24歳フリーターが正社員に就職する方法【高卒・未経験でもOK】

24歳フリーター

今回は、「24歳フリーターが正社員に就職する方法」についてお話しします。

この記事は、このような人に読んで欲しいです。

・「24歳フリーターでも正社員として就職できるのか?」と心配な人

・今の生活から抜け出したい人

24歳フリーターというと、卒業してから「高卒なら6年」、「大卒なら2年」の年月が経っています。

フリーターのままでは不安だと感じ始めている人は多いと思います。しかし、焦る必要はないです。

この記事では、「24歳フリーターが正社員に就職する方法」を紹介します。

24歳フリーターが正社員就職を目指した方が良い理由

まずは、24歳フリーターが正社員就職を目指した方が良い理由についてお話しします。

具体的には、以下の理由があります。

・生涯に得られる収入が1億円以上上がる

・社会的ステータスや信頼が得られる

・収入が途絶えるリスクがある

生涯に得られる収入が1億円以上上がる

フリーターと違い、正社員になれば昇給制度やボーナスなどが見込めます。それにより、生涯収入は段違いになります。

正社員フリーター
生涯収入2億〜3億円6000万円〜1億円

実力主義がトレンドになっている今でも、日系企業は年功序列の文化が残っています。

出世をすれば基本給やボーナスが一気に跳ね上がるので、モチベーションも上がりますよね。

社会的ステータスや信頼が得られる

正社員になると、「社会的ステータス」や「信頼」が得られます。

「社会的ステータスが得られたら、なんかいいことあるの?」と思いますよね。

正社員になると、以下のことで優遇されます。

・クレジットカードの作成やグレードアップ

・住宅ローンや借金

・個人的なお願い事など

多くのケースで正社員が優遇されますので、フリーターから正社員になる意味は大いにあります。

収入が途絶えるリスクがある

フリーターの場合は、時間あたりの労働力で給料が支払われます。そのため、大怪我をして入院した場合、収入が途切れてしまいます

それに比べて、正社員はそんなことはありません。

有給休暇を取得すれば、働かずとも一定の期間は給料が支払われますし、休職制度を使えば、クビになることもありません。

将来、何が起こるか分からないので、正社員として働くことをお勧めします。

24歳フリーターでも正社員になれるのか?

正社員として働くことのメリットを話しましたが、実際に24歳フリーターが正社員になれるのか不安ですよね。

正社員になれると断言できます。その理由は以下の通りです。

・多くの会社がフリーターを正社員として採用している

・「ポテンシャル採用」が適用される年代である

多くの会社がフリーターを正社員として採用している

「フリーターが正社員として採用されるなんて無理だ!」などと思っていませんか?

リクナビNEXTの調査では、以下のような結果が出ています。

今までに、何名くらいのフリーターを正社員として採用しましたか?」という質問をした結果を表にしました。

割合
採用実績はない52.2%
5名以下26.1%
10名以下10.9%
20名以下4.3%
21名以上6.5%

だいたい半数の会社がフリーターを正社員として採用していることがわかります。

そのため、フリーターが正社員として採用される可能性は十分にあります。

「ポテンシャル採用」が適用される年代である

24歳までがギリギリ「ポテンシャル採用」が適用されるため、正社員への就職には向いています。

リクナビNEXTの調査では、以下のような結果が出ています。

フリーターを正社員として採用する場合、何歳ぐらいまでの方を対象と考えていますか?」という質問をした結果を表にしました。

割合
23歳まで15.0%
24歳まで30.0%
25歳まで30.0%
27歳まで5.0%
28歳まで10.0%
29歳まで5.0%
35歳まで5.0%

時間が経つにつれて、正社員としての就職難易度が上がるので、24歳までに就職活動してほしいです。

24歳フリーターが正社員就職に成功する方法

24歳フリーター が正社員就職を成功させる方法を紹介します。

・業界研究を徹底する

・面接対策をしっかり行う

・転職エージェントを複数登録する

・自分にあったキャリアアドバイザーに出会う

業界研究を徹底する

業界研究を徹底することで、「仕事内容の理解度を高めること」にもつながります。そのほかにも、「就業意欲が高いこと」をアピールできるので、とてもオススメです。

注意点として、「知ったかぶり」は辞めましょう。採用担当者への印象が悪くなります。

面接対策をしっかり行う

面接対策がしっかりすることはとても大切です。

具体的にはこのようなことを意識しましょう。

・謙虚な姿勢で受け答えをする。
・志望度が高いことをアピールする。
・ポジティブな志望動機を言う。
・前職の悪口を言わない。

とはいえ、場数を踏んで、面接に慣れることが重要です。そのため、キャリアアドバイザーに面接練習をしてもらうのが良いです。

転職エージェントを複数登録する

複数の転職エージェントに登録することをオススメします。

そもそも転職に成功している人の多くが、複数転職エージェントの併用を行っています。

「リクナビNEXT」のアンケートによると、転職成功者は全体と比べて、エージェント登録数が多いことがわかっています。

転職エージェント登録数
転職成功者平均4.2社
全体平均平均2.1社

そのため、自分に合う転職エージェントを見つけて、手厚いサポートを受けることが転職成功につながります。

自分にあったキャリアアドバイザーに出会う

転職エージェントを選ぶ際の基準として、「求人数」や「転職実績数」など様々です。

しかし、一番大切なことは、「自分にあったキャリアアドバイザーに出会うこと」です。

そのために、複数の転職エージェントに登録して、キャリア面談でキャリアアドバイザーを見極めることが重要になってきます。

24歳フリーターが正社員就職で失敗する理由

最後に、24歳フリーター が正社員就職で失敗する理由についてお話しします。

・就業意欲が低い

・履歴書や職務経歴書の質が低い

・面接対策が不足している

・キャリアアドバイザーとの相性が悪い

就業意欲が低い

24歳で正社員就職する場合、「能力・スキル」よりも「就業意欲」を重視されます。

特に、未経験の業界に就職したいのであれば、「業界研究」や「志望動機」を徹底的に詰めて、就業意欲をアピールすることが大切です。

志望動機を話す際には、過去の職歴や環境を踏まえてストーリー性を持たせると良いです。

履歴書や職務経歴書の質が低い

履歴書や職務経歴書の質が低いと、採用されにくいので注意しましょう。

採用されない人の履歴書や職務経歴書の特徴は以下の通りです。

・内容が薄い

・文字が雑だったり読みにくかったりする(手書きの場合)

・誤字脱字が多い

誤字脱字の場合など、しょうがないミスもあると思いますが、多すぎると印象がとても悪くなります。

提出する前には、チェックすることをオススメします。

面接対策が不足している

面接対策が不足していると、面接で落とされる可能性が高くなってしまいます。

志望動機や簡単な質問でも、面接に慣れていないと、うまく話せない場合があります。そのため、面接練習は徹底して行いましょう。

キャリアアドバイザーに頼めば、面接対策をしてくれるので安心ですよ。

キャリアアドバイザーとの相性が悪い

キャリアアドバイザーとの相性が悪いと、就職活動が効率的に行えなくなります。

よくないキャリアアドバイザーの特徴を挙げておきます。

・連絡が遅い

・求人紹介がしつこい

・企業面接を勝手に設定する

これらの特徴があるアドバイザーが担当になった場合は、変更してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください