようなことは、割とある話です。

しかし、希望していな部署に配属されたら、モチベーションは下がりますし、会社への信用もなくなってしまいます。

どうしても、我慢できない場合は、1年ほど経って、部署異動を申し出ることもアリだと思います。

部署異動も叶わなかった時は、再度転職することも検討しましょう。

人間関係が悪かった

4つは、「人間関係が悪かった」と言うことです。

「前職では人間関係が原因で退職したのに、転職先でも人間関係が悪い・・・」

人間関係については、転職してみないとわからない部分もあるので、避けられないパターンだと思います。

2度も人間関係がうまくいかないのは、もしかしたら自分が原因だったりします。

そのため、人間関係を良好にするための方法を復習しておきましょう。

人間関係を良好にするための方法
  • 相手の意見を尊重する
  • 業務以外でもコミュニケーションをとる(昼休みや業務終了後など)
  • 自分の意見を通しすぎない
これらを意識しているのに、人間関係がうまくいかない場合、職場に問題がある可能性があるので、1〜3年ほど働いたら、転職も視野に入れるべきです。

転職を迷っている人が考えるべきこと

これまで、「転職して良かったこと」と「転職して後悔したこと」について紹介してきました。

転職して後悔することもあるため、転職活動を迷っている人は多いでしょう。

次に、転職を迷っている人が考えるべきことについて解説します。

転職を迷っている人が考えるべきこと
  • 年齢を重ねるごとに転職難易度が上がる
  • 働きながら、転職活動をする
  • 同僚に転職相談をしない方が良い
  • 転職して後悔するリスクも理解する
それぞれ説明します。

年齢を重ねるごとに転職難易度が上がる

1つ目は、「年齢を重ねるごとに転職難易度が上がる」ということです。

年齢を重ねるごとに、以下のことが考えられます。

年齢を重ねるとどうなる?
  • 未経験での転職が難しくなる(30代前半まで)
  • 求められるスキルや業務経験が高くなる
  • ポテンシャルだけで採用されない
転職を考えているなら、早めに決断する事が大切です。

働きながら、転職活動をする

2つ目は、「働きながら、転職活動をする」ということです。

退職してから転職活動を始めてしまうと、収入が途切れてしまうため、金銭的な余裕がなくなってしまいます。

また、焦りが生じてしまうため、転職活動を万全に行う事ができなくなります。

そのため、在職中に転職活動をすることをおすすめします。

在職中では忙しすぎると悩んでいる方は、転職エージェントを利用する事で効率的に転職活動を進める事ができます

同僚に転職相談をしない方が良い

3つ目は、「同僚に転職相談をしない方が良い」と言うことです。

転職活動が不安であることはわかりますが、同僚に相談してしまうと、以下のようなリスクがあります。

同僚に転職相談しない方が良い理由
  • 直属の上司にバレてしまう事がある
  • 強引な引き止めにあう
  • 転職活動の意思が揺らいでしまう
特に、同僚が転職活動に後ろ向きだった場合、「転職しない方が良い!」と諭されてしまい、転職の意欲が落ちてしまいます。

相談するとしても、社外の人間や家族などにしましょう。

転職して後悔するリスクも理解する

4つ目は、「転職して後悔するリスクも理解する」と言うことです。

先ほども説明しましたが、転職する事で後悔するリスクがあります。そのことについて理解した上で転職することをおすすめします。

また、後悔するリスクを回避できる努力をするとなお良いでしょう。

後悔するリスクを回避する方法
  • 転職先の情報を徹底リサーチする
  • 転職する目的を明確にする
この2つをしっかり行うことで、後悔するリスクを下げられるでしょう。

後悔しない転職をするための対策

最後に、後悔しない転職をするための対策を解説していきます。

後悔しない転職をするための対策
  • 今の会社で最善を尽くす
  • 自己分析を行う
  • 転職する条件を明確にする
  • 業界研究や企業研究を徹底する
それぞれ説明します。

今の会社で最善を尽くす

1つ目の対策は、「今の会社で最善を尽くす」と言うことです。

転職理由には、「人間関係の問題」や「仕事内容の問題」など様々です。それらの問題は、改善できるかを考えることは大切です。

例えば、「仕事にやりがいを見出せない」と言うケースでは、部署異動することで問題が改善される事があります。

すぐに転職を検討するのではなく、まず現状を改善することに全力を尽くしましょう。

自己分析を行う

2つ目の対策は、「自己分析を行う」と言うことです。

自己分析を行うことで、以下のようなメリットがあります。

自己分析を行うメリット
  • 向いている仕事と向いていない仕事を把握できる
  • 自己PRや志望動機を聞かれた際に役に立つ
自己分析のやり方については、以下の記事に記載しています。
>>転職活動で役に立つ自己分析4ステップ【転職のプロが徹底解説】

転職する条件を明確にする

3つ目の対策は、「転職する条件を明確にする」と言うことです。

転職する条件を明確にすることで、後悔するリスクを軽減できます。

転職する条件を明確にする方法は以下のとおりです。

転職する条件を明確にする方法
  • 転職する条件をメモ帳に書き出し、優先順位をつける
  • 「譲れない条件」と「妥協できる条件」に分ける
譲れない条件が多すぎると、高望みをしてしまう事があります。

自分の市場価値と釣り合っているかを考慮する必要があります。

業界研究や企業研究を徹底する

4つ目の対策は、「業界研究や企業研究を徹底する」と言う事です。

それらを行う事で、転職後のギャップをなくす事ができ、後悔する可能性が減ります。

業界研究や企業研究を行う方法は以下のとおりです。

業界研究や企業研究を行う方法
  • 企業ホームページを見て、事業内容を理解する
  • 転職サイトの口コミをチェックする
  • 新聞や四季報を読み、業界の動向を探る
注意点として、信頼できる情報を参考にしてください。ネットの情報を鵜呑みにしてしまうことは危険ですのでやめましょう。

転職エージェントを利用する

5つ目の対策は、「転職エージェントを利用する」と言うことです。

転職エージェントを利用することで、転職サポートだけでなく、自分にあった求人も紹介してくれます。

また、給与交渉も行ってくれるので、待遇面の不安も解消されます。

転職エージェントの転職サポートは、無料で受けられるので、是非試してみてください。

具体的なサポート内容は以下のとおりです。

転職エージェントのサポート内容
  • 自分に合った求人紹介
  • キャリア面談
  • 履歴書添削や面接対策
  • 求人応募や面接日のセッティング
  • 内定後の給与交渉
無料で多くのサポートを受けられるのは、とても嬉しいですよね。

おすすめする転職エージェント

おすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください