転職に失敗して辞めたい!【1ヶ月〜3ヶ月で辞めても良い?】

今回は、「転職に失敗して辞めたい」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・転職したが、失敗してすぐにでも辞めたい・・・

・転職してすぐに辞めても問題ない?

この記事では、「転職して後悔した理由」や「次の転職で失敗しないための対処法」について説明していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


1ヶ月〜3ヶ月で辞めても平気なの?

まずは、「1ヶ月〜3ヶ月で辞めても平気なの?」という疑問に答えます。

結論は、「原則、短期間で会社を辞めることはおすすめしません。

その理由について、お話しします。

短期間で転職を繰り返すのはNG

短期間で転職を繰り返すことで、以下のようなイメージを面接官に持たれてしまいます。

短期間で転職を繰り返す人のイメージ

・またすぐに辞めてしまうのでは?

・飽きやすい

・ストレスに弱い

短期間で転職を繰り返すと、信用や市場価値を下げてしまうことになるので、注意してください。

また、前職で得られたスキルや業務経験について話すことができないので、次の転職活動で不利になります。

そのため、短期間で辞めてしまうことは、リスクになることは覚えておきましょう。

原則1年続けてみよう

新しい環境で働くことで、「社風に慣れないな〜」や「仕事内容がキツい」と思うことがあるでしょう。

慣れないことや新しいスキルを身につける時に、ストレスに感じることがあります。

そのため、慣れなくても、1年間は続けることをおすすめします

1年間続けた後に、「それでも辞めたい!」と思った時、転職活動をしましょう。

転職に失敗して辞めたい・・・|転職後、後悔する7つの理由とその対応策

まずは、転職後、後悔する7つの理由を紹介します。

転職後、後悔する7つの理由

・求人情報と実際の条件が異なっていた

・人間関係がギスギスしている

・社風や職場の雰囲気に馴染めない

・パワハラやセクハラが横行している

・自分のスキルや業務経験が足りない

・前職の方が良かった

・仕事にやりがいを見出せない

それぞれ説明していきます。

【理由1】求人情報と実際の条件が異なっていた

1つ目の理由は、「求人情報と実際の条件が異なっていた」です。

平均残業時間が10時間って書いてあったのに、めちゃくちゃ残業してる・・・

求人情報と実際の仕事内容が全然違う!

後悔した理由が、転職後のギャップであると答えた人は多いです。

対応策としては、以下の通りです。

実際の条件が異なっていた時の対応策

・転職サイトで口コミを参考にする

・実際に働いている社員にヒアリングする

生の声を参考にすると、転職後のギャップが解消できますよ。

【理由2】人間関係がギスギスしている

2つ目は、「人間関係がギスギスしている」です。

転職先の人間関係がギスギスしていると、その場にいるだけでストレスが溜まってしまいます。

人間関係については、転職してみないとわからないため、転職後のギャップを埋めることは難しいです。

その場合は、以下のような対応をとりましょう。

人間関係がギスギスしている時の対応策

・業務連絡以外の会話を控える

・1年間我慢して、転職を検討する

人間関係は、修復することがとても難しいです。また、修復を図ろうとして、逆効果になる可能性もあります。

そのため、人間関係を改善するのではなく、「同僚と距離を置き、頃合いを見計って転職すること」をおすすめします。

【理由3】社風や職場の雰囲気に馴染めない

3つ目の理由は、「社風や職場の雰囲気に馴染めない」です。

人間関係が悪いわけではないが、「なんか自分には合わないな・・・」と感じることもあるとでしょう。

同僚の仲が良すぎて、飲み会や交流会が多い

朝礼や夕礼で目標や1分間スピーチを話さなきゃいけない

すぐに辞めたくなるほどではないが、何ヶ月も自分に合わない会社で働くことは、大きなストレスになります。

社風や雰囲気に馴染めない時の対策は、以下の通りです。

社風や雰囲気に馴染めない時の対応策

・妥協できることは、社風に合わせる

・譲れないことは、正直に「NO!」と言う

全て自分に合う会社は、ほぼ存在しません。

そのため、妥協できることは、会社に合わせることも大切です。

しかし、本当に譲れないことは、「NO!」という勇気も必要です。

【理由4】パワハラやセクハラが横行している

4つ目は、「パワハラやセクハラが横行している」です。

今でも、日系大企業の中には、「男尊女卑の会社」や「部下を詰める会社」が存在します。

そのため、パワハラやセクハラに悩んでいる人は、多いと思います。

この問題に関しては、以下のような対策をとりましょう。

パワハラやセクハラが横行している時の対応策

・1人で耐えるのではなく、信頼できる上司や人事部に相談する

・それでも相手にしてくれない場合は、労働基準監督署に相談する

労働基準監督署は社内トラブルが解消する時に、外部から指導・調査を行ってくれる機関です。最悪、強制捜査や逮捕もできます。

本当に、パワハラやセクハラが酷い時は、労働基準監督署に相談するようにしましょう。

【理由5】自分のスキルや業務経験が足りない

5つ目は、「自分のスキルや業務経験が足りない」です。

優良企業に転職することに成功しても、「同僚のレベルが高すぎて、業務についていけない・・・」と悩むケースがあります。

同僚の足を引っ張っていると自覚してしまうと、申し訳ない気持ちになると辛いですよね。

しかし、周りのレベルが高いということは、チャンスでもあります。

自分のスキルや業務経験が足りない時の対応策

・前向きに捉えて、成長できる環境だと思う

・同僚に仕事の進め方を聞く

同僚や業務内容がレベル高いということは、成長できる環境であるということです。

臆せずに、自分の実力を上げることを考えましょう。

【理由6】前職の方が良かった

6つ目の理由は、「前職の方が良かった」です。

転職先で少しでも嫌なことがあると、「前職の方が良かった」と後悔してしまいますよね。

しかし、どんな会社でもデメリットの1つはあります。

転職先の粗探しをするよりも、転職して良かったことを探すようにしましょう。

前職の方が良かった時の対応策

・転職先の良いところを探す

・次の転職では、リサーチを徹底する

次の転職では、「前職の方が良かった」と後悔しないように、リサーチを徹底しましょう。

【理由7】仕事にやりがいを見出せない

7つ目の理由は、「仕事にやりがいを見出せない」です。

「転職前は業務内容に魅力を感じていたが、実際に働いてみるとやりがいが見出せない」ということはよくあります。

やりがいを見出すことは、自分の意識次第でどうにでもなります。

やりがいを見出せない時の対応策

・仕事内容ではなく、成果を上げることにやりがいを見出す

・単純作業でも創意工夫する努力をする

もちろん、1年以上働き続けても、やりがいを見出せない場合は、転職を検討しましょう。

次の転職では失敗しないための対処法

最後に、次の転職では失敗しないための対処法についてお話しします。

次の転職では失敗しないための対処法

・仕事の価値観を明確にする

・転職先の情報を調べる

・自分の市場価値を把握する

それぞれ解説していきます。

【対処法1】仕事の価値観を明確にする

1つ目の対処法は、「仕事の価値観を明確にする」ということです。

転職で失敗する原因として、「譲れない条件」や「妥協できる条件」が明確になっていないことが挙げられます。

そのため、仕事の価値観を明確にする必要があります。

仕事の価値観を明確にする方法は、以下の通りです。

仕事の価値観を明確にする方法
  • 転職する条件を挙げていき、条件に優先順位をつける
  • 業務経験から、「嬉しかったこと」や「つらかったこと」を洗い出し、自分の価値観をかためていく
自分の経験をもとに、価値観を明確にすると、精度が格段に上がります。

仕事の価値観を明確には、自己分析が必須になります。自己分析のやり方については以下の記事を参考にしてください。

【対処法2】転職先の情報を調べる

2つ目の対処法は、「転職先の情報を調べる」ということです。

転職後にギャップを感じる原因は、だいたい「リサーチ不足」だと言えます。

転職先を調べる方法は、以下の通りです。

転職先を調べる方法
  • 転職サイトの口コミを参考にする
  • 実際に働いている社員やOBにヒアリングする
  • 企業ホームページを入念に調べる
特に、「実際に働いている社員にヒアリングすること」で、信頼できる情報が得られます。

【対処法3】自分の市場価値を把握する

3つ目の対処法は、「自分の市場価値を把握する」ということです。

本人の希望と自分の市場価値にギャップがあると、転職に失敗する確率が上がります。

そのため、自分の市場価値を把握することが大切なのです。

自分の市場価値を把握する方法は以下の通りです。

自分の市場価値を把握する方法
  • 自分の職務経歴を整理する
  • 転職エージェントに相談する
自分だけで市場価値を分析しようとしても、主観が入ってしまいます。

そのため、第三者に自分の市場価値を分析してもらう方が良いでしょう。

【対処法4】転職エージェントに相談する

4つ目の対処法は、「転職エージェントに相談する」こともおすすめしています。

転職エージェントに相談できる内容は、以下の通りです。

転職エージェントのサポート内容
  • 興味のある求人を紹介してくれる
  • キャリア面談を行ってくれる
  • 履歴書添削や面接対策に協力してくれる
  • 企業に求職者の強みを売り込んでくれる
  • 内定後のアフターフォローも行ってくれる
キャリア面談や転職対策まで、無料で行ってくれるので、気軽に利用してみてください。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください