転職が難しいケースとは?【性別・年齢ごとに対処法を解説します】

今回は、「転職が難しいケースとは?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・転職が難しいケースを教えて欲しい

・性別や年齢によって、有利・不利ってあるの?

「転職活動を始めたいと思っているけど、転職が難しいケースってあるの?」と疑問に思いますよね。

結論から言いますと、転職が難しいケースはあります

しかし、難しいケースに該当したからと言って、絶望することはありません。

「転職が難しいケース」を理解し、それに応じた対策をすることで、転職を成功させることができます。

この記事では、「転職に難しいケース」や「転職を成功させる方法」について説明していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


転職が難しいケースとは?|ケースごとに対策も紹介

まずは、転職が難しいケースについて紹介します。

転職が難しいケース
  • 転職回数が多い or 勤続年数が短い
  • 本人の希望と市場価値とのギャップがある
  • 年齢が30代後半以上である
  • 未経験からの転職
それぞれ説明します。

転職回数が多い or 勤続年数が短い

1つ目のケースは、「転職回数が多い or 勤続年数が短い」ということです。

転職回数が極端に多かったり、前職での勤続年数が1年未満だったりすると、「またすぐに辞めそう・・・」と思われてしまうため、転職が難しくなります。

もちろん、ちゃんとした理由があったとしても、転職が不利になる可能性があります。

「転職回数が多い or 勤続年数が短い」場合には、以下のような対策をする必要があります。

転職回数が多いor勤続年数が短い場合の対策
  • ポジティブな退職理由を言う
  • 強い就業意欲を示す
  • すぐに辞めないことをアピールする
企業から「今度は、長続きするだろう」と言う期待を持ってもらう必要があります。

本人の希望と市場価値とのギャップがある

2つ目の原因は、「本人の希望と市場価値とのギャップがある」ということです。

本人が「高収入で残業時間少なめ」を希望しても、業務経験を積んでないと実現することは難しいです。

そのため、本人の希望と市場価値をマッチさせる必要があります。

具体的には、以下のようなことを行うと良いでしょう。

本人の希望と市場価値をマッチさせる方法
  • 本人の希望を全て叶えるのではなく、優先順位をつけ、調整を行う
  • 自分の市場価値を客観的に分析するために、転職エージェントでキャリア面談を行う
「自分の市場価値を把握すること」と「本人の希望を調整すること」が重要です。

年齢が30代後半以上である

3つ目の原因は、「年齢が30代後半以上である」ということです。

あまり言いたくはありませんが、年齢を重ねるごとに転職は難しくなります。

もちろん、「市場価値が高い方」や「特殊なスキルを持っている方」は、30代でも40代でも転職は可能です。

しかし、30代後半からの転職だと、「ポテンシャル」よりも「実務経験」を重視する傾向にあるので、簡単に転職することができなくなります。

そのため、以下のような対策を行う必要があります。

30代後半から転職を成功させる方法
  • 自分の経験やスキルを活かせる会社を希望する
  • 謙虚な姿勢を忘れない
  • 高望みをしない

年齢を重ねるに従って、実力が出てきて偉ぶった態度をとってしまいがちですが、謙虚な姿勢を忘れずにいましょう。

未経験からの転職

4つ目の原因が、「未経験からの転職」と言うことです。

未経験からの転職は、今までの業務経験やスキルが評価されない場合があるので、転職が難しくなります。

もちろん、若い頃は、ポテンシャルを評価されて転職できますが、年齢を重ねるごとに難易度は上がっていきます。

未経験の会社に転職したい方は、以下の対策を行いましょう。

  • 関連資格の勉強をする
  • 業界研究を徹底する
  • 社会人基礎力をアピールする(コミュニケーション能力など)
未経験の転職は、「業界が変わっても、結果を出せる人材である」と言う印象を残す必要があります。

年齢ごとに転職の難しさは変わる?

次に、年齢ごとに転職の難しさは変わるのかを解説していきます。

「20代」・「30代」・「40代」に分けて、「転職の難しさ」と「転職するときのポイント」を紹介していきます。

20代は会社からのニーズがある

まずは、20代の転職についてお話ししていきます。

20代の転職は、経験やスキルがなくても、「ポテンシャル」でも評価されるため、他業種転職も比較的容易です。

また、新卒から3年以内に辞めた方でも、「第二新卒」と言う枠が用意されているくらい、会社からのニーズがあります。

20代転職で意識することを挙げます。

20代転職で意識すること
  • 未経験でもどんどんチャレンジして良い
  • 業務経験よりも、謙虚さや就業意欲をアピールする
  • 第二新卒の場合は、「すぐに辞めないこと」をアピールする
未経験でも転職が可能であることが、20代の特徴です。

30代から業務経験やスキルが求められる

次に、30代転職についてお話ししていきます。

30代からは、「業務経験」や「スキル」が求められます。

そのため、「何ができるか?」や「前職ではどんな結果を残したか?」と言う質問をよくされます。

また、30代から未経験転職が難しくなってくることも覚えておきましょう。

30代転職のポイントを挙げていきます。

30代転職で抑えておくべきポイント
  • 未経験転職が難しくなる
  • 業務経験やスキルが求められる
  • 市場価値と本人の希望をマッチさせる必要がある
特に、本人の希望と市場価値にギャップがあると、転職に失敗する可能性が上がりますので、注意してください。

40代では人脈や専門性が重要である

最後に、40代転職についてお話しします。

40代が転職に成功するためには、「人脈」や「専門性」が必要になります。

また、キャリアアップ転職を考えている人は、高い専門性や素晴らしい実績が求められます。

そして、未経験での転職はとても難しいと言うことを覚えておきましょう。

40代転職で抑えておくべきポイントは以下の通りです。

40代転職で抑えておくべきポイント
  • 転職を成功させるためには、高い専門性や実績が必須
  • 人脈があると、転職を有利に進めることができる
  • 未経験の業界に転職することは難しい
また、40代でも新しい環境に適応するために、謙虚さは大切にしてください。

性別によって、転職難易度が変わることってある?

性別によって、転職難易度が変わるのかをお話ししていきます。

女性の場合、「出産」「子育て」などのライフイベントがあるため、転職に影響が出る可能性があります。

女性の転職事情について、3点お話しします。

女性の転職事情
  • 出産や子育てが懸念される
  • 管理職につきにくい
  • 政府の後押しがある
それぞれ解説していきます。

出産や子育てが懸念される

やはり、出産や子育てなど、業務に支障をきたす可能性があるため、懸念されることがあります。

そのため、「中小企業」や「人材・お金に余裕がない企業」へ転職することは難しいです。

しかし、最近では産休や育休を取得することに積極的になっている企業が増えていることも事実です。

なので、「大企業」や「福利厚生が充実している企業」への転職がおすすめです。

また、「結婚〜子育て」についてのライフプランをしっかり説明できると良いでしょう。

・人材や資金に余裕がある企業は、産休や育休に理解があるので、女性でも安心して働くことができます。

管理職につきにくい

女性の社会進出が進んでいるものの、まだ女性の管理職に就いている割合は低いです。

そのため、女性が管理職や責任のあるポジションに転職することは困難です。

しかし、会社によっては、女性の管理職割合を「〜%以上にする!」と発表している会社もあるため、そう言った会社を狙うことをおすすめします。

・管理職に就きたい場合は、女性の活躍に理解のある企業を調べてみましょう。

政府の後押しがある

最近では、政府の後押しにより、女性の転職が成功しやすくなってきています。

育児や介護の問題では、「育児・介護休業法」の改正により、最長2年間まで育休が取れるようになりました。

また、女性の社会的地位に関しても、「男女共同参画社会基本法」により、女性管理職を増やす取り組みがあります。

そのため、女性の転職に理解を示す企業が増えています。

・法律の改正により、女性が自分らしくキャリアを歩めるようになりました。

転職を有利に進めるためには?

転職エージェントを利用することで、有利に転職活動を進めることができます。

具体的に転職エージェントから受けられるサポート内容を紹介します。

転職エージェントのサポート内容
  • 興味のある求人を紹介してくれる
  • キャリア面談を行ってくれる
  • 履歴書添削や面接対策に協力してくれる
  • 企業に求職者の強みを売り込んでくれる
  • 内定後のアフターフォローも行ってくれる
以上のようなサポートを受けることができます。

もちろん、自力で就職活動をすることもできますが、求人応募〜内定受諾まで1人で行う必要があるので、なかなかハードルが高いと思います。

少しでも就職活動に不安を感じる人は、転職エージェントに相談してみるのもアリです。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください