転職エージェントのサポート期間はいつまで?【10社のスケジュールを比較】

今回は、「転職エージェントのサポート期間はいつまで?」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・転職エージェントのサポート期間がいつまでなのか知りたい!

・サポート期間が過ぎても、延長することってできるの?

最近、「転職エージェントのサポート期間はいつまでなのか?」と言う質問をよく受けます。

また、サポート期間が過ぎた時に、延長することができるのか気になりますよね。

この記事では、「転職エージェントのサポート期間」や「最短で転職に成功するコツ」を紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


一般的なサポート期間の目安

最初に、一般的なサポート期間の目安について解説します。

大手転職エージェントでは、サポート期間を「3ヶ月〜6ヶ月」に設定しています。また、中小転職エージェントであれば、サポート期限がないことがあります。

また、転職活動のスケジュールは、以下のとおりです。

転職活動期間 3ヶ月の場合 6ヶ月の場合
登録、キャリア面談、応募書類作成 2週間 2週間
求人応募、面接 1ヶ月半 3ヶ月半
内定受諾、退職手続き 1ヶ月 1ヶ月

「求人応募〜面接」の過程は、人によって期間が異なります。

次に、大手転職エージェント10社のサポート期間を比較してみましょう。

大手転職エージェント10社のサポート期間を比較

大手転職エージェント10社のサポート期間を見ていきましょう。

転職エージェント名 サポート期間
リクルートエージェント 3ヶ月※延長あり
パソナキャリア 原則6ヶ月
マイナビエージェント 実質無期限※規定あり
doda 実質無期限※規定あり
JACリクルートメント 実質無期限※規定あり
Spring転職エージェント 実質無期限※規定あり
ランスタッド 実質無期限※規定あり
ハタラクティブ 実質無期限※規定あり
ワークポート 実質無期限※規定あり
エン転職 実質無期限※規定あり

リクルートエージェントとパソナキャリアは、明確にサポート期間を設けています。

また、他の転職エージェントは、「実質無期限」と設定されています。

しかし、「実質無期限」でも、「キャリア面談」や「非公開求人紹介」などのサポートは、登録から3ヶ月経つと打ち切られることがあるので注意しましょう。

転職エージェントがサポート期間を設ける理由とは?

次に、転職エージェントがサポート期間を設ける理由を紹介します。

基本的に、手厚いサポートを受けられる期間は、3ヶ月〜6ヶ月ほどです。

サポート期間を設ける理由には、採用企業側と転職エージェント側の事情があります。

・採用企業側の事情

・転職エージェントの事情

それぞれ説明します。

採用企業側の事情

採用企業側の事情は、「採用スケジュール」にあります。

企業は、「3月までに、営業部に、3人採用する」といったようなスケジュールを決めています。

求人募集から人材獲得までおよそ3ヶ月かかると言われており、企業は3ヶ月前に求人を流すのです。

それに合わせて、転職エージェントもサポート期間を3ヶ月程度に定めています。

転職エージェント側の事情

また、転職エージェント側の事情もあります。

転職エージェントは、利用者を転職させることで、成功報酬として、企業側から紹介手数料を貰います。

つまり、転職エージェントは、多くの利用者を早く転職させることで、業績を上げています。

そのため、サポート期間を無期限にしてしまうと、利用者一人ひとりに時間を取られてしまうため、採算が取れなくなってしまうのです。

表向きでは、サポート期限を設けていますが、転職を急がせて採算が合うようにしているのです。

サポート期間は延長できる?

「転職活動がまだ終わっていないが、サポート期間を延長することはできるの?」という疑問を持ちますよね。

希望することで、サポート期間を延長することは可能です。

SNSでも延長している方が多くいるみたいですよ。

転職エージェント利用できるの3ヶ月みたいでこの前3ヶ月経ちましたが頑張っておられるので2ヶ月延長しますみたいな連絡来てちょっと焦ったよ…笑 ありがとう〜!!

(twitterから引用:@ri_hrk)

本人が前向きに転職活動をしていれば、サポート期間の延長は問題ないです。

最短で転職を成功させるコツ

転職エージェントにサポート期間がある以上、早めに転職を終わらせる必要があります。

次に、最短で転職を成功させるコツについて紹介します。

最短で転職を成功させるコツ

・自己分析や企業研究を徹底する

・履歴書添削や面接対策をしっかり行う

それぞれ説明していきます。

自己分析や企業研究を徹底する

1つ目のコツは、「自己分析や企業研究を徹底する」ということです。

自分に向いている仕事」や「転職する条件」を明確にしていないと、求人応募の段階で時間がかかってしまいます。

また、企業研究が十分でないと、面接対策が長引いてしまい、サポート期間が終わってしまいます。

まずは、転職エージェントに登録する前に、事前準備を行うと良いでしょう。

履歴書添削や面接対策をしっかり行う

2つ目のコツは、「履歴書添削や面接対策をしっかり行う」ということです。

なぜなら、それらの対策を行っていないと、書類選考や企業面接に落ちてしまい、なかなか内定を獲得することができないからです。

求人応募する前に、履歴書添削や面接対策を、担当者に協力してもらいましょう。

担当者は、数多くの転職サポートを経験しているので、きっと有益なアドバイスをもらえるはずです。

おすすめ転職エージェント4選

最後に、おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください