ADHC(注意欠陥・多動性障害)に向いている仕事8選

今回は、「ADHC(注意欠陥・多動性障害)に向いている仕事8選」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・ADHDに向いている仕事を教えて欲しい

・仕事を探す際のポイントを知りたい

ADHDは、「忘れ物をよくする」、「落ち着きがない」といった特徴があることから、仕事選びに慎重になる必要があります。

もちろん、ADHDにも長所がありますが、仕事選びを間違えると、仕事が長続きしなくなってしまいます。

そのため、この記事では、「ADHDに向いている仕事」や「ADHDに合った働き方」などを解説していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


ADHDとは?

ADHDとは、「注意欠如多動性障害」の略称です。

ADHDは、大きく2つの特性が見られます。

ADHDの特性

不注意:「注意を持続するのが難しい」、「ケアレスミスが多い」、「忘れ物が多い」

多動性・衝動性:「目的のない動きをする」、「感情が不安定になりやすい」、「過度なおしゃべりや不要な発言」

そのほかにも「マルチタスクが苦手」・「スケジュール管理が苦手」などが挙げられます。

また、ADHDは子どもだけでなく、大人でもADHDの特性を持つ方がいます。

しかし、そこまで深刻に考える必要はありません。

ADHDの強み・弱みを理解することで、向いている仕事を見つけることができます。

ADHDの強み・弱みとは?

次に、ADHDの強み・弱みについて解説します。

ADHDの強み

まずは、ADHDの強みについてお話しします。

具体的には、以下の通りになります。

ADHDの強み
  • 行動力がある
  • 判断が早い
  • 独特なアイディアを生み出せる
  • 興味のある分野に没頭できる
ADHDを障害と思うのではなく、特性と捉えることが大切です。

職種や環境によっては、その特性を活かせる場があるはずです。

ADHDの弱み

次に、ADHDの弱みについてお話しします。

具体的には以下の通りです。

ADHDの弱み
  • ケアレスミスが多い
  • マルチタスクが苦手
  • スケジュール管理が苦手
  • 他人の意見を聞く前に、自分の意見を言ってしまう

ADHDの弱みは、1つの仕事に没頭しすぎて、周りが見えなくなってしまうことです。

専門性に特化するあまり、複数の仕事が苦手な傾向にあります。

そのため、ジェネラリストを求められる仕事には向いていません。

ADHDに向いている仕事8選

ADHDに向いている仕事を紹介します。

ADHDには、「不注意」と「多動性・衝動性」の2つに分かれています。そのため、それぞれ説明します。

不注意型ADHDに向いている仕事4選

不注意型ADHDは、独特なアイディアを生み出すことに長けているので、クリエイティブな仕事に向いています。

具体的に、不注意型ADHDが向いている仕事を紹介します。

不注意型ADHDが向いている仕事4選
  • コピーライター
  • Webデザイナー
  • イラストレーター
  • ゲームクリエイター

在宅勤務を希望すれば、作業に没頭できる環境も作れるのでオススメです。

多動性・衝動性ADHDに向いている仕事4選

多動性・衝動性ADHDは、行動力があることが特徴であり、自由度が高い仕事が向いています。

具体的に、多動性・衝動性ADHDに向いている仕事を6つ紹介します。

多動性・衝動性ADHDに向いている仕事
  • 営業職
  • フリーランスエンジニア
  • 消防士
  • 警察官
営業職や警察官など、行動力が求められる仕事に向いています。

逆に、オフィスに留まることが苦手なので、オフィスワークなどには向いていないでしょう。

ADHDに合った働き方

ADHDに合った働き方について3つ紹介します。

ADHDに合った働き方
  • 在宅勤務
  • 裁量労働制
  • フレックス
  • フリーランス
それぞれ説明します。

【働き方1】在宅勤務

1つ目の働き方は、「在宅勤務」です。

在宅勤務は文字通り、「自宅で業務を行える勤務体系」です。

興味のある分野に没頭できる長所があるため、在宅勤務との相性は良いです。

オフィス内では、同僚が相談に来たり、作業途中に不要な会議が入ってしまい、作業に集中できなくなります。

また、スケジュール管理やマルチタスクが苦手なので、それらの短所をカバーできる意味でも在宅勤務はADHDには合っています。

IT業界では、コロナの影響もあり、在宅勤務が推奨されています。

WebライターやWebデザイナーは、特にオススメです。

【働き方2】裁量労働制

2つ目の働き方は、「裁量労働制」です。

裁量労働制とは、「残業時間や残業代をあらかじめ定めた上で、給料を支払う制度」です。

裁量労働制のメリットは、「時間に縛られることなく、自由度の高い働き方が実現できる」ということです。

裁量労働制を適用している職種として、「営業職」や「システムエンジニア」などが挙げられており、ADHDと相性が良いです。

しかし、裁量労働制は、残業時間に関係なく一定の給料が支払われるため、ブラック企業も適用している場合があります。

そのため、会社選びには慎重になる必要があります。

【働き方3】フレックス制

3つ目の働き方は、「フレックス制」です。

フレックス制とは、「労働者が労働時間の配置を決定することができる制度」を指します。

出勤時間や退勤時間を縛られることがないので、自由度が高い働き方の1つです。

そのため、作業に没頭したい時は遅くまで仕事をできますし、あまり仕事がない時は早上がりをすることもできます。

しかし、たいていの企業は、コアタイムを設定していて、「10時から15時まではオフィスにいること」という決まりを設けています。

【働き方4】フリーランス

4つ目の働き方は、「フリーランス」です。

フリーランスとは、「会社に属さず、個人で働くこと」です。

フリーランスになれば、場所・時間・仕事内容に縛られることなく、自分の思うがままに働くことができます。

しかし、仕事が受注できるまでが大変であり、信頼を積み重ねる努力が必要です。

また、社会保険や税の申告なども自分で行わなければいけません。

能力のある方には、理想的な働き方ですが、スキルや実績がなければ務まらない過酷な働き方です。

ADHDが円滑に仕事を進める方法

最後に、ADHDが円滑に仕事を進める方法を紹介します。

ADHDが円滑に仕事を進める方法
  • TODOリストを作成する
  • 仕事の進め方をマニュアル化する
  • 自分のデスクを整理する時間を作る
それぞれ説明します。

TODOリストを作成する

まずは、「TODOリストを作成する」ということです。

ADHDは、忘れ物をしやすく、マルチタスクが苦手なため、複数の仕事を頼まれると、困惑してしまいます。

そのため、TODOリストを作成して、「やるべきこと」をリスト化しておくようにしましょう。

頼まれた仕事を忘れてしまうことで、信頼を失う可能性があるため、注意しましょう。

仕事の進め方をマニュアル化する

次に、「仕事の進め方をマニュアル化する」ということです。

ADHDの方は、仕事の進め方にこだわりを持っていることがあるので、自分でマニュアルを作成した方が、ケアレスミスが減らせて良いでしょう。

そのため、新しい作業を引き継いだ際には、1からマニュアルを作成することをお勧めします。

自分のデスクを整理する時間を作る

3つ目は、「自分のデスクを整理する時間を作る」ということです。

ADHDの方は、掃除が苦手であるため、デスクが散らかることが多いです。

デスクが散らかることで、生産性も下がるので、デスクを整理することをお勧めします。

また、頭の中を整理する時間も確保すると良いでしょう。

ADHDの方に限らず、「やるべき仕事」や「優先度の高い仕事」を整理することで、納期までの逆算を行えます。

1つの作業が終わるたびに、デスクや頭の整理を行うと、次の仕事に取り組みやすいです。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください