アスペルガー症候群の人が向いている仕事【職場でのミスや対処法を解説】

今回は、「アスペルガー症候群の人が向いている仕事」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・アスペルガー症候群の人に向いている仕事を教えて欲しい

・アスペルガー症候群の人が起こしやすいミスとその対処法が知りたい!

アスペルガー症候群といえば、「社会性」や「コミュニケーション能力」が特徴的だと言われています。

しかし、アスペルガー症候群やそれ以外の方も、仕事選びで大切なことはそこまで変わりません。

仕事選びにおいて大切なことは、「自分の特性を理解し、特性を活かせる職業に就くこと」です。

この記事では、「アスペルガー症候群の特性」や「アスペルガー症候群に向いている仕事」を紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、「コミュニケーション」・「社会性」・「想像性」の3つ特性に障害が見られることを指します。

言語や知的な障害は伴わないが、社会への関心や対人スキルに特異性が見られます。

そのため、アスペルガー症候群は、一目見ただけではわかりづらく、軽度であれば自分でも気付かない人は多いでしょう。

アスペルガー症候群の障害を具体的に説明していきます。

アスペルガー症候群の障害
  • コミュニケーション
  • 社会性
  • 想像性
それぞれ説明します。

コミュニケーションに関する障害

まずは、「コミュニケーション」に関する障害を説明していきます。

アスペルガー症候群の人は、コミュニケーションでは以下のような特徴を持っています。

まず、アスペルガー症候群の人は、様々な判断をはっきりさせたいという特徴があります。そのため、グレーゾーンを嫌い、融通が利かないことがあります。

また、他人と親しくなりたいという気持ちが弱いです。そのため、仕事上では対人関係で悪影響を及ぼす可能性があります

そして、環境へのこだわりが強いです。「室内の明るさ」や「周囲の音」に敏感であるため、環境によって仕事のパフォーマンスが左右されやすいです。

社会性に関する障害

次に、社会性に関する障害について紹介していきます。

アスペルガー症候群の人は、社会性について以下のような特徴があります。
まずは仕事が長続きしづらいということです。環境や仕事の進め方にこだわりを持っている方が多く、自分に合わない職場の場合、ストレスを溜めてしまいます。その結果、数ヶ月ほどで辞めてしまうケースが多いです。

また、得意分野と不得意分野の差が激しいです。向いている仕事には、異様な集中力を見せます。逆に、興味のない仕事では、パフォーマンスが一気に低下します。そのため、仕事選びがとても大切になります。

そして、マルチタスクがとても苦手なことも特徴の1つです。1つの作業に集中することには長けていますが、複数の作業を同時並行することがとても苦手です。そのため、ジェネラリストよりもスペシャリストを目指すことをおすすめします。

想像性に関する障害

そして、想像性に関する障害について紹介していきます。

アスペルガー症候群の人は、想像性について以下のような特徴があります。

自分の思ったことをそのまま発言してしまうため、相手を怒らせてしまうことが多々あります。「これを言ったら相手はどう思うか?」という想像力に欠如しているところが見られます。

また、臨機応変な対応が苦手です。そのため、「急な予定の変更」や「仕事の進め方の変更」に対応できずに、混乱する場合があります。

そして、人との距離感を掴めないという特徴もあります。そのため、初対面や親しくない相手に対して、馴れ馴れしい言葉を発してしまい、トラブルを起こすこともあります。

アスペルガー症候群の特性

次に、アスペルガー症候群の特性について説明します。

アスペルガー症候群の特性
  • 記憶力に優れている
  • 興味のある分野に対して、強い探究心を持つ
  • 集中力に優れている
  • 独特な感性を持つ
それぞれ説明します。

記憶力に優れている

アスペルガー症候群の人は、「単純記憶」を得意とする傾向があります。

単純記憶とは、反復して脳に刷り込むことで覚えることを指します。

通常、幼少期は単純記憶を得意とし、大人になるにつれて「イメージ記憶」の方が得意になってきます。

しかし、アスペルガー症候群の人は、大人になっても単純記憶が優れていることを多いです。

興味のある分野に対して、強い探究心を持つ

アスペルガー症候群の人は、特定の分野に強い興味を示すことがあり、その分野に没頭する傾向にあります。

そのため、好奇心が強く、1つの分野を極めることに長けています。

しかし、他のことには無関心になりがちなので、複数の作業をこなすことは苦手です。

集中力に優れている

アスペルガー症候群の人は、自分が興味を持つ分野に対して、素晴らしい集中力を発揮します。

多くの人が辛いと感じてしまう作業でも、根気強く正確な仕事ぶりを発揮してくれます。そのため、業界によっては重宝される存在になります。

独特な感性を持つ

アスペルガー症候群の人は、感覚が過敏であり、日常生活では辛いことが多いです。

しかし、「独特な感性を持っている」とも言えます。そのため、音楽や芸術なので才能を発揮する人もいます。

人と違うことをポジティブに捉えることも大切です。

アスペルガー症候群の人に向いている仕事

次に、アスペルガー症候群の人に向いている仕事を紹介します。

先ほど説明したアスペルガー症候群の特性を活かすことがポイントです。

1つの作業に没頭できる環境であり、マルチタスクがあまり求められない仕事をまとめてみました。

アスペルガー症候群に向いている仕事
  • システムエンジニアやプログラマー
  • ウェブデザイナーやグラフィックデザイナー
  • 事務職
  • 研究職
  • カメラマンやジャーナリスト

もちろん、自分が興味を持った分野であれば、どんな仕事でも挑戦した方が良いです。

これらの仕事は参考程度に見ておいてください。

アスペルガー症候群の人に向いていない仕事

次に、アスペルガー症候群の人に向いていない仕事を紹介します。

アスペルガー症候群の人が苦手とする行為として、「臨機応変な対応」や「マルチタスク」、「集団行動をとる」などが挙げられます。

そのため、それらの能力を必須としている仕事には向かないと考えられます。

アスペルガー症候群の人に向いていない仕事
  • 接客業(臨機応変な対応や対人スキルが求められる)
  • 営業職(対人スキルが求められる)
  • ウェイターやウェイトレス(マルチタスクが求められる)
アスペルガー症候群であるなら、これらの仕事は避けておいた方が良いでしょう。

アスペルガー症候群の人が起こしやすいトラブルとその対処法

アスペルガー症候群の人が起こしやすいトラブルとその対処法について紹介します。

アスペルガー症候群の人が起こしやすいトラブル
  • 自分の意見を通そうとして、人間関係のトラブルを起こす
  • 仕事のプロセスが変更になったことについていけない
  • 複数の作業を振られると混乱してしまう
それぞれ説明していきます。

自分の意見を通そうとして、人間関係のトラブルを起こす

アスペルガー症候群の人は、「強いこだわり」を持っており、そのことから人間関係のトラブルに発展してしまう恐れがあります。

こだわりを持つことは悪いことばかりではないですが、強すぎると反感を買ってしまうことも多いです。

対処法としては、「相手の意見に耳を傾けること」です。自分ばかり発言するのではなく、相手の話を最後まで聞く姿勢を持つことが大切です。

仕事のプロセスが変更になったことについていけない

アスペルガー症候群の人は、「臨機応変に対応すること」が苦手であり、仕事のプロセスが変更になったことについていけないことがあります。

そのため、ミスが連発する事態が発生してしまいます。

対処法としては、「自分用の作業マニュアルを作成すること」です。口頭で説明された場合、ひとまずメモ帳に書き留めてからマニュアルを作成すると、抜け漏れを防げます。

もし、忘れてしまった時は、上司に質問するようにしましょう。

複数の作業を振られると混乱してしまう

アスペルガー症候群の人は、「マルチタスクが苦手」という特性があり、複数の作業を割り振られると混乱してしまうことがあります。

混乱してしまうと、何から作業すればいいか分からなくなってしまい、生産性を落としてしまいます。

対処法としては、「TODOリストをこまめに作成すること」です。

複数の作業を割り振られた時は、「どの順番から」「何を」「どのように進めていくか」をまとめてから、作業に取り掛かるようにしましょう。

アスペルガー症候群の人が就職や転職を成功させるコツ

就職や転職を成功させるコツは、以下のとおりです。

就職や転職を成功させるコツ
  • 企業研究や業界研究を徹底する
  • 自己分析をしっかり行う
  • 転職エージェントに相談する
それぞれ解説します。

企業研究や業界研究を徹底する

企業研究や業界研究は、「仕事内容」や「業界の動向」を知ることができるので、とても大切な工程です。

これらをしっかり行なっていないと、企業面接でつまづいてしまう恐れがあります。

企業研究や業界研究を効率的に行う方法は以下のとおりです。
これらを行なっておくと、志望動機について掘り下げられても対応することができます。

自己分析をしっかり行う

自己分析は、「自分の特性」や「転職する上での条件」などを明確にする作業です。

そのため、自己分析をしっかり行わないと、自分にあった求人を探すことができません。

自己分析を正しく行う方法は以下のとおりです。
これらを行うことで、「自分の特性」や「転職する上での条件」に気づけるはずです。

転職エージェントに相談する

最後に、転職エージェントに相談することで、プロのアドバイスを聞くことができるので、効率的に転職活動を進めることができます。

転職エージェントに相談できることは以下のとおりです。
転職経験が浅い方であれば、転職エージェントを利用することで、不安を払拭することができます。

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:転職サポート充実
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください