経理に向いている人&向いていない人の性格・特徴【転職のプロが解説】

今回は、「経理に向いている人&向いていない人の性格・特徴」と言うテーマでお話ししていきます。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・自分が経理に向いているかわからない・・・

・経理に向いていない人の特徴が知りたい!

仕事には「向き・不向き」があります。

今回は、経理に向いている人&向いていない人の性格や特徴を紹介します。

この記事を読むことで、「自分が経理に向いているかどうか」を見極めてください。

この記事では、「経理に向いている人・向いていない人の性格」や「経理になるための対策」について説明していきます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp


経理に向いている人の性格・特徴

まずは、経理に向いている人の特徴を紹介します。

経理に向いている人の性格・特徴
  • 勉強熱心な人
  • 数字に強い人
  • 論理的思考力のある人
  • 真面目でミスが少ない人
  • オフィスワークに抵抗がない人
それぞれ説明していきます。

【向いている性格・特徴1】勉強熱心な人

1つ目は、「勉強熱心な人」です。

これが経理になる上で、一番重要であると言っても過言ではありません。

経理が扱う分野は幅広く、日々知識を習得することが求められます。

具体的に、以下の分野の勉強を行う必要があります。

経理が求められる知識
  • 会計や簿記の知識
  • 法律の知識
  • PCスキル(wordやExcelなど)
「勉強することで、自分の成長が実感できることが嬉しい!」と思える方なら、経理に向いているかもしれません。

【向いている性格・特徴2】数字に強い人

2つ目は、「数字に強い人」です。

経理の仕事を行うと、よく目にするのが「数字」です。

売上計算や商品の出荷などを行うため、数字に強い方が向いています。

もちろん、数字に抵抗がある方でもできますが、経理の仕事が苦痛になるかもしれません。

【向いている性格・特徴3】論理的思考力のある人

3つ目は、「論理的思考力のある人」です。

経理は、細かい会計基準に則り、仕事を遂行します。

決められたルールの中で、複雑な処理を行うので、論理的思考力が求められるのです。

また、会計士とも議論に発展することがあるので、順序立てて説明できる能力も必要になりますね。

物事を論理的に考える能力」と「論理的に説明する能力」が求められるというワケです。

【向いている性格・特徴4】真面目でミスが少ない人

4つ目は、「真面目でミスが少ない人」です。

経理の仕事は、細かい数字を処理する仕事であり、ミスが起こりがちです。

しかし、売上や経費の計算など重要な数字を扱うため、ミスは許されません。

そのため、真面目でミスが少ない方が向いています。

もちろん、努力次第でミスを減らす方法はあります。

ミスを減らす方法
  • セルフチェックを徹底する
  • 作業が終わり次第、同僚にレビューをお願いする
  • ミスが起こりやすい箇所を洗い出す
これらを行うだけでも、大分ミスは減ると思います。

【向いている性格・特徴5】オフィスワークに抵抗がない人

5つ目は、「オフィスワークに抵抗がない人」です。

経理の作業は、大半がオフィスで行います。

そのため、営業職のように外回りを行ったり、社外の人とコミュニケーションを取る機会が極端に少ないです。

オフィスに閉じこもって作業をすることに抵抗がない人は、経理に向いていると思います。

外交的な人にとっては、経理の仕事は窮屈に感じる恐れがあります。

経理に向いていない人の性格・特徴

次に、経理に向いていない人の性格・特徴を解説していきます。

経理に向いていない人の性格・特徴
  • 数字が苦手
  • 勉強に抵抗がある
  • 大雑把に仕事をしてしまう
  • 感覚で業務を進めてしまう
  • 社外でのコミュニケーションがしたい
これらの項目の中で、3つ以上当てはまっていたら、経理以外の職種を検討した方が良いかもしれません。

経理に向いていると思ったら、やるべきこと4選

最後に、経理に向いていると思ったら、やるべきことについてお話しします。

経理に向いていると思ったら、やるべきこと
  • 経理の仕事内容について調べる
  • 自分のスキルを棚卸する
  • 経理に関連した資格やスキルを取得する
  • 転職エージェントに相談する

それぞれ解説していきます。

経理の仕事内容について調べる

まずは、経理の仕事内容について調べることをおすすめします。

「実際、経理に転職してみたら、やりたいことではなかった」という事態に陥ってしまうので、リサーチはしっかり行いましょう。

そして、企業面接のために、「経理に就いて何がしたいのか?」・「経理のどこに魅力を感じたのか?」という疑問に対して、明確な答えを用意しておきましょう。

経理の仕事内容を調べる方法は以下の通りです。

  • 書籍を活用して、市場動向について調べる
  • 経理経験者に、実際の仕事内容をヒヤリングする
  • ニュースや新聞を読み、タイムリーな情報を入手する
信頼できる情報源からリサーチすることを心がけましょう。

自分のスキルを棚卸する

2つ目は、「自分のスキルを棚卸する」ということです。

自分は何ができるのかを明確にすることも、転職活動をする上ではとても大切なことです。

スキルを棚卸する方法は、以下の通りです。

スキルを棚卸する方法
  • 職務経歴をもとに、どんな仕事をしてきたのか洗い出す
  • 仕事を行った際に、どんなスキルを活用したのかを抽出する(※「傾聴力」や「コミュニケーション能力」なども含まれる)
スキルを棚卸する際は、「できるだけ多くのスキル」を抽出しましょう。

経理に関連した資格やスキルを取得する

3つ目は、「経理に関連した資格やスキルを取得する」ということです。

もちろん、20代の場合は未経験から経理に転職することは容易です。

しかし、30代以上になると、即戦力を求められるため、転職前に資格やスキルを取得することをお勧めします。

具体的に、経理に転職するために必要な資格やスキルを紹介します。

経理に転職するために必要な資格やスキル
  • 日商簿記3級
  • 会計や法律の知識
  • 論理的思考力
  • PCスキル(word、EXCELなど)
その中でも、「日商簿記3級」と「PCスキル」は、取得しておいた方が良いです。

転職エージェントに相談する

そして、「転職エージェントに相談する」こともおすすめしています。

特に、未経験からの転職ですと、様々な課題が発生します。

そのためには、転職のプロである転職エージェントに相談することが一番です。

転職エージェントに相談できる内容は、以下の通りです。

転職エージェントのサポート内容
  • 興味のある求人を紹介してくれる
  • キャリア面談を行ってくれる
  • 履歴書添削や面接対策に協力してくれる
  • 企業に求職者の強みを売り込んでくれる
  • 内定後のアフターフォローも行ってくれる
キャリア面談や転職対策まで、無料で行ってくれるので、気軽に利用してみてください。

おすすめ転職エージェント4選

おすすめ転職エージェントを4つ紹介します。

求人情報を見るためだけに利用することもできるので、気軽に登録してみましょう。

また、無料で利用できるので、安心してご利用できます。

【おすすめ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』:業界No.1の求人数
【公式】https://www.r-agent.com

・『doda』:転職者満足度No.1
【公式】https://doda.jp

・『パソナキャリア』:幅広い年代におすすめ
【公式】https://www.pasonacareer.jp

・『マイナビエージェント』:第二新卒や20代向け
【公式】https://tenshoku.mynavi.jp

転職エージェントの特徴や選ぶときのポイントが知りたい方は、以下の記事に記載しています。
>>転職エージェントおすすめ10選【転職成功者が解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください